> 
 > 
 > 
「相続させたくない相続人」がいる時に使える4つの遺産を渡さない対策
2017年11月14日

「相続させたくない相続人」がいる時に使える4つの遺産を渡さない対策

Quarrel-01

相続が得意な弁護士が悩みを一発解決▶︎無料相談する

 

「親にお金ばかり使わせているニートな兄には絶対に遺産を渡したくない」

「前妻の子に財産を相続させない方法はないの?」

 

家庭環境によって、特定の誰かに遺産財産を渡したくないという人は多いです。

 

別に憎いという訳ではないけど、相続させたら遺産が無駄遣いになる・今まで関わりがなかった子供に財産を残したくないなど、お金をできるなら渡したくないケースはありますよね。

 

ここでは、特定の相続人に財産を相続させない方法遺留分を渡したくない時にできる方法などなど4つの対策についてお伝えしていきますので、遺産相続させないヒントになれば幸いです。

 

相続させたくない方への対処法
相続が得意な弁護士への相談で解決できます

当サイト『厳選 相続弁護士ナビ』は
相続争いの解決を得意とする弁護士のみを掲載
しております。

事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、
電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。


通話料無料
▶︎相続の紛争解決を得意とする弁護士一覧

 

 

  目次
相続させたくないからといって相続権を一方的に奪うことはできない
特定の相続人に遺産を渡しくない時にできる4つの対策
①遺贈か死因贈与で相続させない
②遺言で相続させない
③相続人を廃除して相続させない
④欠格者には相続させない
まとめ

 

相続させたくないからといって相続権を一方的に奪うことはできない

そもそも民法には法定相続人は全員平等であり、同じ相続権を持っていると定められていますが、この原則をそのまま受け入れてしまうと不平等が起きることがあります。なぜなら、被相続人がおこなっていた家業を継ぐ人や家を支えてきた人と、家や家族を省みず好き勝手に外でやっていた人が全く同じ相続権を持ってしまうからです。

被相続人が生きている間に虐待や侮辱を行うなど相続人としてふさわしくない行為をしていた人であっても、他の相続人と等しい権利が付与される可能性があります。

さらに、被相続人が配偶者と子供だけに相続財産を与えたいと希望していても、民法の規定によって被相続人の兄弟姉妹にも相続財産の一部が相続されてしまうのです。

このような状況があるものの、相続制度自体には、被相続人の意志を尊重する側面がありながらも、相続人の生活保障という目的も持ち合わせているため、被相続人が勝手に相続人に付与される相続権を剥奪することは原則として簡単ではありません。

しかし、この制度を守った上で条件によっては相続させたくない相続人の所有している相続権を取り上げることができる可能性のある方法を4つご紹介します。
 

特定の相続人に遺産を渡しくない時にできる4つの対策

遺産相続は「争族」とも書く、一族同士の争いとも言われますが、出来ればこんな手段など取らずに済む事を願っています。
 

①遺贈か死因贈与で相続させない

遺贈や死因贈与などの贈与によってすべての相続財産を他人に贈与すると、相続できる相続財産がなくなるため相続させたい人に相続財産が渡らないようにすることが可能です。

ただし、この方法では、子供などが持つ遺留分の限度額の問題があり、子供からこの遺留分を「遺留分減殺請求」されてしまうと、最低限の相続がなされてしまうことになります。

遺留分の割合は、相続人が直系尊属のみの場合は3分の1であり、その他のケースでは2分の1となります。つまりこのケースでは、相続財産を贈与や寄付によって処分しても、遺留分減殺請求権を持つ相続人に対しては、定められた割合の金銭を支払う可能性があることを知っておきましょう。

遺留分の割合や遺留分減殺請求に関する詳しい内容は「遺留分と遺留分減殺請求の全て」をご覧下さい。
 

②遺言で相続させない

被相続人の子供が複数人いるケースや配偶者が生きているケースでは、遺言によって相続する金品の割合を指定することができます。相続財産を承継させたくない相手には、相続をしない・相続分はゼロだと指定することが可能です。

この方法は、遺留分を請求する権利を持っていない被相続人の兄弟姉妹に対しては有効で、相続財産を兄弟姉妹以外に承継することや、兄弟姉妹には相続しないと書き残しておくと、その人達の相続権を奪うことができます。

しかし、「①遺贈か死因贈与で相続させない」と同様に、被相続人の配偶者・直系尊属・直系卑属にあたる相続人へ付与されている遺留分を侵害することはできません。

被相続人の子供達が遺留分を受け取る権利を持っていることは少し調べれば誰でも知ることができるため、相続財産を受け取れなかった子供が遺留分減殺請求をおこなうことは確実だと考えておくと良いでしょう。

