ホーム > 相続コラム > 弁護士に法律相談 > 遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士の選び方を徹底解説
公開日:2019.9.5  更新日:2022.9.2

遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士の選び方を徹底解説

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Logo
注目 相続に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
相続が得意な
弁護士から探せる
相続問題が得意な
弁護士を探す

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

遺産相続で直面したトラブルを解決へ導くには、弁護士へ依頼すべきです。けれど、弁護士事務所は多数あって、どこを選ぶべきか迷ってしまいますね。

あなたに有利で、納得のできる遺産分割を実現するには、次のようなポイントを考慮して弁護士を選ぶとよいでしょう。

弁護士選びのポイント
  • 遺産相続トラブルの解決実績が豊富にある弁護士であること
  • 相続税のことまで考慮してくれること
  • 依頼時の費用を明確に説明してくれること
  • 質問に対する返信や手続きの対応が早いこと など

上記のポイントを簡単に言い換えると「相続トラブル解決の経験がたくさんあり、ノウハウが蓄積されていて、さらにあなたに寄り添ってくれる」弁護士となるのですが、そのような弁護士は簡単には見つかりません。

そこで、相続問題を相談できる弁護士を探している場合は、相続問題に注力している弁護士のみを掲載している当サイト相続弁護士ナビ』から探していただくことをおすすめします。

また、依頼すると費用が発生します。発生する費用はケースバイケースですが、最後におおよその費用相場も記載しているので依頼前の参考にしてください。

「相続弁護士ナビ」なら遺産相続トラブルを得意とする弁護士が探せます

  • 弁護士が多すぎてどの事務所を選べばいいかわからない
  • 本当に頼りになる弁護士を探したい
  • 相続問題の解決実績が豊富な弁護士に依頼したい

遺産相続問題の解決のために弁護士への依頼を検討している人のなかには、上記のような悩みを抱えている人も少なくないはずです。相続を得意とする弁護士に依頼したいものの、弁護士事務所はたくさんあって、どこを選ぶべきか迷ってしまいますね。

弁護士が対応する法律問題は多岐に渡ります。相続問題の経験が少ない弁護士に依頼すると、あなたが納得する解決が見込めないかもしれません

もし、相続トラブルを依頼する弁護士を探しているなら「相続弁護士ナビ」を利用してください。

相続弁護士ナビは、相続トラブルの解決を得意としている弁護士のみを掲載しているサイトです。電話メール面談などで無料相談可(面談は初回のみ無料の法律事務所が多い)の事務所もたくさん掲載しています。

相続トラブルで悩んでいてスグに解決したいなら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

遺産相続の問題を得意とする弁護士の選び方10の掟

では早速、相続が得意な弁護士の選び方と、選ぶ時の注意点をご紹介していきます。

遺産相続に関する著作・実績のある弁護士

もし、相続専門の弁護士であれば相続に関する専門書や、相続専門雑誌に記事を書いているケースが多くなります。相続の専門書を書いているか否かは、相続問題が得意な弁護士かそうでないかを見分ける一つの指標になります。

同様に、雑誌や本でよく名前が挙がる弁護士もいますので、こういった媒体で弁護士のキャリアなどをしっかり確認することが大切です。

相続税のことまで考慮して遺産分割を行ってくれる弁護士

相続財産において法定相続人への遺産分割を行ったら、次に待っているのは相続税の申告です。弁護士は基本的に「遺産分割における争いを解決する」のが仕事ですが、分割後の税金についても考慮にいれた遺産分割の代行や、節税の助言が出来るのが、相続問題が得意な弁護士と言えます。

相続問題の解決実績が年に20件以上あるとなお良い

あくまで最低限の指標にはなりますが、年間で20件以上の案件を回せる弁護士が理想です。ただ、事務所単位ではなく個人単位で見ておく事も大事です。

例えば30人の弁護士所属する弁護士事務所で年間20件では、密度が薄く、暇を持て余している弁護士がいる事になってしまいます。逆に、年間実績100件以上を謳う事務所で所属が3人なら、一人当たりの担当密度が濃い事になり、それなりの実力があると判断できますね。

弁護士個人の経験年数に着目!

仮に1人で年間100件以上の相続相談を受けていても、弁護士経験が数年ではたよりないと言って良いでしょう。自分では大した案件ではないと思っているなら良いのですが、できれば弁護士経験が10年以上あるベテラン弁護士を選ぶ方が、相続が得意な弁護士を選ぶ上では安心できます。

依頼時の費用を明確に説明してくれるか

どんなサービスであっても、利用しようと思えば基本的には費用が発生します。これは弁護士も同じです。ただ、弁護士という日常生活において全く利用して来なかったサービスを利用するわけですから、できるだけ費用面が明確になっていると安心できますね。

相続問題の弁護士費用に関しては「相続問題の弁護士費用の相場とできるだけ安く抑える方法」で解説していますので、こちらを参考に、おおよその費用を算出しながら、正確な費用を提示してくれる弁護士を選ぶのが良いでしょう。

依頼者に不利な情報も教えてくれるか

「これなら絶対勝てる」「100%任せてください」などの安易なアドバイスをする弁護士は少々危険です。裁判で100%勝てると言えるものはありません。

自信があるのは良い事ですが、「こういったリスクもある」と教えてくれる弁護士のほうが気持ち的には安心できるのではないでしょうか。

対応や返信が早いかどうか

多くの弁護士は、常に複数の事件をかかえていますので、即レスは望めないかもしれませんが、対応が遅すぎる弁護士はやめておいた方が良いかとは思います。もし急いでいるのであれば、事務所に電話してみて、対応の良し悪しを判断するのも、有効ではないでしょうか。

契約書をきちんと作るか

弁護士の中には契約書を作らない弁護士もいますが、書面で内容を確認できなければ、後日のいらない揉め事に発展する可能性が生じますので、こう言った弁護士を選ぶのは論外です。

契約後に担当弁護士と会えるか

契約書がないのも問題ですが、信頼できると思って契約した弁護士に、その後担当する弁護士が新人弁護士になっていたのでは話になりません。 必ず担当する弁護士と面談をして決めることをおすすめします。

ホームページをもっていないと費用が割高の危険がある

今は弁護士もネットやホームページで集客をするのが一般的な時代ですから、インターネット社会においてホームページすら持っていないというのは少々不安を覚えるかもしれません。また、ホームページを持っていない弁護士事務所の場合は弁護費用が相場以上になる可能性も否定できません。

詳しくは後述の「遺産相続や遺留分の相談をした際の弁護士費用」をご覧ください。

遺産相続トラブル解決を依頼する弁護士を探すには

弁護士には注力する分野があります。遺産相続トラブルを依頼するなら、相続分野に注力している弁護士に依頼しましょう

というのも、相続トラブルは、相手方との交渉能力や調停における対処能力、裁判所の判断傾向などの実務感覚が如実に結果に反映される分野だからです。

もし、相続に注力していない弁護士に依頼すると、実務経験が足らず、「あなたに有利な遺産分割を実現できなかった…」なんてことになりかねません。

相続弁護士ナビは、遺産相続トラブルに注力する弁護士を掲載しています。相談料無料土日対応可の事務所も多数掲載していますので、ぜひ次の一覧から依頼する弁護士を探してください。

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

弁護士に頼まなくても良いケース

相続問題の内容によって変わるためケースバイケースかもしれませんが、専門家を選ぶ際にパターンがありますので、以下を参照にして、自分が本当に弁護士に依頼するのが良いのかの判断基準にしてください。

争族はないが相続財産に不動産がある場合:司法書士へ依頼

不動産の相続には相続登記が必要になりますので、弁護士や行政書士に依頼したとしても、最終的には司法書士への相談が必要となります。はじめから司法書士に依頼した方が費用も安く抑えられますし、司法書士の先生が手続きまでやってくれますので、手間もかかりません。

戸籍収集と遺産分割協議書の作成を依頼する場合:行政書士へ依頼

専門家の費用面で言えば、最も安いのが行政書士と言われています。行政書士は戸籍収集や遺産分割協議書の作成を主に行う業種ですので、相続人の間に争いがなく、遺産分割協議書を作るだけという場合は相続手続きが安く済むでしょう。

相続に紛争がある又はなりそうな場合:弁護士へ依頼

一方で、すでに遺産相続でトラブルになっている、もしくはなりそうな場合には、ただちに弁護士への相談をおすすめします。相続は経済的な利益を追求する側面があり、親族間であっても激しい対立につながることが少なくないからです。

一度トラブルを抱えてしまうと、互いが感情的になり、冷静に話し合いができず、いつまでたっても解決できないことになりかねません。

弁護士に依頼すれば、法律を根拠として正しく主張・立証してもらえるので、あなたに有利な遺産分割が実現できる可能性が高まります。

以下からお住いの都道府県をクリックすれば、対応可能な事務所が一覧で表示されます。相続弁護士ナビでは、相談料無料土日対応の事務所も多数掲載しているので、まずは相談から始めてみましょう。

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

遺産相続や遺留分の相談をした際の弁護士費用

最後に、弁護士費用がいくらあるのかの相場と、費用を安く抑えるための方法をご紹介します。

相続弁護士の費用の相場

弁護士の費用は、これまで旧弁護士規定で一律に決まっていましたが、現在は廃止され、個別の事務所が自由に決定して良いことになっています

ただし、今も「旧弁護士規定」を参考に費用を決めている事務所が多く、この旧弁護士規定が一応の相場にはなりえます。

旧弁護士規定による費用相場は次の通りです。

表:旧弁護士規程の弁護士費用相場

弁護士費用の相場

相談料

初回法律相談料

30 分ごとに 5,000 ~1 万円の範囲内の一定額

一般法律相談料

30 分ごとに 5,000 ~2 万 5,000 円以下

着手金

経済的利益の額が300万円以下の部分

8%

経済的利益の額が300万円を超え3,000万円以下の部分

5%+9万円

経済的利益の額が,000万円を超え3億円以下の部分

3%+69万円

3億円超えの部分

2%+369万円

報酬金

経済的利益の額が300万円以下の部分

16%

経済的利益の額が300万円を超え3,000万円以下の部分

10%+18万円

経済的利益の額が,000万円を超え3億円以下の部分

6%+138万円

3億円超えの部分

4%+738万円

参考:旧弁護士報酬基準

弁護士報酬を決める経済的利益とは?

依頼者が得た報酬のことで、弁護士が受け取る報酬は『遺産分割請求事件は、対象となる相続分の時価相当額。 ただし、分割の対象となる財産の範囲及び相続分について争いのない部分については、 その相続分の時価相当額の3分の1の額』が弁護士の報酬なります。

例えば上記の表を参考に、「5,000万円の経済的利益」を依頼者が得た場合、

  • 着手金:219万円
  • 報酬金:438万円
  • 合計:657万円

になりますが、相続分の時価相当額の3分の1の額として弁護士費用を支払うので、
5,000万円÷3=1666万円を経済的利益として計算し直すと・・・

  • 着手金:92.3万円
  • 報酬金:184.6万円
  • 合計:276.9万円

が、弁護士費用になります。

弁護士費用の内訳

おおよそですが、弁護士費用の内訳は下記のようなものになっています。

その①|着手金

相続事件に着手する段階で発生する費用。結果にかかわらず、返金されないものになります。

その②|報酬金

相続事件の解決後に発生する費用。「回収金額の何%」というような形で発生し、全面敗訴した場合などは発生しない費用です。

その③|日当

弁護士が遠方へ出張した際に生じる費用。

その④|手数料

書面を1通作成、調査などを行った場合に生じる費用とお考え下さい。郵便料金や戸籍等の資料取得費用、申立ての際の印紙代、業務遂行にあたって必要な実費は、弁護士費用とは別途必要になるので注意が必要です。

表:弁護士費用以外にかかる諸費用

実  費

依頼者負担(例)交通費,郵便代,裁判印紙代など

日  当

裁判所等への出頭・出張1回につき

関東近県の場合には,30,000円(税別)

その他の地域の場合には,50,000円(税別)

強制執行を行う場合

1回につき,100,000円(税別)

少しでも弁護士費用を抑える為には?

弁護士費用を少しでも抑えるには、次の3つが重要です。

  • 複数の弁護士を相談し、費用を比較して依頼する
  • 問題が複雑化する前に相談する
  • 分割払いが可能か確認する

ここでは、それぞれの内容を簡単に確認しておきましょう。

複数の弁護士を相談し、費用を比較して依頼する

お伝えした通り、旧弁護士費用規定は廃止され、弁護士費用は事務所によって異なります。同じトラブルを依頼しても費用に違いがありますので、できれば複数の弁護士事務所に相談し、費用を比較したうえで依頼をするとよいでしょう。

問題が複雑化する前に依頼する

弁護士費用はたくさんの項目がありますが、そのうち着手金と成功報酬金が多くの割合を占めます。弁護士費用を抑えるにはこの2つを抑える必要があるのですが、そのためには問題が複雑化する前に依頼するのが重要です。

一概には言い切れませんが、着手金と成功報酬は弁護士の仕事量が多くなるにつれて増える傾向にあります。つまり、弁護士が介入してただちにトラブルが解決する早期に依頼して、弁護士の仕事量を減らすことが大切なのです。

分割払いが可能か確認する

弁護士費用は分割払いが可能なケースもあります。一括で払えるか心配なら分割払いが可能か確認するのもよいでしょう。また、着手金は依頼前に、成功報酬金はトラブル解決後と、支払うタイミングが異なるのも弁護士費用の特徴です。

とくに成功報酬金は受け取った遺産から支払えば、元手がなくても弁護士への依頼が可能です。分割払い可能か、支払うタイミングはいつかなども、あわせて相談するとよいでしょう。

最後に

遺産相続について相談できる専門家は主に次の3つがあります。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 行政書士

トラブルになっていないときには、司法書士や行政書士に依頼して、相続登記や遺産分割協議書などを依頼するとよいでしょう。

一方、遺産相続で問題を抱えているときには弁護士に相談するようにしてください。協議や調停、裁判などであなたの代理人となって対処できるのは弁護士に限られるからです。

弁護士が対応すれば、法律に基づいた主張・立証をおこない、あなたに有利な条件での相続を実現できる可能性が高まります。一方、あなた自身で対処すると不満感が残る結果になってしまうかもしれません。

相続弁護士ナビは遺産相続トラブルを得意としている弁護士を多数掲載しています。相談料無料電話相談可土日対応可の事務所も多数掲載していますので、ぜひ、下記よりお住いの都道府県を選び、お気軽に相談してください。

【関連記事】
弁護士に無料法律相談ができるおすすめサイト
弁護士へ無料相談する際のポイント|電話・メールOK

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
京都
Office info 202104191817 37581 w220 虎ノ門法律経済事務所新宿支店

実績多数|取り分で紛争になりやすい【遺産分割・遺留分】はご相談ください。生前対策などにも幅広く対応!創立48年の実績とノウハウ|関係にも配慮し穏便な解決を目指します【他士業連携による一括サポート】

事務所詳細を見る
Office info 202003191314 10771 w220 シャローム法律事務所

【弁護士歴15年の弁護士が在籍】【休日相談|調布駅から徒歩3分】【遺産分割/遺産の取り分に納得できない方】不当な遺産分割の請求を受けている方、ご相談下さい。当事務所が正当な利益をお守り致します。

事務所詳細を見る
Office info 202005191848 28581 w220 弁護士大村隆平(雨宮眞也法律事務所所属)

●過去に解決した相続事件は150件以上●相続事件に専念し(相続事件以外は扱っておりません)、相続事件の対応には自信あり●経験(知識)と若さ(親しみやすさ)を両立させている点が弁護士大村の強みです

事務所詳細を見る
Office info 1901 w220 【不動産の分け方で揉めたら】アトラス総合法律事務所

●神田駅2分●初回面談無料●夜間・休日の面談可●宅建士資格所有:不動産の相続/遺産の分割/遺言書を巡る問題/複雑な案件であっても、他士業と連携しスムーズに一括解決!《これまでの実績は写真をクリック!》

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用をカバーする保険「ベンナビ弁護士保険」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

弁護士に法律相談に関する新着コラム

弁護士に法律相談に関する人気コラム

弁護士に法律相談の関連コラム

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。

当サイトでは、無料相談(一部)を行っている弁護士事務所を数多く掲載しています。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
事業承継

弁護士への法律相談に関してもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal Category jigyoushoukei normal
Sidebar writer recruit