ホーム > 相続コラム > 遺産分割 > 兄弟姉妹の遺産相続トラブル|相続の割合や順位と解決方法
公開日:2019.8.14  更新日:2021.3.22

兄弟姉妹の遺産相続トラブル|相続の割合や順位と解決方法

アシロ社内弁護士
監修記事
%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a 1
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult btn

遺産相続が発生すると、これまでは仲がよかった兄弟姉妹でも、こんなトラブルが生じて仲違いをしてしまうかもしれません

  • 遺産をどういう割合で分けるか話がまとまらない
  • 遺産に土地・建物が含まれているが、分け方で意見が合わない
  • 「生前に親の介護をしていた」として多い割合を主張する兄弟がいる
  • 兄弟による遺産の使い込みが発覚した
  • 絶縁状態だった兄弟には遺産を渡したくない

兄弟姉妹が多い、両親がともに故人となって兄弟姉妹だけで相続を進める状況では、とくにトラブルへと発展するおそれがあります。

この記事では、遺産相続のトラブルによって兄弟姉妹が仲違いをしてしまわないために、兄弟姉妹の相続に関する基礎知識や典型的なトラブル事例、遺産分割の方法などを解説します。

遺産相続に関する兄弟間トラブルでお悩みの方へ

​遺産相続時に兄弟間でトラブルが起きるのはよくある事ですが、いざ当事者になると辛いものがありますよね。

今後も長く続くであろう兄弟関係であるからこそ、希望の条件を満たしつつ、穏便に平和的な解決が出来るのが理想です。

こうした兄弟間トラブルの解決に役立つ手段として、当サイトでは遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談をおすすめしており、以下のようなメリットがあります。

  • 遺産分割の話合いがスムーズに進む
  • 弁護士が代理人となるので、兄弟や他の相続人と直接話をしなくても済むようになる
  • 相続財産の分け方について第三者からの客観的なアドバイスが得られる
  • 遺留分を侵害された場合、遺留分相当の財産を取り戻すことができる
  • 相続する財産や相続人の調査を任せることができる
  • 遺産分割時に、自分の希望を反映させることができる など

当サイトでは、全国各地の「相続トラブルに注力している弁護士」を多数掲載しており、比較検討してあなたにピッタリの弁護士を探せます。

無料相談から始められる所も多いので、気軽に問い合わせてみて、あなたの相続トラブルに関する悩みを解決しましょう。

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?
この記事に記載の情報は2021年03月22日時点のものです

相続財産を兄弟姉妹で分割する割合は法定相続分を参考にする

遺産相続トラブルの典型例は、「だれが、どの財産を、どのくらいの割合で相続するのか」という問題です。

そもそも、過去に日本には『家督制度』といって、一家の財産のすべては家督を引き継ぐ長男に継承されるという法律上の定めがありました。

残る兄弟姉妹には遺産を相続する権利があるのでしょうか?

現在では当然兄弟姉妹にも相続権はある

『家督制度』では、原則として長男がすべての財産を単独で相続することが民法で定められていました。ただし、この定めは明治31年に制定された旧民法における制度で、家督制度は昭和22年の民法改正によって廃止されています。

家督制度の廃止後は、配偶者と長男だけでなく、弟や姉妹にも相続権が与えられました。同時に、年齢や男女の区別なく均等に財産を分割するという『諸子均分相続』も採用され、現在の相続制度ができあがっています。

つまり、兄弟姉妹でも遺産を相続する権利があり、さらに「長男だから」といった理由で優遇されることもありません。

法定相続分で決められた割合とは?

昭和22年の民法改正によって新たに生まれたのが『法定相続分』です。法律の定めに従って遺産を公平に分割するための割合を示したもので、民法第900条に規定されています。

民法第900条(法定相続分)

同順位の相続人が数人あるときは、その相続分は、次の各号の定めるところによる。

1. 子および配偶者が相続人であるときは、子の相続分および配偶者の相続分は、各2分の1とする。

2. 配偶者および直系尊属が相続人であるときは、配偶者の相続分は、3分の2とし、直系尊属の相続分は、3分の1とする。

3. 配偶者および兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。

子、直系尊属または兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

引用: 民法|e-Gov

わかりやすく一覧表にまとめると以下のようになります。

相続人の組み合わせ

配偶者

直系尊属

兄弟姉妹

配偶者のみ

100%

     