ここでおすすめする方法は、遺留分の請求をされないために、遺留分に相当する金額の金品を遺言によって該当する相続人に残すと指定することです。法律によって遺留分減殺請求権が付与されている相続人に、相続財産を一切与えないことは簡単ではありません。

そのため、遺言によって遺留分の金額に見合う最低金額の相続を保証しておくのです。状況によっては苦肉の策となりえますが、本来の相続額と比べると遺留分のほうが低い金額となるため、少しでも相続させたくない場合にはこの方法が有効だといえます。

遺言書には他にもいくつかの効力を発揮する場面がありますので、「遺言書について絶対に知っておくべき9つのコト」も併せてご覧下さい。
 

③相続人を廃除して相続させない

相続財産を承継させたくない相続人の相続権を奪ってしまう制度を、相続権の廃除といいます。相続権の廃除は、相続人の相続権を強制的に喪失させる強力な方法であるため、推定相続人が以下のような条件を満たしていなければ利用することができません。

①:被相続人に対する一方的な虐待や重大な侮辱を加えたとき
②:著しい非行があったとき

 
このような要件を満たす推定相続人がいるケースであれば、相続権の廃除をできる可能性があります。ここでの推定相続人の行為は、単純に犯罪を犯したという程度ではなく、被相続人の財産・精神などに害を及ぼす行為でなければなりません。

相続権の廃除をおこなうには、生前に家庭裁判所へ審判も申立てる方法と、遺言によって書き残した後に遺言執行者によって申立てを行う方法があります。申し立てによって審判もしくは調停が行われ、相続権の廃除が認められるか否かの結果が言い渡されるのです。

例外的に推定相続人の相続権を廃除することが家庭裁判所で認められたものの、代襲相続によってその効果がなくなってしまう可能性があります。

相続権の廃除によって該当する相続人の相続の権利は喪失しますが、その権利は代襲相続され相続権を廃除された相続人の子供に受け継がれてしまうのです。つまり、せっかく相続させたくない相続人の権利を廃除しても、その子供が相続を受けてしまうと、被相続人が望んでいる効果が薄れてしまう可能性があります。

代襲相続に関しては「代襲相続で知っておくべき全情報」を相続人の廃除に関しては「法定相続人になれない「相続欠格」と「相続人廃除」」をご覧下さい。


通話料無料
▶︎相続の紛争解決を得意とする弁護士一覧

 

 

④欠格者には相続させない

相続欠格制度とは、相続開始後の相続人に明らかな犯罪行為があった場合に、該当者の相続権を喪失させることです。この状況で相続権を失った相続人を欠格者といいます。

③相続人を廃除して相続させない」との違いは、廃除の場合は被相続人の意思によって相続権を剥奪することになりますが、欠格者の場合は被相続人の意志は関係なく当然の結果として相続権を剥奪する点です。

以下のような民法に定められている相続欠格事由に該当する行為をした相続人は相続権が自動的に剥奪されます。

  1. 故意に被相続人や先順位・同順位の相続人を殺害、または殺害しようとして刑を受けた者

  2. 被相続人が殺害されたことを知ったうえで、告訴や告発をしなかった者

  3. 詐欺や強迫により、被相続人の遺言作成・取り消し・変更を妨げた者

  4. 詐欺や強迫により、被相続人の遺言作成・取り消し・変更をさせた者

  5. 被相続人の遺言を偽装・破棄・変造・隠匿した者

 
このような行為があった場合、相続権の廃除とは異なり家庭裁判所による審判や調停手続きは必要とせず、該当者は自動的に相続権を失う相続権の欠格者となるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

それぞれの家族関係によって、相続財産を渡したくない相手がいることはしょうがないことではあります。

しかし、相続権を奪う行為はその相続人にとっては非常に重要なことであり、相続人の将来や他の相続人との関係を悪くしてしまう可能性もあるため、十分に考えたうえで決断するといいでしょう。


通話料無料
▶︎相続の紛争解決を得意とする弁護士一覧

 

現在の遺産相続の割合や分割協議に不満がある、納得がいかないという方は相続が得意な弁護士への相談をオススメします

もし、あなたが下記のようなお悩みがあれば、弁護士への相談を強くオススメします。

・もっと遺産を貰って当然だと思う
・遺産の分け方を兄弟で争っている
・遺言書の内容が真実か確かめたい
・自分勝手な相続人が居て困っている
・侵害された遺留分を取り返したい



大きな金額が動く遺産相続では、今まで仲の良かった兄弟でも争いに発展することが多くあります。仲が良くなければ尚更争いが起こる可能性は高いでしょう。

当事者同士が感情的になってしまうと解決は絶望的です。まずは弁護士に相談して解決の糸口を見つけましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal