ホーム > 相続コラム > 遺産分割 > 遺産相続とは|手続きの流れやトラブル例・注意点をわかりやすく解説
公開日:2020.4.1  更新日:2021.7.14

遺産相続とは|手続きの流れやトラブル例・注意点をわかりやすく解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Image1
注目 遺産分割に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
遺産分割が得意な
弁護士から探せる
遺産分割が得意な
弁護士を探す

遺産相続(いさんそうぞく)とは、被相続人(亡くなった人)が残した財産を相続人が引き継ぐことをいいます。

引き継ぐ財産のことを「相続財産」と呼びますが、これは被相続人が有していたすべての財産が含まれます。預貯金や株式、不動産といったプラスの財産のほか、債権などのマイナスの財産も相続財産です。

QR コード自動的に生成された説明

遺産相続は、個人的な感情のぶつかり合いになり交渉が難航することも少なくありません。遺産相続でトラブルを避けるためには事前に準備をする必要があるでしょう。

この記事では、どういったものが相続財産になるのか、誰が相続人になるのか、どういった割合で遺産を分割するべきかなどの遺産相続に必要な知識を解説します。併せて、トラブルになった場合の対処法も記載します。

これから遺産相続をする可能性がある方はこの記事を参考に遺産相続への理解を深めましょう。すでにトラブルを抱えてしまった方は、内容に沿って専門家に依頼するようにしてください。

「親族が亡くなってしまった・・」遺産相続でお悩みの方へ。

弁護士への相談で解決スタート

遺産をめぐる話し合いは、親族ひとり一人の感情が入り乱れ、複雑になるケースも少なくありません。

遺産相続でもめていて、不満や納得のいかない事があるなら遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談がおススメです。

以下のようなお悩みを抱えていらっしゃる方は、弁護士へ相談することで有効なアドバイスがもらえるでしょう。

  • 遺産の取り分に納得がいかない
  • 厄介な相続人とのやり取りを一任したい
  • 親族がもめない遺言書を残したい
  • そもそも相続手続きの流れが分からない

相続弁護士ナビは相続トラブルの解決が得意な弁護士を掲載しています。

初回面談無料休日/20時以降の夜間対応をしている事務所もあります。

相続問題でお悩みなら、まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?
目次

遺産相続の対象になる財産とは

遺産相続の対象になる財産を「相続財産」と呼びます。冒頭でもお伝えした通り、相続財産となるのは被相続人が有していたすべての財産です。

どういったものが相続財産になるかについて正確に把握しておかなければ、遺産相続手続きを円滑に進めることができません。まずは相続財産の対象になるものについて理解しておきましょう。

遺産相続の対象になる財産

相続財産の対象になるものは、プラスの財産とマイナスの財産に分けられます。

プラスの財産

相続財産の種類

内容

現金・有価証券

  • 現金
  • 預貯金
  • 株券
  • 貸付金
  • 売掛金
  • 小切手 など

動産

  • 自動車
  • 家財
  • 船舶
  • 骨董品
  • 宝石
  • 貴金属
  • 美術品 など

不動産その他関連する権利

  • 宅地
  • 農地
  • 建物
  • 店舗
  • 居宅
  • 宅地権
  • 借家権 など

その他

  • 電話加入権
  • ゴルフ加入権
  • 著作権
  • 慰謝料請求権 など

上記のように、被相続人が亡くなった時点で有している財産や権利は、基本的には相続財産の対象です。抜け漏れがあるとスムーズに遺産相続が進められませんので、しっかりと把握しておきましょう。

マイナスの財産

相続財産の種類

内容

負債

  • 借金
  • ローン
  • 買掛金
  • 未払の税金(住民税、所得税など)
  • 未払の家賃
  • 未払いの地代
  • 未払いの医療費 など

上記のように、マイナスの財産も相続財産の対象です。被相続人が抱えていた借金やローンのほか、未払いの税金・未払いの家賃なども相続人が引き継ぎます。もっとも、住宅ローンは「団体信用生命保険」に加入していた場合、本人が死亡した場合には残りの住宅ローンは全額弁済されることになりますので、相続の時に問題になることはないでしょう。

