ホーム > 相続コラム > 遺産分割 > 代襲相続人とは|相続割合や権利・範囲などを徹底解説
2020年08月27日

代襲相続人とは|相続割合や権利・範囲などを徹底解説

リフト法律事務所
川村 勝之 弁護士
監修記事
Pixta 7056461 s
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult btn

注目】相続問題でお悩みの方へ

相続問題を弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。まずは【弁護士の無料相談】を活用し、今後の対策を考えてみましょう。

代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)とは、代襲相続が起こった際に本来の相続人に代わって相続人になった「本来の相続人の子」などのことをいい、代襲者(だいしゅうしゃ)とも呼びます。

代襲相続は、本来相続人になるべき人が被相続人の死亡よりも前に死亡していた場合や、相続欠格や相続(人)廃除によって相続権を失った場合に、その人の子が代わりに被相続人の相続をすることを言います。

例えば、祖父が亡くなった際、祖父より前に死亡した祖父の子の子(被相続人の孫)が祖父を相続するのが典型例です。

さて、代襲相続は、どの法定相続人でも発生するわけではなく、被相続人の子または被相続人の兄弟姉妹からの代襲相続しか発生しません(民法887条2項、889条2項)。

そして、代襲相続人は、被代襲者(代襲される人=本来の相続人)が有していた以上の相続権を承継できないので、複数の代襲相続人がいる場合には、他の相続人と比べて相続権が小さくなる場合があります。

そこで、今回は、代襲相続人の基礎知識と、代襲相続人についてよくある勘違いなどをご紹介していきたいと思います。

代襲相続に関する基礎知識

1:代襲相続はいつ起こり得るのか?

2:代襲相続が起こった場合の相続分はどうなる?

3:相続放棄をしても代襲相続は起きるの?

4:代襲相続が起こった場合の相続税の計算は?

5:代襲相続っていつまで続くの?

6:書類を用意したり手続き・費用は発生したりする?

代襲相続のお悩みなら相続弁護士の無料相談をご利用ください


代襲相続は相続人の数が増える傾向にあり
通常の相続よりも混乱が生じやすい相続になります

被相続人の遺産を、代襲相続手でも適正に分割したいと思ったなら、
法定相続分の知識はもちろん、代襲相続の正しい理解が必須になります。

代襲相続では、代襲相続人の相続分や遺留分、被代襲者の生前贈与など

遺産分割で混乱を招くおそれのある要素が多々あります。

 

まずは相続の当事者をきちんと知るために、代襲相続に詳しい弁護士への無料相談を活用し、

具体的に相談してみることをオススメします。

当サイト『相続弁護士ナビ』は
相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。


事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、
電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

代襲相続が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

代襲相続の発生条件と代襲相続人になれる人

代襲相続人は、代襲相続が起こった際に本来の相続人に代わって相続人となる人のことをいい、具体的には「被相続人の孫」や「被相続人の甥姪」が対象者になります。

まずは、代襲相続人の基礎知識をご紹介いたします。

代襲相続の発生条件

代襲相続とは、本来の相続人が被相続人の死亡以前に相続権を失っていた場合に、その相続人の子(被相続人の子の子)が代わりに被相続人の相続をする制度を言います(民法887条2項、889条2項)。

(子及びその代襲者等の相続権)

第八百八十七条  被相続人の子は、相続人となる。

2  被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。

3  前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第八百九十一条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

(直系尊属及び兄弟姉妹の相続権)

第八百八十九条  次に掲げる者は、第八百八十七条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。

一  被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、その近い者を先にする。

二  被相続人の兄弟姉妹

2  第八百八十七条第二項の規定は、前項第二号の場合について準用する。

(引用元:民法887条889条

代襲相続のルールは、上記の条文から次のように整理することができます。

  1. 代襲相続が発生するのは被相続人の子または兄弟姉妹から(民法887条2項・889条2項)
  2. 代襲相続の発生原因は「相続開始以前の死亡」「相続欠格(民法891条)」「相続廃除」に限られる(民法887条2項・889条2項)
  3. 被相続人の直系卑属でない者は代襲相続人になれない(民法887条2項ただし書き)
  4. 被相続人の子からの代襲相続は何代でも続けることができる(民法887条3項)

相続権を失うケースとして「相続放棄」も考えられますが、相続放棄は代襲原因に含まれませんので、仮に被相続人の子などが相続放棄をした場合には代襲相続は発生しないことに注意が必要です。

