ホーム > 相続コラム > 生前贈与 > 生前贈与のメリット・デメリット|相続との違いをわかりやすく解説
公開日:2020.1.31  更新日:2021.2.5

生前贈与のメリット・デメリット|相続との違いをわかりやすく解説

川崎相続遺言法律事務所
関口 英紀 弁護士
監修記事
%e7%94%9f%e5%89%8d%e8%b4%88%e4%b8%8e
注目 相続に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
相続が得意な
弁護士から探せる
相続問題が得意な
弁護士を探す

生前贈与(せいぜんぞうよとは、その名のとおり『生きている間に財産を誰かに贈る』法律行為です。贈与は基本的にいつでも・誰でもできます。

この記事では、生前贈与のメリットとデメリットを中心に、相続と生前贈与の関係などについてもご紹介します。

生前贈与に関するご不明点は弁護士にご相談ください

生前贈与を行う際、①贈与税と相続税の節税額はどこになるのか。②遺産分割トラブルになるリスクは何かを把握する。③贈与契約書を作成するなど、注意すべき点が多くあります。特に「贈与したつもりになっていた」というケースも多く、相続開始時にトラブルになる可能性もあるため、相続トラブルの解決が得意な、弁護士へ事前に相談することをおすすめします。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

生前贈与のメリットとデメリット

生前贈与は手軽に利用できますが、デメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。

まずは生前贈与のメリットとデメリットを整理しましょう。

メリット|贈与税の節税が見込める場合がある

生前贈与が得する場合とは、節税効果が見込める場合です。

暦年贈与と相続時清算課税制度

贈与税の課税システムは『暦年贈与』と『相続時精算課税制度』に分けられますが、暦年贈与を選択すれば1年あたり110万円まで贈与税は発生しません。相続時精算課税制度を選択すると、対象の相手からの贈与は累計2,500万円まで贈与税が課税されなくなります(これを超えると一律20%の贈与税がかかります)。

住宅取得等資金や教育資金一括贈与特例などが使える

2015(平成27)年以降は、直系尊属(祖父母や父母)から20歳以上の直系卑属(子や孫)への贈与について『特例税率』という通常の贈与税よりも低い税率が設定されていますし、住宅取得等資金の特例や教育資金一括贈与特例など多くの特例措置がありますから、これをうまく活用すれば節税することが可能です。

贈与する相手は自由に選べる

加えて、生前贈与をはじめとする贈与行為は、贈与者が相手を自由に選択できるので、特定の財産を確実に指名した相手へ承継したい場合には非常にメリットが大きいといえます。

相続でも、遺言書を作成することによって、ある程度はこの希望を反映させることができますが、せっかく作った遺言書に不備があれば内容が実現できないおそれがありますし、場合によっては相続争いに発展してしまう可能性もあります。

したがって、節税効果を期待できる場合があること、及び特定財産の確実な承継ができる点が、生前贈与の大きなメリットといえます。

デメリット|税金の発生

税金が高くなる場合がある

生前贈与のデメリットは、高い贈与税を支払う可能性があること、贈与税以外にも税金がかかるケースが多いという点にあります。

特に土地・建物といった不動産の場合には、贈与の際に名義変更(登記)を行うのが一般的ですが、不動産の登記手数料と登録免許税・不動産取得税などの費用が発生します。

不動産の贈与だと余計に発生する

相続による名義変更なら登録免許税0.4%・不動産取得税なしに対し、登録免許税や不動産取得税に限れば、通常の贈与だとそれぞれ評価額の2%~3%ほどが課されてしまうので、不動産の生前贈与には余分な費用がかかると言えます。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

生前贈与と相続の違い

生前贈与は相続と深い関係があります。というのも、贈与税も相続税も同じ『相続税法』という法律で規定されているうえ、一定の生前贈与は相続の『遺産分割(ないし各相続人の相続分)』や『遺留分』といった部分で考慮されることになるからです。

生前贈与と相続は以下の点で違いがありますが、いずれにしても税金の手続きは必要です。

生前贈与

 

相続

贈与者の生存中

行われる時期

被相続人の死後

贈与者と贈与者が決めた相手

対象になる人(当事者)

被相続人の相続人と受遺者

贈与税

課税される税金

相続税

贈与を受けた人

課税される人

相続人・受遺者

贈与の翌年の2月1日~3月15日

税金の手続き時期

被相続人の死後10ヶ月以内

注目】相続問題でお悩みの方へ

相続問題を弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。まずは【弁護士の無料相談】を活用し、今後の対策を考えてみましょう。

生前贈与できる財産と生前贈与のやり方まとめ

生前贈与ができる財産は、現金や預貯金、土地・建物(不動産)、有価証券(株式)、宝石や絵画等の動産など、実にさまざまな種類があります。現金などを後々使える形で贈与しておきたい場合には、生命保険契約を利用した生前贈与なども人気を集めています。

生前贈与のやり方は贈与する財産によって少しずつ異なりますが、基本的には『贈与契約書を作ること』、『税金の手続きを忘れないこと』が大切です。

贈与契約書を作ることで後々の親族間トラブルを防ぐこともできますし、税務調査が入った場合の安心感も大きくなります。

贈与契約書は簡単なものでも作っておくのがおすすめなので、以下のひな型を参考に作成してみてください。2通作成し、割印をして各自が1通ずつ保管するとよいでしょう。

贈与契約書

贈与者○○は、受贈者△△に、以下の財産を贈与する。

1.現金 □□円

2.土地 (※登記簿の物件番号が分かれば併記してもよいでしょう)

所在 ○○○○

地番 ○○

地目 ○○

地積 ○○

平成○年○月〇日

贈与者 住所 

    氏名 ○○ 印

受贈者 住所

    氏名 △△ 印

【関連記事】

相続税対策のための生前贈与まとめ3選|生前贈与するときの注意点

贈与税を非課税にするための特例と利用時の注意点まとめ

贈与契約書とは|贈与契約書の書き方と贈与を行う際の3つのポイント

まとめ

生前贈与に限らず、誰かに財産を贈ったり譲ったりする行為には税金が発生します。生前贈与をうまく使えば節税も可能ですのでこの機会に生前贈与もぜひ検討してみてください。

本記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

注目】相続問題でお悩みの方へ

相続問題を弁護士に相談することで、それまで悩んでいたことがすぐに解決できる可能性も高いです。まずは【弁護士の無料相談】を活用し、今後の対策を考えてみましょう。

遺産相続に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
川崎相続遺言法律事務所
関口 英紀 弁護士 (神奈川県弁護士会)
遺産分割など揉めやすい問題の交渉、調停、訴訟から、生前の相続対策として遺言や家族信託の活用についてまで幅広く対応。相談者の事情に合わせたオーダーメイドの解決を目指しており、多くの実績がある。

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。

当サイトでは、無料相談(一部)を行っている弁護士事務所を数多く掲載しています。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
生前贈与

生前贈与についてもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal
Sidebar writer recruit