ホーム > 相続コラム > 遺産分割 > みなし相続財産とは | みなし相続財産について押さえておくべき事
公開日:2019.8.15  更新日:2021.6.18

みなし相続財産とは | みなし相続財産について押さえておくべき事

弁護士法人本江法律事務所
本江 嘉将
監修記事
Minashi
注目 遺産分割に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
遺産分割が得意な
弁護士から探せる
遺産分割が得意な
弁護士を探す

遺産相続を受けると、受け取った遺産の額に応じて相続税が課税されます。

では「遺産の額は少ないが多額の保険金が支払われた」といったケースでは、小額の遺産に対してのみ相続税が課税されるのかといえば、そうではありません。

被相続人の死亡によって生じた保険金や退職金などは『みなし相続財産』という扱いになり、相続税の課税対象となります。

みなし相続財産にあてはまるものには相続税が課税されるので注意が必要です。

この記事では、みなし相続財産にあたるもの・あたらないもの、みなし相続財産を相続する際の注意点などを解説します。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?
この記事に記載の情報は2021年06月18日時点のものです

みなし相続財産とは?相続財産との違い

『みなし相続財産』とは、相続や遺贈によって継承されたものではないものの、相続や遺贈によって取得されたものと同じような経済的効果をもつ財産をいいます。

わかりやすくいえば「相続財産ではないが、法律によって相続財産と同じように扱われる財産」です。

相続税法第3条(相続または遺贈により取得したものとみなす場合)

次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該各号に掲げる者が、当該各号に掲げる財産を相続または遺贈により取得したものとみなす。この場合において、その者が相続人であるときは当該財産を相続により取得したものとみなし、その者が相続人以外の者であるときは当該財産を遺贈により取得したものとみなす。

1 被相続人の死亡により相続人その他の者が生命保険契約の保険金または損害保険契約の保険金を取得した場合においては、当該保険金受取人について、当該保険金のうち被相続人が負担した保険料の金額の当該契約に係る保険料で被相続人の死亡の時までに払い込まれたものの全額に対する割合に相当する部分

2 被相続人の死亡により相続人その他の者が当該被相続人に支給されるべきであった退職手当金、功労金その他これらに準ずる給与で被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものの支給を受けた場合においては、当該給与の支給を受けた者について、当該給与

3 相続開始の時において、まだ保険事故が発生していない生命保険契約で被相続人が保険料の全部または一部を負担し、かつ、被相続人以外の者が当該生命保険契約の契約者であるものがある場合においては、当該生命保険契約の契約者について、当該契約に関する権利のうち被相続人が負担した保険料の金額の当該契約に係る保険料で当該相続開始の時までに払い込まれたものの全額に対する割合に相当する部分

4 相続開始の時において、まだ定期金給付事由が発生していない定期金給付契約で被相続人が掛金または保険料の全部または一部を負担し、かつ、被相続人以外の者が当該定期金給付契約の契約者であるものがある場合においては、当該定期金給付契約の契約者について、当該契約に関する権利のうち被相続人が負担した掛金または保険料の金額の当該契約に係る掛金または保険料で当該相続開始の時までに払い込まれたものの全額に対する割合に相当する部分

5 定期金給付契約で定期金受取人に対しその生存中または一定期間にわたり定期金を給付し、かつ、その者が死亡したときはその死亡後遺族その他の者に対して定期金または一時金を給付するものに基づいて定期金受取人たる被相続人の死亡後相続人その他の者が定期金受取人または一時金受取人となった場合においては、当該定期金受取人または一時金受取人となった者について、当該定期金給付契約に関する権利のうち被相続人が負担した掛金または保険料の金額の当該契約に係る掛金または保険料で当該相続開始の時までに払い込まれたものの全額に対する割合に相当する部分

6 被相続人の死亡により相続人その他の者が定期金に関する権利で契約に基づくもの以外のものを取得した場合においては、当該定期金に関する権利を取得した者について、当該定期金に関する権利