また、被相続人の配偶者や被相続人の直系尊属からの代襲相続はありませんので、これらの人がいない場合には相続権が次順位の法定相続人に移るだけとなります。

代襲相続人になれる人

前述のとおり、代襲相続のルールにのっとれば、代襲相続人になれるのは「被相続人の子の子(さらにその子[被相続人から見てひ孫など]も含む)」または「被相続人の兄弟姉妹の子(甥姪)」だけということになります。

ただし、このときに注意が必要なのが「養子」の扱いです。

民法887条2項ただし書きでは、被相続人の直系卑属でない人については代襲相続権を認めていないことから、被相続人の養子からの代襲相続(養子の子の代襲相続権)については出生時期によって判断していくしかありません。

①養子縁組前に生まれた子の代襲相続権

被相続人と養子は養子縁組の日から法定血族関係を生じるので、養子自身は実子と同じように相続権を有しています。

しかし、養子縁組前に生まれていた子(連れ子)については、被相続人とは当然に親族関係を生じるわけではないので、被相続人の直径卑属にはあたらないため、残念ながら代襲相続をすることができません。

②養子縁組後に生まれた子の代襲相続権

養子縁組後に生まれた子の場合は、被相続人の嫡出子の子という扱いになるため、出生時点から被相続人と親族関係を生じます。そのため、この場合には代襲相続をすることができるという違いが出てきます。

代襲相続人の範囲

代襲相続ができる範囲は、被相続人の子については制限がなく何代でも続けることができますが、兄弟姉妹の場合にはその子(=甥姪)の代までという制限が設けられています(民法889条2項が887条3項を準用していないため)。

このとき、代襲相続が繰り返されることを「再代襲」と呼び、代襲相続と同じように可否を判断していくことになります。

兄弟姉妹の代襲相続の制限は、被相続人と関係の薄い、名ばかりの相続人(いわゆる笑う相続人)が権利を主張できないように設けられたものです。

ただし、昭和55年12月31日までに発生していた相続に関しては、その制限がなかったので、レアケースではありますが、相続が発生した時期によっては兄弟姉妹の再代襲が問題になる事案もあるかもしれません。

親の相続を放棄したら代襲相続できないのか?

相続放棄をした場合には代襲相続が発生しないというのは既にお伝えした通りですが、子が既に亡くなった親の相続で相続放棄をしていた場合には、親の親の相続(祖父母の相続)について代襲相続ができないのでしょうか。

被相続人の子や兄弟姉妹が死亡した際に、被相続人の子の子ら(被相続人の孫や甥姪)が被相続人の子の相続放棄をしていると、代襲相続人である被相続人の子の子らが既に被相続人の子(被代襲者・代襲相続人の親)の相続を拒絶していることになりますから、被相続人の子の子らとしては、被相続人の相続に関する代襲相続権も失っているように思えます。

結論から言えば、親の相続放棄をしていても、祖父母である被相続人の相続に関する代襲相続人になることができます。

というのも、代襲相続は、被相続人の子(または兄弟姉妹)が相続開始「前」に相続権を失っている場合に「被相続人の子の子(または被相続人の兄弟姉妹の子)」が代わりに相続できる制度なので、これら子の子や兄弟姉妹の子にとって、被相続人の子(被代襲者・代襲相続人の親)の相続権の有無とは直接関係がないのです。

したがって、被相続人の死亡以前に被代襲者(代襲相続人の親)が死亡している場合において、その子が相続放棄をしていたケースでは、代襲相続ができるといえます。

注目】相続問題でお悩みの方へ

相続問題を弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。まずは【弁護士の無料相談】を活用し、今後の対策を考えてみましょう。

代襲相続のお悩みなら相続弁護士の無料相談をご利用ください


代襲相続と相続放棄の両方が問題になる相続は
通常の相続よりも難易度が高くなります

被相続人の遺産を、できるだけ早く、円滑に分割したいと思ったなら、
法定相続分の知識はもちろん、代襲相続と相続放棄の正しい理解が必須になります。

当サイト『相続弁護士ナビ』は
相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。


事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、
電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

代襲相続が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

代襲相続人の有する権利と遺留分の扱いについて

代襲相続人は、被代襲者(代襲相続人の親)が有していた相続権をそのまま承継することになるので、基本的には被代襲者の法定相続分や遺留分割合を代襲者全員で承継し、等分して取得するということになります。

継承する権利はプラス分だけではない

例えば、被相続人の子Aが死亡し、孫にあたる代襲相続人3人が被相続人の相続に関わる場合には、3人の孫はAの権利を1/3ずつ取得します。

また、承継する権利は、必ずしもプラスのものだけでなく、被代襲者が特別受益などを受けていた場合には具体的相続分算定の際にそれが考慮されるなど、マイナスの要素も取得する可能性があります。

そのため、代襲相続人の権利を正しく理解しておくことが、円滑な相続への第一歩とも言えるでしょう。ここでは、代襲相続人の権利と題して、誤解されやすい「法定相続分」と「遺留分」の考え方をご紹介いたします。

代襲相続人の法定相続分

代襲相続人の法定相続分は、【被代襲者の相続分÷代襲相続人の人数】で計算することができます。

あまりないケースかもしれませんが、祖父Aが亡くなった際に、子Bと子Cに代襲相続が発生しており、子Bの子D・Eと子Cの子Fが代襲相続人になり、他にAの配偶者Gが法定相続人になるようなケースでは、次のように計算することができます。

相続人

法定相続分

配偶者G

相続財産の1/2

子B

(代襲相続人D・E)

相続財産の1/4

孫D:1/4÷2人=1/8

孫E:1/4÷2人=1/8

子C

(代襲相続人F)

相続財産の1/4

孫F:1/4÷1人=1/4

孫D・Eと孫Fは、いずれも被相続人の子の代襲相続人ではありますが、D・EはBの権利を2人で等分して承継することから、同じ代襲相続人でもCの権利を1人で承継するFとは相続分が異なってきます。

このように、代襲相続人の法定相続分に関しては、誰からの代襲相続で、その人に代襲相続人である子が何人いるのかによって変わる点に注意が必要です。

なお、法定相続分について、詳しくは以下の記事でもご紹介しています。

▶参考:

法定相続人の範囲と順位・相続分|法定相続人の全てが分かる基礎知識

法定相続分の基本的な考え方と法定相続分が適用されない具体例まとめ

代襲相続人には遺留分がある場合とない場合がある

遺留分は、兄弟姉妹を除く法定相続人(配偶者・子・直系尊属)に認められた最低限の遺産の取り分のことなので、兄弟姉妹からの代襲相続の場合には当然ながらこの権利がありません。

したがって、代襲相続人で遺留分の権利を有するのは、被相続人の子の代襲相続人だけということになります。

遺留分の計算も、法定相続分と同じように【被代襲者の遺留分÷代襲相続人の人数】で計算することができます。

しかし、遺留分に関しては生前・相続開始後いずれの場合でも遺留分放棄が可能になっているので、被代襲者が既に遺留分権を放棄していた場合には、代襲相続人にも遺留分は認められなくなります。

参考:遺留分の割合

 

総体的遺留分

個別的遺留分

代襲者の具体的な遺留分割合

配偶者+子の場合

相続財産の1/2

配偶者:1/4

子:1/4÷人数

1/4÷子の人数÷代襲者の人数

子のみの場合

1/2÷人数

1/2÷子の人数÷代襲者の人数

▶参考:遺留分とは|適正な相続財産を獲得するために知っておくべき手順

代襲相続人と相続税の注意点

相続が発生すると、財産を取得した人(相続人や受遺者)は相続税の申告にも注意しなければなりません。代襲相続の場合も同様で、相続税の申告・納税が必要かどうかはきちんと確認するべき事項になってきます。

相続税は申告前に基礎控除を引く

ただし、相続税は、必ず申告・納税義務があるわけではなく、基礎控除や非課税枠・各種控除、相続債務などを差し引いた後で課税されるかどうかが決まってきます。

このとき、相続税の計算は『課税価格の合計額(各相続人の課税価格の合計)- 基礎控除額(3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数)=課税遺産総額』とされており、基礎控除は【3,000万円+600万円×法定相続人の数】で算出することができますから、これよりも相続財産が少なければ相続税を心配する必要はほとんどないといえます。

ただし、相続税の対象になる相続財産には一定の生前贈与等も含まれますので、相続開始時点での財産が基礎控除を下回っている=申告・納税義務がないというわけでは必ずしもありませんから注意しましょう。

代襲相続人が含まれる場合は法定相続人の数え方に注意が必要

さて、代襲相続人が含まれる相続では、法定相続人の数え方が少し変わっており、基本的には『相続人の数=相続人+代襲相続人の人数』で計算することができます。

例えば、前述の「祖父Aが亡くなった際に、子Bと子Cに代襲相続が発生しており、子Bの子D・Eと子Cの子Fが代襲相続人になり、他にAの配偶者Gが法定相続人になるようなケース」では、配偶者G、孫D、孫E、孫Fの4人が法定相続人に数えられ、代襲相続発生前よりも基礎控除が大きくなる計算になります。

相続放棄があった場合

しかし、先順位者の相続放棄の結果兄弟姉妹まで相続権が移り、代襲相続が発生しているというようなケースでは、最初に相続権を取得したグループの人数が法定相続人となりますので、代襲相続があった方が基礎控除が大きくなるとは限りません。

具体的には、「最初の相続人が配偶者Aと子Bで、これらの人が相続放棄をして相続権が兄Cと妹Dへめぐってきて、さらにCに代襲相続が発生しE・F・Gが代襲相続人になるようなケース」では、D・E・F・Gの4人ではなくA・Bの2人が基礎控除の計算の際の法定相続人ということになります。

このように、相続税の算定の際の「法定相続人」と民法上の「法定相続人」は、扱いが若干異なる場合がありますので、相続税の手続きを行う際には注意して計算することが大切です。不安や心配がある場合には、相続税に詳しい弁護士や税理士等の専門家に相談しましょう。

▶参考:

相続税を計算する手順とできるだけ税額を抑える為の4つのポイント

相続税の基礎控除とは|相続税の控除6種類と税率の計算方法まとめ

代襲相続が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

まとめ

代襲相続人の権利は、基本的には被代襲者が有していたものと同じになりますので、代襲相続人が複数いればその分1人あたりの権利は小さくなりますし、遺留分などがない場合もあり得ます。

また、代襲相続が絡む事案では、相続人の確定や遺産分割協議が複雑になる傾向にありますから、早い段階で相続に詳しい弁護士に相談しておくと、今後の流れや対応が分かるため、余裕をもって各種の手続きを進めることができ、トラブルの回避にも役立つかと思います。

相続は、どんなに仲の良い家庭や親族であっても争いが生じる可能性がありますから、不穏な空気を感じたら、または円満な相続をするために相続が発生した直後に、無料相談等を利用して相続に詳しい弁護士に相談するのがおすすめです。

親族間のみでは様々な感情も絡むため、第三者の専門家からの意見を一度きちんと聞いておくことで、不要な争いが避けられることもあります。 

相続トラブルは長期化する傾向にありますから、弁護士等の専門家のアドバイスを有効活用し、不要な争いは避け、禍根を残さないような解決を選択するのが得策でしょう。

本記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

注目】相続問題でお悩みの方へ

相続問題を弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。まずは【弁護士の無料相談】を活用し、今後の対策を考えてみましょう。

代襲相続のお悩みなら相続弁護士の無料相談をご利用ください


代襲相続は相続人の数が増える傾向にあり
通常の相続よりも混乱が生じやすい相続になります

被相続人の遺産を、代襲相続手でも適正に分割したいと思ったなら、
法定相続分の知識はもちろん、代襲相続の正しい理解が必須になります。

代襲相続では、代襲相続人の相続分や遺留分、被代襲者の生前贈与など

遺産分割で混乱を招くおそれのある要素が多々あります。

 

まずは相続の当事者をきちんと知るために、代襲相続に詳しい弁護士への無料相談を活用し、

具体的に相談してみることをオススメします。

当サイト『相続弁護士ナビ』は
相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。


事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、
電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

代襲相続が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

相続トラブルを解決し遺産を多く受け取る方法とは?

相続トラブルで一番多い金額は5,500万円以下です。

 

これは相続トラブル全体の約75%にあたり、さらに1,000万円以下だけに絞って見ても、全体の32%を占めています。

 

相続トラブルはお金持ちや、ましてテレビの出来事では決してないのです。

 

<参考資料:平成25年度司法統計>

 

さらに、下の表を見ると遺産分割調停、すなわち遺産分割トラブルが右肩上がりで増えてきていることがわかります。

 

遺産分割に関する調停事件の推移

<参考資料:平成25年度司法統計>

 

 

相続における自己解決と弁護士介入の違いとは?