配偶者+子ども

1/2

1/2を

人数で等分

   

子どものみ

 

100%を

人数で等分

   

配偶者+直系尊属

2/3

 

1/3を

人数で等分

 

直系尊属のみ

   

100%を

人数で等分

 

配偶者+兄弟姉妹

3/4

 

1/4を

人数で等分

 

兄弟姉妹のみ

     

100%を

人数で等分

このように、相続人が複数の場合は民法で定められた割合によって均等に遺産が相続されることになります

「長男だから遺産は独り占めできる」「女性には相続権がない」といった考え方は、民法の規定に反しており、兄弟姉妹はすべて等しい相続権をもっているのです。

法定相続分はあくまで目安|必ず従う必要はない

遺産相続の割合は民法に定められていますが、実は「この割合で分割しないといけない」というわけではありません。法定相続分は、あくまでも目安です。

遺産相続の割合は、相続人同士で話し合って自由に決めることができます

「父が亡くなって母が独り残されたので、母が単独で相続する」と決めるのも「介護に尽くした妹に多くの遺産を分配したい」とするのも自由です。

遺産分割の割合を決める話し合いを『遺産分割協議』といいます。

遺産分割協議は、各相続人が抱えるさまざまな事情を持ち寄って、誰が、どの財産を、どのくらいの割合で相続するのかを決める場です。

ところが、各相続人の事情によっては「兄ばかりがたくさんの遺産を相続するのは納得できない」「妹だからといって遺産が少ないのはおかしい」と協議が進まなくなることもあるでしょう。

このような状況のなかで、相続人の間に不公平がないように割合を示しているのが法定相続分なのです。

法定相続人の確認方法

相続に関する民法の定めを見ると、配偶者や子どものほかにも『直系卑属』や『直系尊属』といった用語が登場します。一体、誰のことを指しているのかわからないという方も少なくないでしょう。

また、被相続人である故人を中心に、家族や親類が多く存在するケースでは「誰が相続人になれるのか?」「全員が相続できるのか?」といった疑問も感じるはずです。

遺産相続の権利が与えられる『法定相続人』については、民法第886条から第890条までに定められています。

各条の定めをまとめると相続人の順位がわかるので、順を追って解説していきましょう。

被相続人の配偶者

被相続人となる故人の配偶者は、民法第890条で「常に相続人となる」と定められています

子どもやほかの親類の存在に関係なく、配偶者は必ず相続人として遺産相続の権利を得るのです。配偶者は「相続順位の外にある、もっとも強い相続権をもつ存在」だと考えておけばよいでしょう。

ただし、離婚によって戸籍から外れた場合は、元配偶者といえども相続権を主張できません。

被相続人の直系卑属(第1順位)

被相続人の子ども・孫など、直通する系統で自分よりも後の世代の人を『直系卑属』といいます。子どもや孫だけでなく養子も含まれるので、再婚相手の子どもでも養子縁組をすれば第1順位の相続権を得ます

また、婚姻関係がない男女の間に生まれた非嫡出子や、離婚によって離れてしまった子どもでも同様です。さらに、相続人である子どもが亡くなってしまったなどの状況があれば、その子どもが相続権を継承します。これを『代襲相続』といいます。

被相続人の直系尊属(第2順位)

被相続人からみて、直通する系統で自分よりも前の世代の人を『直系尊属』といいます。

直系卑属が存在しない場合は父母が、父母も亡くなっていれば祖父母が第2順位の相続人です。ただし、叔父・叔母・養父母・配偶者の父母などは相続権を得られません。

被相続人の兄弟姉妹(第3順位)

第1順位・第2順位の相続人が存在しない場合は、被相続人の兄弟姉妹に相続権が与えられます

さらに兄弟姉妹も亡くなっていれば、甥・姪に代襲相続されます。

自分に一切相続させない遺言があった場合はどうすれば良い?