引用:相続税法|e-Gov

ここで注目したいのが、みなし相続財産を規定しているのが『相続税法』であるという点です。

相続税法は、相続・贈与について公平で適正な納税を確保することを目的としています。

つまり、みなし相続財産は「相続税法上の考え方」なのです。

相続財産との違い

相続に関して定めているのは民法です。

民法は、相続について「なるべく公平な遺産分割が実現するように」という性格をもっているので、現金や預貯金、不動産などを対象としています。

みなし相続財産は相続税法上の考え方であり、その目的な公平・適正な納税です。

それぞれの目的が明確に異なるため、相続財産とみなし相続財産は対象となる範囲が異なっています。

みなし相続財産にあてはまるもの一覧

みなし相続財産にあてはまるのを挙げていきましょう。

  • 生命保険金

  • 被相続人の死亡前3年間で贈与された財産

  • 死亡退職金

  • 弔慰金

  • 定期金

  • 特別縁故者への分与財産

  • 公共法人等から受ける利益

  • 信託受益権

  • 債務の免除

生命保険金

被相続人が生命保険に加入しており、死亡によって遺族が死亡保険金を受け取った場合は、保険金がみなし相続財産となります。

保険金は「被相続人がもともと持っていた財産」ではないため相続財産とされませんが、遺産は小額でも多額の保険金を受け取るようなケースでは税の公平性が保たれません。

そのため、保険金はみなし相続財産となり、相続税の課税を受けることになります。

また、被相続人が保険料の負担者であり、かつ保険金の受取人である場合でも、保険金はみなし相続財産となって相続税が課税されます。

生命保険の被保険者と支払人が異なる場合

生命保険の対象となる被保険者が妻で、保険料を夫が支払っていたというケースも多いでしょう。

この場合、夫が死亡すると生命保険契約の権利はみなし相続財産となります。

生命保険契約に関する権利がみなし相続財産になった場合の課税評価額は、これまでに支払ってきた保険料ではなく、解約返戻金の金額です。

生命保険金の非課税額の計算方法

生命保険金の非課税額を算出するには、特殊な計算が必要です。

まずは「500万円×法定相続人の数」で非課税限度額を計算します。

そのうえで、次の数式をあてはめて、各相続人の非課税額が決定されます。

保険金の非課税限度額 × それぞれが受取った保険金 ÷ 全ての相続人が受取った保険金の総額(相続放棄した者は除く)= その相続人の非課税金額

たとえば、死亡保険金5,000万円の生命保険に加入している被相続人が亡くなったとします。

相続人は配偶者と子供で、受け取った金額はそれぞれ配偶者が3,000万円、子供が2,000万円です。

まず、非課税限度額は500万円×法定相続人2人なので1,000万円です。

これを、上の数式にあてはめて、妻と子供の非課税額を計算してみましょう。

【妻の非課税額】

非課税限度額1,000万円×受け取った保険金3,000万円÷保険金の総額5,000万円

=非課税額600万円

 

受け取った保険金3,000万円-妻の非課税額600万円

=2,400万円がみなし相続財産となり相続税が課税される

【子供の非課税額】

非課税限度額1,000万円×受け取った保険金2,000万円÷保険金の総額5,000万円

=非課税額400万円

 

受け取った保険金2,000万円-子供の非課税額400万円

=1,600万円がみなし相続財産となり相続税が課税される

死亡退職金

被相続人の死亡によって支払われた退職金などのうち、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定した手当はみなし相続財産になります。

ただし、死亡退職金には非課税枠が設けられています。

「500万円×法定相続人の数」を超えない場合は相続税が課税されません。

死亡退職金の額が非課税枠を超える場合は、次の数式をあてはめて税額を算出します。

相続人が受け取った退職手当金の金額 - 非課税限度額 ×(相続人が受け取った退職手当金の金額/全ての相続人が受け取った退職手当金の同合計金額)=相続人の課税される退職手当金の金額