遺産相続の対象にならない財産

被相続人が有している(と思われる)財産であったとしても相続財産とならないものがあります。大きく分けると「一身専属権」「保険金・退職金・年金」「祭祀財産」の3種類です。

一身専属権

一身専属権とは、権利の性質上、特定の者のみに帰属し、または行使することができる権利のことをいいます。

一身専属権は、相続財産には含まれません(民法第896条但し書)。

(相続の一般的効力)

第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

【引用】民法|e-gov

相続財産に含まれない一身専属権には、以下のようなものがあります。

  • 代理権
  • 使用貸借における借主の地位
  • 雇用契約上の地位
  • 組合員の地位
  • 扶養請求権
  • 生活保護受給権
  • 親権  など

生命保険金・遺族年金

生命保険金や遺族年金などは、被相続人の死亡を契機に受け取るものであることから、相続財産に含まれると考えている方もいるかもしれません。しかし、これらは受取人固有の権利と考えられており、相続財産には含まれません。

なお、生命保険金や死亡退職金は「みなし相続財産」と呼ばれ、相続税の課税対象となっています。受け取った場合には相続税を支払わなければならない可能性があるので注意が必要です。

また、遺族年金を受け取るためには申請が必要です。自動で振り込まれることはありませんのでこちらも注意してください。

祭祀財産

祭祀財産とは、祭祀を営むための系譜(家系図)、祭具(仏壇・位牌など)、墳墓(墓地・墓石)などのことです。これらは被相続人から受け継ぐことになりますが、祭祀を主催すべき者が承継するとされており、相続財産には含まれません(民法第897条)。

(祭祀に関する権利の承継)

第八百九十七条 系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

2 前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

【引用】民法|e-gov

被相続人の遺産がわからない場合の対処法

被相続人と疎遠でどういった財産を所有しているか把握していないケースや、相続人の一人が有利に遺産相続を進めるために相続財産を開示しないケースなど、被相続人の遺産がわからない場合もあるでしょう。

相続財産は自分で調べることも可能ですが、遺産がわからない場合は専門家に依頼するのがベターです。

相続財産調査について依頼できるのは弁護士、司法書士、行政書士です。

それぞれ、相続財産調査以外にも依頼できることがありますが、対応内容が異なります。自分が抱えているトラブルに応じて誰に依頼するか検討する必要があります。

依頼できる内容

弁護士

司法書士

行政書士

相続財産調査

戸籍収集

不動産の名義変更

×

相続放棄

遺産分割協議書作成

遺産分割トラブル対応

×

×

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

遺産相続の相続順位と受け取れる遺産の割合

遺産相続において、誰が相続できるのか、どういった割合で分割するのかについては民法に規定があります。

遺産を受け取る権利がある人のことを「法定相続人」、受け取れる遺産の割合を「法定相続分」と呼びます。

法定相続人は、被相続人の配偶者及び一定の親族となっています。

また、遺産分割では法定相続分通りに分割するのが一般的ですが、相続人全員が納得している場合には、必ずしも法定相続分に拘束される必要はありません。

法定相続人や法定相続分についてもしっかりと把握しておかなければ、スムーズに遺産相続を進めることはできません。ここで理解を深めておきましょう。

参考
民法900

法定相続人の相続順位と割合

遺産を受け取れる法定相続人の順位は、被相続人との関係によって次の通り決まっています。

アプリケーション が含まれている画像自動的に生成された説明

グラフで表すと、相続順位は次の通りになります。

相続順位

対象者

常に相続人

配偶者

第1順位

第2順位

直系尊属(親・祖父母)

第3順位

兄弟姉妹

相続人となるのは、配偶者と最も順位が高い法定相続人です。仮に配偶者と子供がいれば、配偶者と子供が相続します。被相続人の親や兄弟は相続できません。一方、子供がいなければ親が、子供も親もいなければ兄弟姉妹が相続人になります。

また、法定相続人が得られる法定相続分も民法によって次の通り決まっています。

(法定相続分)

第九百条 同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

一 子及び配偶者が相続人であるときは、子の相続分及び配偶者の相続分は、各二分の一とする。

二 配偶者及び直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、三分の二とし、直系尊属の相続分は、三分の一とする。

三 配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、四分の三とし、兄弟姉妹の相続分は、四分の一とする。