被相続人が「長男にすべての財産を相続させる」などの遺言をのこしていたケースも考えられます。故人の遺志を尊重するのであれば、遺言のとおりに相続を進めても問題はありません。

もし、遺言の内容に不公平を感じるのであれば『遺留分』を主張しましょう。遺留分とは、相続人に対して保障される最低限の取り分のことをいいます。

民法第1042条の定めに従って、直系尊属のみが相続する場合は遺産総額の1/3が、それ以外の場合は1/2が遺留分です(相続人が複数人ある場合には、これに各相続人の法定相続分をかけて算出します)。

遺留分を主張するには『遺留分侵害額請求』を起こすことになります。平成30年の民法改正までは『遺留分減殺請求』と呼ばれていた制度です。

遺留分の主張については、保障される遺留分の計算や請求の方法が難しいので、弁護士への依頼をおすすめします。

弁護士に依頼すべき理由は、以下の記事でご覧ください。

兄弟の遺産相続で起きたトラブル事例

遺産相続に関するトラブルは、豊富な財産をもつ資産家の家庭に限った話ではありません。

実は、実際に遺産相続でトラブルになっているケースの多くは、遺産総額が1,000万~5,000万円以下の一般的な家庭なのです。

裁判所が公開している令和元年の『司法統計』によると、令和元(平成31)年中に家庭裁判所に持ち込まれた遺産分割事件の総数は8,994件でした。

このなかで、対象となっている遺産総額をみると、もっとも件数が多かったのが遺産総額1,000万超~5,000万円以下で3,841件、次いで多かったのが1,000万円以下で2,912件です。

遺産総額

件数

割合

1,000万円以下

2,912件

32.3%

5,000万円以下

3,841

42.7

1億円以下

1,079件

11.9%

5億円

557件

6.1%

5億円を超える

51件

0.5%

算定不能・不詳

554件

6.1%

参考
司法統計

このデータをみると、遺産相続に関するトラブルのうち、実に75%が5,000万円を下回っていることがわかります。

土地・建物に加えて、幾分かの預貯金や保険金があれば、この程度の遺産額になるケースはめずらしくありません。

つまり、遺産相続トラブルは「他人ごとではない」のです。

遺産相続トラブルは、兄弟姉妹の間で起こるケースが多々あります。大した資産がないと思っていたら意外にも多額の資産があった、遺産が不動産のように分割しにくいものだけだったなどの状況があると、トラブルに発展しやすいでしょう。

他にも、次のようなケースでは遺産相続トラブルに発展しやすくなります。

  • 兄弟間で相続する遺産の割合が決まらない
  • 音信不通で絶縁状態だった兄弟が、相続を聞きつけて突然現れ、遺産を要求してきた
  • 親の介護をしていたという兄弟が「取り分が多くて当然だ」と主張してきた
  • 甥や姪も遺産を要求してきた
  • なぜか兄弟の配偶者が遺産を要求してきた
  • 隠し子や愛人の子どもが登場  など

続いて、兄弟間で起きた遺産相続トラブル例を紹介しましょう。

事例1|感情的な兄と不仲で遺産分割が進まない

相続で揉めるのがわかっていたので、母が亡くなる前から税理士に相談していますが、感情的な問題で、兄との話し合いがまともにできなかったため、母が亡くなって1年以上経っても、いまだに遺産分割が解決しません。税理士には遺産分割協議書も作成してもらい、署名・押印するだけなのですが、それも拒否される可能性が高いです。

このような場合、さらに時間をおいて話し合うべきなのか、それとも、早急に弁護士事務所に相談すべきなのでしょうか。こんなことになるなら、初めから弁護士に相談すればよかったと思っています。いまさら遅いでしょうか。

ちなみに、母には多少の預貯金のほか、巨額の借金があるため、相続税はかかりません。兄と私も金銭的に余裕がないため、弁護士事務所には相談しませんでした。担当税理士には、お金にはならない、うちのようなケースにいつまでも付き合わせてしまって申し訳ないとさえ思います。八方塞がりで、苦しい毎日です。

引用元:あなたの弁護士

事例2|相続手続きで兄弟と喧嘩になる

2010年に父が亡くなりました。母はすでに亡くなっており相続人は私と弟の二人です。長男である弟が、相続の手続きをするからと言うので言われるままに私の印鑑証明や戸籍謄本、印鑑まで渡したのに相続の手続きをしてくれません。

父が立ち上げた小さな会社ではありますが弟は婚姻後、後継者として事業を継ぎ父と同居していました。亡くなる数年前から父の介護を弟は会社と事務所と自宅が同じなので仕事をしながら看てくれました。

弟に私が「相続、ちゃんと手続きをしてほしい」というと「遠くに嫁に行って父の介護もしていないくせに金だけ欲しいってか!」と罵られました。介護に必要だったので父の普通預金口座のお金は出して使ってしまったと言っています。

父の面倒を見てくれたので感謝はしています。父の普通預金を弟が使ってしまっていたとしても仕方ないと思います。でも定期預金くらいはちゃんと分けるべきだと思うのです。情けないけれど、疑いたくないけれどなんだか騙されているような気がします。

相続人である私が弟の代わりに相続の手続きってできますか?

引用元:あなたの弁護士

遺産分割の5つの方法

残された遺産がすべて額面のはっきりした預貯金などであれば、遺産分割も最終的に法定相続分で落ち着くので、大きなトラブルにはなりません。

問題が難しくなるのは、土地・建物などの不動産、株式などの有価証券、美術品や骨董品などのように、そのもの自体を分割できず額面もはっきりしない遺産を相続するケースです。

ここでは、遺産分割の5つの方法を解説します。

現物分割|不動産などをそのまま分ける

実際の相続においてもっとも多く利用されているのが『現物分割』です。

現物分割とは、実家の土地と建物は配偶者である母親が、預貯金は長男が、株式は次男がそれぞれ相続するといった、各遺産の現物を特定の相続人が相続する方法をいいます。

それぞれの相続人の都合に合わせることができれば、トラブルに発展する可能性は低いでしょう。

換価分割|不動産など物理的に分割できない時に利用する

『換価分割』とは、不動産などのように物理的な分割ができない遺産について、売却して現金に換えて分割する方法です。

誰も住んでいないため空き家になっている実家の土地・建物や、株式などのように売却処分が容易な財産を相続する際に適しています。

代償分割|現物分割では不平等になる場合

実家の土地・建物を配偶者である母親が相続する代わりに、長男・次男には法定相続分に足りない部分について金銭を支払う方法を『代償分割』といいます。

現物分割では不平等になってしまうためトラブルになりかねない」ケースでは、代償分割を検討することになるでしょう。

ただし、代償分割をする場合は、土地・建物などを相続する人が十分な支払い能力を持っている必要があります。

共有分割|おすすめできない方法

不動産や有価証券など、現物を分割できない遺産について「各相続人の共有名義にする」という方法が『共有分割』です。

遺産分割で兄弟姉妹が不仲になってしまうくらいなら「全員の財産」とするのもひとつの解決法ではあるでしょう。

ただし、共有名義の不動産などは、売却時に全員の承諾が必要になる、共有者のひとりが死亡した場合にはその子どもなどが名義に加わるなど、問題が絶えません。

兄弟姉妹の仲が悪化してしまうと、共有名義の財産がトラブルの種になるのは必至です。

遺産を分割するという大きな問題を先送りにするだけで、その代償は残された子孫にまで引き継がれてしまいます。共有分割は、できれば避けたほうが賢明でしょう。

遺言による指定

被相続人である故人が最期に残した遺志が『遺言』です。遺言による指定があれば、原則として遺言のとおりに遺産が分割されます。

たとえ法定相続分を無視した内容であっても、相続人の遺留分を侵害していない限り、遺言の内容が優先されます。ただし、遺言は法的な要件を満たした『遺言書』として残されている必要があるので注意が必要です。

被相続人の希望・意向であっても、正式な遺言書でなければ効力がありません。また、封印された遺言書を発見した場合は、勝手に開封することがないようにしましょう。

家庭裁判所の検認を受けたうえで開封しないと、遺言書の内容を改ざんしたのではないかと疑われてしまいます。

民法第1005条には、検認を経ないで遺言を執行する、家庭裁判所外で開封する行為について、5万円以下の過料を定めています。

「勝手に開封すると無効」というわけではありませんが、厳格な手続きを経る必要があるので、遺言書を発見したらただちに弁護士に相談してアドバイスを受けましょう。

遺産相続で揉める場合は弁護士への依頼を検討しよう

遺産相続でトラブルになると、それまでは仲がよかった兄弟姉妹でも、険悪な関係になってしまうおそれがあります。しかも、仲違いしただけでは済まされず、肝心な遺産分割の話し合いも前に進まないでしょう。