詳しい計算方法や非課税枠の利用方法は、別の記事でさらに詳しく解説しています。

弔慰金

弔慰金とは、企業・団体などの雇用主が故人の功労に対して支給する金銭です。

勤続年数などの条件に従って、企業や団体が定めた金額が支給されます。

弔慰金のほか、雇用主からの花輪代や葬祭料は、名目にかかわらず一定額を超えると死亡退職金として扱われます。

弔慰金などが死亡退職金として扱われるのは、次の要件を満たした場合です。

被相続人の死亡が業務上の死亡であるとき

  → 被相続人の死亡当時の普通給与×3年分

被相続人の死亡が業務上の死亡ではないとき

  → 被相続人の死亡当時の普通給与×半年分

定期金

定期金とは、個人年金などのように定期的に支給されるものをいいます。

被相続人が個人年金の掛け金を支払っていて、年金の受取人が配偶者や子供になっていた場合は、年金もみなし相続財産です。

被相続人が死亡した時点でまだ年金の給付が決定されていない場合でも、相続税が課税されます。

特別縁故者への分与財産

身体の不自由な被相続人の世話をしていた知人などは、家庭裁判所への請求によって『特別縁故者』と認められれば遺産の分与を受けられます。

民法第958条の3(特別縁故者に対する相続財産の分与)

1 前条の場合において、相当と認めるときは、家庭裁判所は、被相続人と生計を同じくしていた者、被相続人の療養看護に努めた者その他被相続人と特別の縁故があった者の請求によって、これらの者に、清算後残存すべき相続財産の全部または一部を与えることができる。

2 前項の請求は、第958条の期間の満了後3箇月以内にしなければならない。

引用:民法|e-Gov

特別縁故者として財産分与を受けた場合の扱いは『遺贈』となり、みなし相続財産として相続税が課税されます。

なお、財産分与を受けた特別縁故者は、被相続人の配偶者・一親等の血族に該当しないので、相続税の2割加算を受けるという点には注意が必要です。

公共法人等から受ける利益

公益を目的とする法人に対して財産を遺贈した場合で、その法人が施設の利用や余裕金の運用について特定の者に特別の利益を与える法人であるときは、特別の利益を受けた者がその利益分の遺贈を受けたものとみなされます。

信託受益権

『信託』とは、遺産を信託銀行などに預けて管理・運用を任せることをいいます。

被相続人が信託し、その利益を相続人などが受け取る場合は、みなし相続財産として相続税の課税対象となります。

債務の免除

遺言によって、被相続人に対する借金が帳消しになった、あるいは遺産で第三者からの借金を肩代わりしてもらったというケースでは、免除された債務がみなし相続財産となります。