四 子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一とする。

【引用】民法|e-gov

わかりやすくまとめると、法定相続分は次の表の通りです。

組み合わせ

配偶者

子供・孫

直系尊属

兄弟姉妹・甥姪

配偶者のみ

100%

配偶者+子

1/2

1/2

子のみ

100%

配偶者+直系尊属

2/3

1/3

直系尊属のみ

100%

配偶者+兄弟姉妹

3/4

1/4

兄弟姉妹のみ

100%

被相続人の介護などをしていた場合

被相続人の介護を一人の相続人が担っていたような場合など、法定相続分に従っていたのでは不公平に感じるようなケースもあるでしょう。

そのような場合には、当該相続人が「寄与分」を主張して、相続分を修正することも可能です。

寄与分(民法第904条の2)とは、相続人の中で、被相続人の療養看護や被相続人の事業の手伝い、事業への資金提供などで被相続人の財産の維持や増加に貢献した人が、他の相続人より多くの相続分を受け取れるというものです。

(寄与分)

第九百四条の二 共同相続人中に、被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、被相続人の療養看護その他の方法により被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなし、第九百条から第九百二条までの規定により算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする。

2~4  略

【引用】民法|e-gov 

なお、相続人以外の者が、無償で被相続人の療養看護等を行っていたような場合には、その者は「特別の寄与」を主張し、相続人に対し寄与に応じた額の金銭の支払を請求することも可能です。

第千五十条 被相続人に対して無償で療養看護その他の労務の提供をしたことにより被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした被相続人の親族(相続人、相続の放棄をした者及び第八百九十一条の規定に該当し又は廃除によってその相続権を失った者を除く。以下この条において「特別寄与者」という。)は、相続の開始後、相続人に対し、特別寄与者の寄与に応じた額の金銭(以下この条において「特別寄与料」という。)の支払を請求することができる。

2~5  略

【引用】民法|e-gov

胎児が法定相続人になるときの相続割合

民法第866条第1項には、「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」と規定されています。

したがって、胎児であっても法定相続人になりますし、法定相続分に従って遺産を受け取れます。

もっとも、胎児が死産してしまった場合には、胎児に相続権はありません。胎児がいなかったものとして遺産分割が行われます。

(相続に関する胎児の権利能力)

第八百八十六条 胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。

2 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

【引用】民法|e-gov

養子や前妻・前夫との子の相続順位と遺産割合

養子や前の配偶者との子の相続権はあるのか、気になる方もいらっしゃるでしょう。養子・前妻/前夫の子が法定相続人になるのか、遺産割合はどれくらいかについて確認しましょう。

養子の相続順位と遺産割合

養子の相続順位と遺産割合は、実子と違いがありません。養子も第一順位の法定相続人ですし、法定相続分に則って遺産を受け取れます。仮に遺産が2,000万あり、相続人が配偶者、実子、養子だった場合には、配偶者の遺産は1,000万円、実子、養子の遺産はそれぞれ500万円ずつです。

前妻や前夫との子の相続順位と割合

前妻や前夫の子にも相続権はあり、相続順位は第一順位で、法定相続分も同じです。仮に遺産が2,000万円で、相続人が、配偶者と、配偶者との子供1人、前妻との子供1人の場合、配偶者は1000万円、同親の子と前妻との子はそれぞれ500万円を遺産として受け取れます。

なお、前妻や前夫は相続人ではありません。

法定相続人が死亡している場合の相続順位と割合

たとえば、被相続人に子供と孫がおり、子供が死亡した後に、被相続人が死亡したとします。この場合、本来子供が受け取れるはずだった遺産を、その孫が受け取ることができます。これを、代襲相続と呼びます。

代襲相続とは、被相続人より先に、法定相続人である子や兄弟姉妹が死亡等(廃除や欠格事由に該当する場合も含む)により相続人になれなかった場合に、その者の直系卑属(直系の下の世代。但し兄弟姉妹の場合は子に限る。)が、その者に代わって相続することをいいます。

なお、相続放棄した場合には代襲相続は認められていません。 

法定相続人の中に遺産相続させたくない人がいる場合の対処法

法定相続人の中に、遺産を相続させたくない人がいるケースもあるでしょう。そういった場合の対処法について見ておきましょう。

遺産相続させたくない場合は「廃除」制度を利用する

虐待をされた等の理由で、相続人となるべき人に遺産を相続させたくないという場合は、相続人の廃除を行うことが考えられます。相続人の廃除は当該相続人の相続権を消失させる制度で、家庭裁判所の審判で認められることが必要です。

(推定相続人の廃除)

第八百九十二条 遺留分を有する推定相続人(相続が開始した場合に相続人となるべき者をいう。以下同じ。)が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求することができる。

【引用】民法|e-gov

但し、条文に記載のとおり、廃除が認められるためには、虐待があった等の要件を満たしている必要があります。相続させたくない人がこのような要件を満たしていない場合には、次で紹介する「遺言書の指定」を検討する必要があります。

遺言書で指定する場合は遺留分に注意する

生前に遺言書を作成し、遺言書によって相続させたくない相続人の相続分をゼロとすることで、相続させないという方法もあります。

ただし、被相続人の兄弟姉妹を除く相続人には「遺留分」といって、民法1042条で認められた最低限度の相続分があります。遺言書で指定したとしても、遺留分を侵害することはできません。仮に侵害していた場合は、「遺留分侵害額請求」といって、遺留分侵害額に相当する金銭支払いを他の相続人が求められることになります。

遺言書で指定する場合には、その相続人の遺留分を侵害しないように注意する必要があります。

遺産相続の流れ|相続開始から終了までのスケジュール

ここでは、遺産相続の流れを確認しておきましょう。全体の流れは次の図の通りに進みます。

ダイアグラム自動的に生成された説明

まずは遺言書の有無を確認する

まず遺言書があるかどうかを確認する必要があります。遺言書の有無で遺産の分割方法が異なることがあるからです。

なお、遺言書には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類があります。

自筆証書遺言と秘密証書遺言は、被相続人が保管、管理していますので、相続人が探すしかありません。自宅に保管しているほか、相続人の1人や友人、専門家が預かっている、銀行や信託銀行に預けてあるといったケースもあるかもしれません。

公正証書遺言は公正役場に保管されていますので、問い合わせてみましょう。全国どこの公証役場に問い合わせても構いませんが、問い合わせが可能なのは相続人かその代理人に限られます。

なお、自筆証書遺言と秘密証書遺言については、遺言書が偽造されていないか、形式的に不備がないかを確認するために家庭裁判所で検認を受けなければなりません。注意しておきましょう。

遺言書が「ある」ときは遺言通りに遺産を分ける

遺言書があった場合には遺言書通りに遺産を分けることが原則です。ただし、相続人全員の同意があった場合には、後述する遺産分割協議による分割も可能です。

遺言書は無効になる場合もある

遺言書が存在したとしても、無効になるケースがあります。

【遺言書が無効になるケース】

  • 全てパソコンで記載している
  • 押印や日付の記載がない
  • 遺言者以外が書いている
  • 署名がない
  • 相続する財産の内容が不明確 など

遺言書が無効になった場合も、遺産分割協議によって分割します。

遺言書が「ない」ときは法定相続人同士で遺産協議をする

遺言書がない場合は、遺産分割協議(相続人同士の話し合い)で財産の分配について決めます。遺産分割協議は、遺産相続が始まればいつでも行えますが、相続人全員で協議する必要があるので注意しましょう。

遺産分割協議で話し合いがまとまったら、その内容を遺産分割協議書にまとめることが通常です。遺産分割協議書には相続人全員が署名・押印します。一度遺産協議分割が終わると、一方的に変更することはできないので注意が必要です。

なお、遺産分割協議では、相続人全員の合意があれば、法定相続分にとらわれずに遺産分割を行っても構いません。

法定相続人の中に行方不明者がいる場合

法定相続人の中に行方不明者がいる場合には、遺産分割協議を行えません。遺産分割協議は法定相続人全員で行う必要があるからです。

まずは、行方不明者の戸籍をたどるなどして、現住所を把握しましょう。住所が分かった場合には手紙を送るなどして、相続が開始したことを伝えます。

仮に相続人の生存が不明な場合には、「不在者財産管理人選任の申立」を裁判所に行うか、失踪宣告の手続を行うなどの方法が考えられます。それぞれの内容は次のとおりです。

手続き 内容
不在者財産管理人選任の申立て 不在者財産管理人を裁判所に選任もらう手続き。不在者管理人は不在者が現れるまで不在者の財産管理を行う。
ただし、不在者財産管理人を遺産分割協議に参加させる場合は、別途家庭裁判所の許可を得ることが必要。
失踪宣告 不在者を法律に則って死亡したものとする制度。死亡者はいないものとして遺産相続を行う。

協議がまとまらないときは遺産分割調停をする

協議がまとまらないときは遺産分割調停を行います。遺産分割調停とは、調停委員や裁判官が各相続人の主張を聞きながら、解決を図る手続です。

遺産分割調停で話し合いがまとまると調停が成立し手続は終了しますが、納得しない相続人が1人でもいた場合には、審判手続へと移行します。

調停が不成立なら審判を行う

遺産分割調停でも話し合いがまとまらないと審判手続(最終的に裁判官が判断を下すこと)に移行します。審判では、争点について、証拠に基づいて判断が下されることになります。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

相続したくない遺産があるときにできる2つの方法

通常、遺産相続では「単純承認」と言って被相続人のプラスの財産とマイナスの財産のすべての財産を相続します。

しかし、相続したくない遺産(負債など)がある場合、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続する「限定承認」や、相続をしない「相続放棄」という手段があります。

限定承認

限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続する方法です。自宅や被相続人の形見など必ず相続したい財産があるけれど、負債が大きい場合に有効な手段です。

なお、限定承認をする場合は、相続人全員で、家庭裁判所に限定承認の申述を行わなければなりません。加えて、申述が受理された場合には、限定承認をしたこと等を公告(官報掲載)する必要があります。

詳しい内容や流れについては、以下の関連記事を参考にしてください。

相続放棄

借金などマイナスの財産が多く、遺産相続をすると負債を抱えるという場合には、相続放棄を検討しましょう。相続放棄とは被相続人の遺産の一切を放棄することです。相続放棄をすると、放棄をした相続人は、プラスの財産もマイナスの財産も相続しないこととなります。

ただし、相続放棄をすると、次の順位の相続人に相続権が移行します。相続人の誰もが相続をしたくないという場合には、法定相続人全員が相続放棄をしなければなりませんので注意が必要です。

相続放棄する場合には、家庭裁判所に相続放棄の申述を行います。具体的な方法や詳しい内容は次の関連記事を参考にしてください。

手続きには期限があるので注意!!

相続に関する手続きの中には期限があるものがあります。期限を過ぎてしまうと手続きを行えずに不利益を被る場合もあるため、十分な注意が必要です。

相続開始を知った日から3ヶ月以内に行う手続き

「相続放棄」や「限定承認」は、相続開始を知った日から3ヶ月以内に行わなければなりません。

なお、遺産の調査に時間がかかる場合など、どうしても3ヶ月以内に行えないというときには、家庭裁判所に「熟慮期間の延長」を申し立てましょう。申立をすることで一定期間、期限を延ばしてもらえる可能性があります。

相続開始を知った日から4ヶ月以内に行う手続き

準確定申告は相続開始を知った日から4ヶ月以内に行わなければなりません。準確定申告とは、被相続人の生前における所得についての確定申告のことです。次のようなケースでは準確定申告が必要になるケースがあるので注意してください。

【準確定申告をする必要があるケース】

  • 被相続人が事業を行っていた場合
  • 被相続人が本業以外で収入を得ており、申告義務があった場合
  • 被相続人の給与が2000万円以上であった場合 など

相続開始を知った日から10ヶ月以内に行う手続き

相続税の申告・納税は相続開始を知った日から10カ月以内に行う必要があります。申告・納税をしない場合には、無申告課税や延滞税を支払わなければなりません。

相続税の申告は税務署に行いますが、個人ではむずかしいケースもあるでしょう。必要に応じて税理士などの専門家に依頼するようにしてください。

相続税に関する知っておくべき知識

相続をすると、遺産の金額によっては「相続税」を支払わなければなりません。相続税を支払わなかった場合、無申告加算税や延滞といったペナルティーを受ける可能性があります。