兄弟姉妹の間で遺産相続の問題が解決できない場合は、弁護士への依頼がおすすめです。

弁護士に依頼するメリット

遺産相続のトラブル解決を弁護士に依頼すれば、次のようなメリットが得られます。

  • 法律に基づいて、各相続人が納得できる遺産分割が実現する
  • 相続人同士の間に立って遺産分割協議を進めてくれる
  • 法的手段による解決が期待できる

相続は、多くの人が経験することになる問題です。法律の知識がなくても避けられない問題なので「どうやって解決すればよいのか分からない」と悩んでしまう方も多いでしょう。

弁護士は、あなたの遺産相続をサポートしてくれる心強い味方です。

遺産相続に関する疑問や不安を解消してくれるだけでなく、各相続人との間で、スムーズな遺産分割協議を進めてくれるでしょう。

兄弟姉妹の仲が悪く、遺産分割協議がいつも言い争いになってしまう状況なら、弁護士を窓口にすることで無駄な争いを避けられるはずです。

どうしても話し合いで決着がつかない場合は、家庭裁判所の調停など、法的手段による解決もサポートしてくれます。

弁護士に依頼するデメリット

弁護士への依頼には、当然弁護士費用がかかります。正式に遺産相続トラブルの解決を依頼して、遺産分割協議の取りまとめや調停などを一任した場合は、着手金だけでも50~100万円程度の費用が発生します。

さらに、遺留分の主張などのように、弁護士への依頼でより多くの遺産獲得を実現できた場合には、獲得額の4~16%程度の成功報酬がかかる場合もあります。

獲得する遺産の額によっては、弁護士費用の支払いに充てると手元に残る遺産が大きく目減りしてしまうケースもあるので、慎重に判断したいところです。

弁護士費用を抑えるために、無料の法律相談を上手に活用しましょう

また、弁護士にはそれぞれ得意分野があります。遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士がいれば、離婚問題・借金問題・交通事故トラブル・刑事事件など、さまざまな分野に特化した弁護士もいます。

遺産相続トラブルが不得意な弁護士に依頼してしまうと、不利なかたちで決着してしまうおそれがあります。

遺産相続を得意とする弁護士一覧 」から、遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士を探して相談しましょう

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

被相続人の希望通りに財産を残すには遺言が必要

兄弟姉妹間の遺産相続トラブルを回避する有効な解決策として、被相続人が亡くなってしまう前に『遺言』を残してもらうことを検討しましょう

各相続人が不公平に感じない内容で遺言を残すことができれば、トラブルの未然防止に役立つはずです。ただし、遺言書には法律によって厳格な要件が定められています。

遺言書を法的に有効なものとして残すには、遺言書の作成や保管について正しい手続きを取る必要があるので、弁護士のサポートは必須でしょう。

遺言書の種類や作成方法、取扱いなどについては、別の記事でも詳しく解説しています。

まとめ

遺産は、故人が大切な家族に遺す最期の贈り物です。兄弟姉妹が遺産分割で争ってしまうようでは、故人の遺志に反してしまうでしょう。

相続には法律上のさまざまな定めがあります。

個人での対応が難しい手続きや、法律の解釈に迷うシーンも少なくないので、相続が発生したら迷わず弁護士に相談してアドバイスを受けましょう。

兄弟姉妹の間でトラブルになっている場合は、弁護士を仲介に話し合いを進めることですべての相続人が納得できる決着が期待できます。

相続について兄弟姉妹の意見が対立しており、手続きが前に進まない状態になっているなら、相続問題の解決が得意な弁護士を探して、すぐに相談しましょう。

相続トラブルの解決が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
アシロ社内弁護士
弁護士登録後、地方で一般民事・家事、刑事事件を中心に様々な案件を手掛ける。次第に司法アクセスの改善に課題を感じ、2020年に当社に入社。現在インハウスローヤーとして多方面から事業サポートを行う。

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。

当サイトでは、無料相談(一部)を行っている弁護士事務所を数多く掲載しています。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
遺産分割

遺産分割をもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal
Sidebar writer recruit