【参考】相続財産一覧

相続財産とは、被相続人が所有していた財産のなかでも、金銭による見積もりが可能で、経済的な価値をもつものすべてです。

ここでは、相続財産となるものを一覧で挙げましょう。

  • 土地

  • 家屋

  • 借地権

  • 株式

  • 預貯金

  • 現金

  • 貴金属

  • 宝石

  • 書画

  • 骨董品

  • 自動車

  • 電話加入権

  • 立木

  • 金銭債権

ここで挙げた財産の権利や義務は、相続や遺贈によって相続人や受遺者に継承されます。

現金や預貯金、土地・家屋といった目に見える財産だけでなく、借地権や電話加入権などの権利も相続財産に含まれることも覚えておきましょう。

また、借金や未払金といった債務も『マイナスの財産』として相続財産に含まれるという点には注意が必要です。

相続税がかからない財産一覧

相続・遺贈によって取得した財産には、原則として相続税が課税されます。

ただし、社会政策的な見地や国民感情を尊重するために、次に挙げる財産については相続税が課税されません。

宗教的な理由から礼拝に用いるもの

墓地・墓石・仏壇・仏具・そのほか神を祀る道具などで日常礼拝に使っているものを相続しても、相続税は課税されません。

自宅の庭に神事の祠などがあれば、その敷地も非課税となります。

ただし、骨董的な価値があるなど投資の対象になるものについては、相続税が課税される可能性があるので注意が必要です。

お悔やみにまつわるもの

故人の功労に対して支払われる弔慰金や、葬儀に際しての花輪代・葬祭料といったお悔やみにまつわる金銭は、一定の範囲内であれば相続税が課税されません。

業務上の死亡であれば普通給与の3年分、業務上の死亡でなければ普通給与の半年分を超えない限り非課税です。

生命保険・退職手当金の非課税枠

生命保険の死亡保険金や死亡退職金は、それぞれ「500万円×法定相続人の数」を超えない限り非課税財産となります。

損害賠償金

被相続人が事件や事故によって死亡した場合は、加害者から損害賠償金・慰謝料のほか、生存していれば得られていたはずの所得にあたる逸失利益の補償金などが支払われます。

これらは、死亡してしまった被相続人ではなく遺族に対して支払われるものなので、相続財産にはあたりません。

ただし、被相続人が死亡する前に損害賠償金を受け取ることが決まっていた場合は、損害賠償金を受け取る権利が相続財産となり、相続税が課税されます。

寄附金

相続した財産そのものを相続税の申告期限までに国や公共団体、公共法人に寄附した場合は、相続税が課税されません。

ただし、寄附金が非課税となるのは、次の条件を満たしている場合に限られます。

  • すでに設立されている公共法人である

  • 寄附を受けた公益法人はその財産を2年以内に公益事業に用いる

  • 上記の寄附をおこなった人やその親族の税金が不当に安くならない

みなし相続財産について知っておくべきこと

みなし相続財産の対象となれば、相続税が課税されます。

思いがけず相続税の課税対象になってしまうものもあるので注意が必要です。

みなし相続財産にあたる財産については、さらに次のようなポイントも知っておくべきでしょう。

みなし相続財産は相続放棄をしても課税される

みなし相続財産とは、契約などに基づく固有の権利を持つ人が、被相続人の死亡をきっかけに享受した、経済上の利益を相続財産と定義されています。

たとえば、相続人以外の人が保険金を取得した場合、遺贈で財産を取得したものとみなされ、相続税が課税されます。

ところが、相続を放棄して、本来の相続財産は取得していなくても、被相続人の死亡に起因する保険金などを受け取っている場合は、その保険金などを遺贈によって取得したものとみなされ、相続税が課税されることとなります。

保険料負担者によって税が異なる

被相続人が自ら契約し、掛け金も自分で負担して、保険金の受取人も自分自身に設定していた場合、保険金は被相続人の財産なので相続財産になります。

ただし、相続人が契約し、掛け金も相続人が負担していた場合、被保険者が被相続人であっても相続財産にはなりません。

少し難しいので「父親が亡くなって、妻と子供が相続人になる場合」を想定してパターンを比較しましょう。

掛け金の負担者

被保険者

保険金の受取人

課税される税金

父(被相続人)

父(被相続人)

妻・子供(相続人)

相続税

妻(相続人)

父(被相続人)

子供(相続人)

贈与税

妻(相続人)

父(被相続人)

妻(相続人)

所得税

生命保険の掛け金を誰が負担していたのか、誰が保険金を受け取るのかによって、課税される税金の種類は大きく変化します。

保険金を給付した保険会社からもアドバイスがもらえるはずなので、納税漏れがないように注意しましょう。

原則的に遺産分割の対象にはならない

みなし相続財産は相続税法上の考え方です。

「遺産は相続人の間で分割される」というのは民法の定めであり、相続税法は遺産分割を定めるものではありません。

みなし相続財産を相続した場合は相続税が課税されますが、民法上の相続財産ではないので遺産分割の対象とはなりません。

たとえば、死亡保険金は被相続人の死亡によって受取人に指定された人が獲得する固有の財産なので、相続人の間で分割する必要はないのです。

遺産分割に支障をきたす恐れがある

実際の遺産分割では、みなし相続財産の存在が相続人の間でトラブルの原因になるケースが少なくありません。

たとえば、長男には実家の土地建物を、次男には現金をのこしたいと考えた被相続人が、現金の代わりに生命保険の受取人として次男を指定したとします。

実際に相続が発生すると、長男は実家の土地建物を、次男は保険金を得ることになりますが、次男は民法上の相続財産がゼロの状態なので、保険金を受け取ったうえでさらに土地建物について遺留分の請求が可能です。