相続税の計算方法は個人では難しいケースが通常です。遺産総額を計算のみならず、基礎控除、配偶者控除、未成年者控除、障碍者控除、相次相続控除などを考慮しなければなりません。遺産を受け取った場合には、相続問題に注力しており、相続税にも詳しい弁護士に相談してみましょう。相続トラブルがない場合には、税理士に相談するのも有効な方法です。

ここでは、相続税に関して知っておくべきことを解説します。

相続税の対象になるのは経済的価値のある財産

相続税の対象になるのは、被相続人から相続したすべての財産です。現金、預貯金、株、不動産などのほか、著作権、特許権など金銭に見積もることが可能な経済的価値のあるすべてのものが課税対象です。

その他、被相続人の死亡によって得た財産も相続税の対象になります。これを「みなし相続財産」と呼びます。具体的には、死亡退職金、生命保険金などが該当します。

相続税を減らすためには生前の対策が必要

相続税は高額になるケースもあります。現金が少なく不動産などの流動性が低い財産が多い場合には、特に納税が困難になってしまうケースもあるでしょう。相続税を減らすためには生前の対策が大切です。

具体的な方法としては次のようなものが挙げられます。

  • 生前贈与しておく
  • 生命保険の非課税枠を利用する
  • 祭祀財産を購入する
  • アパート・マンションを購入する

生前贈与や祭祀財産の購入などは、被相続人の財産を減らすことで相続税対策をする方法です。相続財産が減ればその分、相続税が減ります。特に生前贈与はよく用いられる方法で、1年間の贈与額が110万円であれば贈与税がかからず、相続税を大きく減らせるメリットがります。

生命保険の非課税枠の利用は、被相続人の財産で生命保険に加入し、受取人を相続人にしておく方法です。生命保険には相続税の非課税枠があるので、これも相続税対策になります。

アパート・マンションの購入は、相続財産の評価を目減りさせることで相続税対策になり得ます。現金で相続するよりもアパート・マンションの方が基本的には評価額が低くなり、そのぶん相続税を減らすことが可能になるのです。

相続税の支払いが難しいときは延納・物納をする

相続した遺産のほとんどが不動産で、相続税を一括で払うのが難しい場合には延納(相続税を分割で支払う制度)を検討してください。

それでも支払いが難しい場合は、金銭の代わりに不動産等を納める「物納」という方法もあります。詳しくは税理士などの専門家にご相談ください。   

相続に関する悩みがあるなら弁護士に相談する

相続はトラブルに発展してしまうケースが少なくありません。実際、1997年には1万298件だった相続の調停・審判件数が、2018年には1万3,040件と約1.3倍に増加しています。

相続問題を抱えている場合には弁護士に相談することをオススメします。弁護士が間に入って協議するだけで問題が解決することもありますし、調停・審判となった場合にはあなたに有利な条件での遺産分割ができる可能性も高まります。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリットには、遺産分割協議での解決が期待できることと、他士業に比べて業務範囲が広いという2点が挙げられます。

遺産分割協議での解決が期待できる

相続問題は、弁護士への相談・依頼により解決が期待できます。

具体的な相続問題としては次のようなものが挙げられます。

  • 相続人どうして遺産分割に納得がいっていない
  • 生前の使い込みが発覚した
  • 遺言書の内容に納得していない
  • 遺留分を侵害されている
  • 自分の寄与分が反映されない
  • 想定外の相続人が現れた

遺言書の内容や遺産分割協議に納得がいかない場合、相続人間で言い争いをすることになり、精神的な負担が大きくなります。また、生前の使い込みや遺留分の侵害、寄与分が反映されないなどがあると、不平等な遺産分割になってしまいかねません。

弁護士であれば法的な知識に基づき納得のいくアドバイスも可能ですし、あなたの代理になって交渉をすることも可能です。弁護士は依頼者の利益が最大になるよう業務を行いますので、相続トラブルで悩んでいる場合にはまずは弁護士に相談すると良いでしょう。

司法書士・行政書士と比べて業務範囲が広い

弁護士は他の専門家と違って業務範囲が広いのが特徴です。特に相手方との交渉・遺産分割調停の代理等は弁護士しか行えません。相続のトラブルを抱えている場合には、弁護士への相談がベストな選択です。