相続するのはあなただけではありません。相続人の平均人数は3名程度です。

 

相続人の数

<参考資料:国税庁 統計年報>

 

相続人が多いほど、相続トラブルが発生しやすく複雑になるのは避けようのない事実です。

 

トラブル回避のために重要なのは、早めに専門知識のある第三者を介入させることです。一般的に専門知識を持つ代表格といえば相続問題を得意とする弁護士です。

 

弁護士を介入させると費用が高くつくイメージがありますが、結果的にはトラブルを解消できるだけではなく、相続面でも優位に働き、金銭的にもメリットを得られることが多くなります。

 

 

相続に強い弁護士の選び方と相続相談の具体例

相続に際し、雇うのは弁護士なら誰でもいいというわけではありません。
最大のメリットが得られる弁護士の選び方は、以下を参考にしてください。

 

 

  • 1、相続が得意な弁護士を選ぶ

    相続トラブルの解決実績が豊富だったり、相続問題に注力していたりする弁護士を選びましょう。

  • 例えば、医者に「内科」「外科」「皮膚科」「耳鼻科」…と専門分野があるように、弁護士にも「相続」「離婚」「借金」「企業法務」…といった得意分野があります。

  • 相続があまり得意でない弁護士に依頼しても十分なメリットを受けられない可能性があるため、相続を得意とする弁護士に依頼することが大切です。

  • 2、初回相談料の安い弁護士を選ぶ

    初回相談は自分と相性の良い弁護士を選ぶチャンスですので、1件だけではなく複数と話をしてみましょう。

  • 件数を重ねるために初回の相談料を必ず確認しましょう。(相談無料〜3000円程度をオススメします)

  • 3、近隣の弁護士を選ぶ

    相続の弁護士は全国対応していることも多いのですが、やはり対面での関係性構築や急な事態に対応できる近隣の弁護士事務所が最善策といえるでしょう。

 

 

相続で弁護士が介入するデメリットは、あまりありません。

 

あえて挙げるなら、依頼に費用がかかる点でしょうか。

 

しかし、以下の費用対効果の例をご覧いただけば、実際には費用がデメリットとはならないことが、おわかりいただけると思います。

 

不公平な遺言書に対し弁護士を通じて遺留分を主張した例

3,000万円の遺産を遺して親が世を去った。全財産をほかの相続人に相続させる旨の遺言書があり、このままでは自分は一切遺産を受け取ることができない。

弁護士に依頼した結果

遺留分侵害額請求により、自分の遺留分割合である8分の1の遺産を受け取ることができた。

費用対効果

自分が受け取ることができた遺産は375万円。弁護士費用は84万円。そのまま泣き寝入りしていれば1円も受け取ることができなかったが、結果的に弁護士費用を差し引いても291万円を手にすることができた。

また、相続トラブルに関しては、初期費用(着手金)はかかるものの、費用の大部分は成果報酬方式です。


つまり依頼料はデメリットにならないのです。

 

>>費用対効果の高い弁護士とは?

 

簡単かつ早急に信頼できる弁護士を選ぶ方法

相続弁護士ナビは、相続問題の解決実績豊富な事務所を数多く掲載しています。


あなたのお住まいに近い事務所を選ぶことができ、ネット上の口コミに頼らず、相談に行きやすい優良な事務所を簡単に見つけられます。

 

使い方も簡単なので、近隣の事務所を確認だけでもしてみることをおすすめします。

 

相続内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal Category_iryubun_normal
Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal
Category_fudosan_normal Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Category_shintaku_normal

 

どれを選んでいいかわからない場合は、相続トラブルを選んでくされば対応できます。

弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」

弁護士費用は決して安いものではなく、少なくとも50万円以上になることがほとんどです。

そんな弁護士費用を補償するのが、弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci

法的トラブルは身近に潜んでいて、いつ被害にあうか分かりません。

  • 子供がいじめで不登校になってしまった
  • インターネットで誹謗中傷を受けている
  • 酔っぱらいに絡まれてケガをした

こんなとき、弁護士依頼で発生する費用を月額2,500円で補償できます。

追加保険料0円で子供や両親、配偶者も補償対象になり、自分以外の家族も守ることができます。

いざというときの弁護士費用を賄うために、まずは資料請求を。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

この記事の監修者
リフト法律事務所
川村 勝之 弁護士 (千葉県弁護士会)
相談者に選択肢を提示し、最も理想に近い解決法を共に考えることを心がけており、コミュニケーションの取りやすさに定評あり。税理士・司法書士・公認会計士などの他士業と連携したトータルサポートも魅力。

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。当サイトでは、相続トラブルを1人で解決できるか悩んでいる方へ無料電話・無料相談(一部)を行い、不安解消できるように努めています。

問題解決はもちろん、あなたの状況にあったアドバイスを提供することをお約束します。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon column white カテゴリからコラムを探す
Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal
Sidebar writer recruit