せっかくのこされた子孫のためにと遺産をのこしても、相続財産とみなし相続財産のバランスを考えていないと相続争いの原因になってしまいます。

トラブルを回避するためには、遺産分割に関する知識が必要なので、次の記事も参考にしながらしっかりと学習しておきましょう。

みなし相続財産は原則として遺留分算定の対象外

原則として、みなし相続財産は遺留分の対象外です。

被相続人を保険契約者及び被保険者とし,共同相続人の1人または一部の者を保険金受取人とする養老保険契約に基づき保険金受取人とされた相続人が取得する死亡保険金請求権は,民法903条1項に規定する遺贈又は贈与に係る財産には当たらないが,保険金の額,この額の遺産の総額に対する比率,保険金受取人である相続人および他の共同相続人と被相続人との関係,各相続人の生活実態等の諸般の事情を総合考慮して,保険金受取人である相続人とその他の共同相続人との間に生ずる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合には,同条の類推適用により,特別受益に準じて持戻しの対象となる。

引用:平成16年10月29日最高裁判決|裁判所

これは、死亡保険金の受け取りを『特別受益』として遺産分割に組み込むべきだと主張した原告の訴えが否定された事件の判決です。

みなし相続財産は遺留分の対象にならないという原則を示した有名な判例だといえます。

ただし、判示されているとおり、保険金の受取人となった相続人とほかの相続人との間に著しい不公平が生じた場合は「受取人固有の財産」と容認するわけにはいきません。

みなし相続財産は、原則として遺留分の対象にはならないものの、著しい不公平が生じていれば遺留分の対象になるため注意が必要です。

相続税額を抑えて相続税申告するなら、相続税専門の税理士に依頼

誰が相続税の申告をおこなっても、納める相続税額は同じ金額になると思っていませんか?

実は、その考えは間違っています。

税理士業務の中でも「相続税の申告」は非常に特殊なもので相続税の専門的な知識が求められます。税理士ごとに、計算される相続税額が異なることも少なくないのです。

ここでは、「相続税専門」の税理士に依頼することが相続税を抑えることにつながる理由について紹介します。

税理士にも得意分野がある

医者に外科や内科などの専門分野があるように、税理士にも専門分野があります。

税理士になるには、『所得税法』『法人税法』『相続税法』『消費税法又は酒税法』『国税徴収法』『住民税又は事業税』『固定資産税』のうち、所得税法と法人税法を含む3つの科目に合格することが求められます。

つまり、相続税について勉強せず税理士になった人も数多くいるのです。

一般的な税理士の仕事は法人税や所得税の申告です。

全国の年間の相続税申告件数は約10万件なのに対し、税理士は約8万人存在しています。

つまり、税理士一人あたりの相続税の申告件数は年間で1~2件程度が実状です。

全国に企業が400万社以上あることからも、いかに相続税の申告業務が稀であるか理解できるでしょう。

そのため、相続税の申告を数多くこなしている税理士は少なく、専門的に扱っていない税理士に依頼すると、本来払わずに済んだ税金を支払う事態になりかねません。

相続税を抑えるために必要なこと

相続税を抑えるためには、相続財産(特に土地や家屋)を正しく評価することや、特例・各種控除などを適用させることが必要不可欠です。

相続税の金額を正しく計算するには、もとになる遺産の価値を正しく評価する必要があります。

預金や株式といった金銭価値がはっきりしているものであれば問題ありませんが、土地や家屋、さらに車などの一般動産や家財一式などの評価は難しく、税理士や税務署によって解釈が異なることもあり、遺産の価値を過大に評価してしまうこともあるのです。