業務内容

弁護士

司法書士

行政書士

法律相談

(認定司法書士のみ)

×

遺産分割協議書の作成

(内容の書面化のみ)

(内容の書面化のみ)

相手方との交渉の代理

×

×

遺産分割調停の代理

×

×

遺留分侵害額請求の代理

×

×

相続問題が得意な弁護士を選ぶポイント

弁護士は法律の専門家であるものの、あらゆる分野に精通しているわけではありません。相続問題を依頼する場合には、相続トラブルに注力している弁護士に相談するべきです。相続分野に注力していない弁護士に依頼すると、迅速な解決が見込めない場合もありますし、実務経験が足りず納得できる結果が得られない可能性も高くなります。

弁護士に依頼する際は、次のような点を参考に検討すると良いでしょう。

  • 相続問題の解決実績が豊富
  • 相続税のことまで考慮してくれる
  • 依頼者に不利な情報も教えてくれる

弁護士の探し方

相続トラブルに特化した弁護士を探すには、ネットで調べる、知人に紹介してもらうといった方法があります。ご自身に合う方法を選びましょう。

なお、相続弁護士ナビでは、相続問題に特化した弁護士を都道府県別に検索できます。遺産分割、遺留分侵害、遺言書作成など、悩み別に弁護士を探すことも可能です。相談料無料の弁護士も多数掲載していますので、ぜひ利用してみてください。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

まとめ

遺産相続について知っておくべきことをまとめました。事前に相続について理解しておくことでトラブルを未然に防ぐようにしましょう。

遺産相続は、遺言書の存在を確認したり、財産を調査したりするところから始まります。特に財産の調査は個人では難しいケースもありますので、困難だと感じたら、まずは弁護士などの専門家に相談してみましょう。

また、相続はトラブルに発展する可能性もあります。自力での解決が難しかったり、悩んだりした場合には無理せず弁護士に相談してみましょう。弁護士であればあなたの状況にあった的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

(関連記事:相続問題の無料相談は『相続弁護士ナビ』ならスグに解決できます)

相続トラブルを解決し遺産を多く受け取る方法とは?

相続トラブルで一番多い金額は5,500万円以下です。

 

これは相続トラブル全体の約75%にあたり、さらに1,000万円以下だけに絞って見ても、全体の32%を占めています。

 

相続トラブルはお金持ちや、ましてテレビの出来事では決してないのです。

 

<参考資料:平成25年度司法統計>

 

さらに、下の表を見ると遺産分割調停、すなわち遺産分割トラブルが右肩上がりで増えてきていることがわかります。

 

遺産分割に関する調停事件の推移

<参考資料:平成25年度司法統計>

 

 

相続における自己解決と弁護士介入の違いとは?

相続するのはあなただけではありません。相続人の平均人数は3名程度です。

 

相続人の数

<参考資料:国税庁 統計年報>

 

相続人が多いほど、相続トラブルが発生しやすく複雑になるのは避けようのない事実です。

 

トラブル回避のために重要なのは、早めに専門知識のある第三者を介入させることです。一般的に専門知識を持つ代表格といえば相続問題を得意とする弁護士です。

 

弁護士を介入させると費用が高くつくイメージがありますが、結果的にはトラブルを解消できるだけではなく、相続面でも優位に働き、金銭的にもメリットを得られることが多くなります。

 

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

 

相続に強い弁護士の選び方と相続相談の具体例

相続に際し、雇うのは弁護士なら誰でもいいというわけではありません。
最大のメリットが得られる弁護士の選び方は、以下を参考にしてください。

 

 

  • 1、相続が得意な弁護士を選ぶ

    相続トラブルの解決実績が豊富だったり、相続問題に注力していたりする弁護士を選びましょう。

  • 例えば、医者に「内科」「外科」「皮膚科」「耳鼻科」…と専門分野があるように、弁護士にも「相続」「離婚」「借金」「企業法務」…といった得意分野があります。

  • 相続があまり得意でない弁護士に依頼しても十分なメリットを受けられない可能性があるため、相続を得意とする弁護士に依頼することが大切です。

  • 2、初回相談料の安い弁護士を選ぶ

    初回相談は自分と相性の良い弁護士を選ぶチャンスですので、1件だけではなく複数と話をしてみましょう。

  • 件数を重ねるために初回の相談料を必ず確認しましょう。(相談無料〜3000円程度をオススメします)

  • 3、近隣の弁護士を選ぶ

    相続の弁護士は全国対応していることも多いのですが、やはり対面での関係性構築や急な事態に対応できる近隣の弁護士事務所が最善策といえるでしょう。

 

 

相続で弁護士が介入するデメリットは、あまりありません。

 

あえて挙げるなら、依頼に費用がかかる点でしょうか。

 

しかし、以下の費用対効果の例をご覧いただけば、実際には費用がデメリットとはならないことが、おわかりいただけると思います。

 

不公平な遺言書に対し弁護士を通じて遺留分を主張した例

3,000万円の遺産を遺して親が世を去った。全財産をほかの相続人に相続させる旨の遺言書があり、このままでは自分は一切遺産を受け取ることができない。

弁護士に依頼した結果

遺留分侵害額請求により、自分の遺留分割合である8分の1の遺産を受け取ることができた。

費用対効果

自分が受け取ることができた遺産は375万円。弁護士費用は84万円。そのまま泣き寝入りしていれば1円も受け取ることができなかったが、結果的に弁護士費用を差し引いても291万円を手にすることができた。

また、相続トラブルに関しては、初期費用(着手金)はかかるものの、費用の大部分は成果報酬方式です。


つまり依頼料はデメリットにならないのです。

 

>>費用対効果の高い弁護士とは?

 

簡単かつ早急に信頼できる弁護士を選ぶ方法

相続弁護士ナビは、相続問題の解決実績豊富な事務所を数多く掲載しています。


あなたのお住まいに近い事務所を選ぶことができ、ネット上の口コミに頼らず、相談に行きやすい優良な事務所を簡単に見つけられます。

 

使い方も簡単なので、近隣の事務所を確認だけでもしてみることをおすすめします。

 

相続内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal Category_iryubun_normal
Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal
Category_fudosan_normal Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Category_shintaku_normal

 

どれを選んでいいかわからない場合は、相続トラブルを選んでくされば対応できます。

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
京都
Office info 202104151851 31171 w220 弁護士法人トライデント

●高額な遺産分割でお悩みの方●《預金・株・不動産》など分割方法が複雑になる遺産分割もお任せください。所属弁護士5名全員、公認会計士の資格を所持/法律と会計の両面から適切な遺産獲得に自信がございます

事務所詳細を見る
Office info 202108061604 46041 w220 金野志保はばたき法律事務所

【初回面談0円】不動産の関わるトラブル対応や手続きを得意としております。「不動産を適切に相続・処分したい」「地価の下がった不動産を売却したい」「トラブルを防げる遺言書を作りたい」等のご相談は当事務所へ

事務所詳細を見る
Office info 3591 w220 紺野秋田法律事務所

経歴30年以上、解決実績多数のベテラン弁護士があなたをサポート!親族間でもめている案件や遺留分請求など、他の事務所では対応が難しいと言われた案件もお気軽に相談ください。解決へと導く自信があります。

事務所詳細を見る
Office info 202107151047 27421 w220 弁護士 福原 玲央(虎ノ門法律経済事務所 新宿支店)

実績多数|解決事例はページ内で【認知症対策・家族信託】など生前対策にも注力!創立48年の実績とノウハウで幅広い相続問題に対応。関係にも配慮し穏便な解決を目指します●他士業連携で一括サポート可

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

遺産分割に関する新着コラム

遺産分割に関する人気コラム

遺産分割の関連コラム

遺産相続のお悩みは弁護士への相談で解決「相談内容」と「都道府県」の選択で相続問題が得意な弁護士が見つかる

​遺産相続について期限が迫っていたり不満や納得のいかない事があるなら遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談がオススメです。

当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。

・遺産相続の進め方が分からない
・何が相続財産に含まれるのか判断できない
・誰がどの程度相続できるのか教えてほしい

こういった悩みは相続に詳しい弁護士への相談がオススメです。

電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずは​下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
遺産分割

遺産分割をもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal
Sidebar writer recruit