また、相続税額を抑えるには控除や特例を利用することが不可欠ですが、適用条件が複雑なこともあり、適用できるのに気づかなかったり、適用できるかどうかの判断が困難であったりする場合もあります。

さらに、本来の金額よりも少ない金額を誤って申告してしまうと、税務調査がおこなわれ、延滞税や加算税などの追微課税が発生し、本来よりも高い税金を納めなければならないといった事態になりかねないのです。

相続税の申告は『相続税専門」税理士に依頼

あなた自身や経験の少ない税理士では、正しく申告するのが困難な場合もあるでしょう。

そのため当サイト編集部では、相続税を専門に取り扱う税理士に依頼することを強く推奨しています。

相続でお悩みの方に、相続税に特化した「高い専門性」と、ワンストップ対応でアフターフォローも充実した「依頼のしやすさ」を併せ持つ税理士を紹介したい。

そんな思いで全国の税理士事務所を編集部が探した結果、2つの条件を満たすのが「税理士法人チェスター」でした。

税理士法人チェスターは、年間に1,000件以上の相続税申告を行っている「相続税の申告」に特化した税理士事務所です。

初回の電話相談や面会相談も無料で、税務調査が入った場合のアフターフォローにも5年間対応します。

さらに、1次相続や2次相続までを考慮し、どのように遺産を配分すれば相続税を抑えられるかについて、最適な分割プランを提案します。

2008年から開業したノウハウを駆使し、土地や家屋などの不動産も正しく評価。控除や特例も適切に利用し、できる限り相続税額を抑える申告を目指しています。

さらに、一般的な税務調査率が10%なのに対し、税理士法人チェスターでは書面添付制度の活用により1%以下にまで抑えています。

修正申告が必要だった場合、延滞税や加算税を支払わなければならず、追加での納税が必要になってしまいます。税務調査を受ける確率や、追微課税を支払う可能性もぐっと抑えられるのです。

依頼した場合は税理士報酬を支払う必要はありますが、それを上回って相続税額を抑えられることも少なくありませんし、ご自身での申告書作成から申告までの一連の手間や税務調査に対処する手間も省けます。

以下に当てはまる方はまずは問合せてみましょう。

  • 相続税の申告をする必要がある方

  • 適正な範囲内で相続税の申告額を抑えたい方

  • 相続税の申告期限が迫っている方

  • 「相続税についてのお知らせ」「相続税の申告等」等の案内が届いた方

  • とりあえず近所の税理士に相談しようとしている方

まとめ

民法上の相続財産にあたらないものでも、相続税法上の『みなし相続財産』に該当するものには相続税が課税されるため注意が必要です。

みなし相続財産の種類や仕組み、非課税枠を正しく理解できていれば、相続税の課税を回避できるだけでなく特定の相続人に対して有利な遺産相続も可能になります。

一方で、みなし相続財産についての知識を持たないまま、相続財産とみなし相続財産を混同して遺産をのこしてしまうと、相続人の間で争いに発展してしまうおそれもあります。

みなし相続財産についての悩みは相続問題の解決が得意な弁護士に、相続税に関する悩みは相続税申告の実績が豊富な税理士に相談しましょう。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
弁護士法人本江法律事務所
本江 嘉将 (福岡県弁護士会)
【初回相談無料・各種相談(電話・オンライン)対応可】経験豊富な弁護士が迅速かつ丁寧に事件を解決してまいります。遺産分割、相続、債権回収、債務整理等あらゆるご相談に応じます。まずはお気軽にご連絡下さい。

遺産分割に関する新着コラム

遺産分割に関する人気コラム

遺産分割の関連コラム

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
遺産分割

遺産分割をもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal
Sidebar writer recruit