ホーム > 相続コラム > 相続放棄 > 相続放棄の必要書類すべて|ケース別の一覧表と提出方法を解説
公開日:2020.1.8  更新日:2022.9.13

相続放棄の必要書類すべて|ケース別の一覧表と提出方法を解説

みおつくし法律事務所
宮本 督
監修記事
Souzoku 7
注目 相続放棄に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
相続放棄が得意な
弁護士から探せる
相続放棄が得意な
弁護士を探す

相続放棄とは、「被相続人が保有する全ての財産・借金を相続しない」という手続きのことです。

相続放棄するためには、必要書類を作成・準備して、所轄の家庭裁判所に提出しなければいけません。裁判所で手続きせず、他の相続人に相続放棄をすることを伝えただけで相続放棄が完了したと誤解されている方がいますが、この点は注意が必要です。

また、相続放棄は、相続人個人が単独で行うことができます。したがって、長男は相続をするが、次男は相続放棄をするといったことも可能です。

被相続人との続柄によって準備すべき書類は異なります。以下は、相続人ごとの必要書類をまとめたものです。

相続放棄の必要書類

書類ごとに入手方法は異なり、なかには手数料がかかるものもあります。相続放棄には期限が定められているため、この記事で書類収集のポイントを押さえて、迅速に済ませましょう。

この記事では、相続放棄の必要書類や注意点、弁護士に相談するメリットなどを解説します。相続放棄を考えている方は、参考にしてください。

遺産分割のお悩みは弁護士への無料相談がおすすめです

​遺産相続について親族間に不満や納得のいかない事があるなら遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談をおすすめします。

  • 遺産分割協議が円滑に進む
  • 弁護士が代理人となり、他の相続人と直接話をしなくても済むようになる
  • 相続財産の分け方について適切なアドバイスが得られる
  • 遺留分を侵害された場合、遺留分相当の財産を取り戻すことができる
  • 相続する財産や相続人の調査を任せることができる
  • 遺産分割を進める際に自分の希望を反映させることができる など

当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。電話での無料相談面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずはお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

遺産分割が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?
この記事に記載の情報は2022年09月13日時点のものです
目次

相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類

相続放棄では、全ての相続人が用意しなければならない書類と、相続人によっては用意しなければならない書類の2種類あります。

まずは、全ての相続人が共通して用意しなければならない書類について解説します。

(1) 相続放棄申述書

相続放棄申述書とは、被相続人・申述人(相続放棄する方)の住所・氏名や、相続放棄の理由などの必要事項を記載した書類のことです。全国の家庭裁判所に書式が置いてありますが、「裁判所ホームページ」からダウンロードすることもできます。

相続放棄申述書には、署名や押印(認印でOK)をし、生年月日や被相続人との続柄、相続が開始したことを知った日なども書きます。本籍地については戸籍謄本、住所については住民票に記載されているものを記載します。

相続放棄申述書を作成する際、特に「申述の理由」は相続放棄の審査において重要視されます。選択式なので、最も近い理由を選びましょう。

申述人と被相続人との関係性によっても異なりますが、「相続が開始したことを知った日」が被相続人の死亡日とあまりにも離れていると、なぜすぐに知ることができなかったのかを裁判所から聞かれる場合もあります。

(2) 被相続人の住民票除票(または戸籍附票)

住民票除票とは、転出や死亡等によって除かれた住民票のことです。戸籍附票とは、その戸籍が作られてから(またはその戸籍に入籍してから)除籍されるまでの住所が記録された書類を指します。

住民票除票は被相続人が亡くなった時に住民登録をしていた役所で、戸籍附票は被相続人の本籍地の役所で取得できます。郵送でも取得できるので、もし遠方の場合は管轄の役所に問い合わせましょう。

(3) 申述人(相続放棄する方)の戸籍謄本

戸籍謄本(戸籍全部事項証明書と呼ばれることもあります。)とは、戸籍に記録されている事項を証明する書類のことです。申述人の戸籍がある本籍地の役所でしか取得できず、もし本籍地と居住地が異なる場合、居住地の市区町村役場では入手できません。取得時は、1通450円程度の手数料がかかることもあります。

(4) 収入印紙(800円)

収入印紙とは、印紙税などのような税金・手数料を支払うために発行される証票です。相続放棄では、申述人1人につき800円分の印紙を納付する必要があります。

収入印紙は、郵便局や一部のコンビニエンスストアなどで購入できます。

(5) 切手(80円を5枚程度)

相続放棄が受理されると、裁判所から申述人に「相続放棄申述受理通知書」という書類が送付されます。この通知書等を裁判所から申述人に郵送するために、事前に切手を同封する必要があります。

400~500円分の切手を納付するのが一般的ですが、各家庭裁判所で必要な金額が異なるため、事前に家庭裁判所に問い合わせた方がスムーズです。切手は、相続放棄の手続きが終了した時点で余っていれば、裁判所から返還されます。

配偶者が相続放棄の際に用意しなければならない必要書類

被相続人の配偶者が相続放棄する場合、「相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類」の(1)~(5)に加えて、「被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本」も必要になります。

被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本

配偶者であれば被相続人と同じ戸籍に載っているため、通常は、「相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類」の⑶申述人の戸籍謄本1通のみを提出すれば足ります。但し、被相続人の死亡の記載は、事前に被相続人の死亡届が受理されていなければ記載されません。

子・孫が相続放棄の際に用意しなければならない必要書類

被相続人の子・孫が相続放棄する場合、「相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類」の(1)~(5)に加えて、下記の書類が必要になります。

被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本

配偶者の場合と同様、被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本が必要です。被相続人の本籍地の役所で取得する必要があります。

但し、申述人が未婚で、被相続人と同一の戸籍に記載されている場合は、被相続人の死亡のある戸籍謄本は、「相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類」の⑶申述人の戸籍謄本を提出すれば足ります。

被代襲者(被相続人の子)の死亡記載のある戸籍謄本(孫が相続放棄する場合)

被相続人の子どもは相続人となりますが、被相続人が死亡した時点で子どもが亡くなっており、その子どもに子(被相続人からみた孫)がいる場合は、孫が相続人となります(これを代襲相続といい、被相続人の子どもを被代襲者、その子(被相続人からみた孫)を代襲者といいます。)。

被相続人の孫(代襲者)が相続放棄する場合は、被代襲者が亡くなっていることが分かる書類として、「被代襲者の死亡記載のある戸籍謄本」も提出しなければいけません。なお、こちらも事前に死亡届を提出して受理されている必要があります。

親・祖父母が相続放棄の際に用意しなければならない必要書類

被相続人に子や孫がいない場合や、これらの者が全員相続放棄をした場合は、被相続人の親(親が亡くなっている場合は存命の祖父母)が相続人となります。被相続人の親や祖父母が相続を希望しない場合も、相続放棄の手続きが必要となります。

その際は、「相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類」の(1)~(5)に加えて、以下の書類を集める必要があります(但し、被相続人の子や孫が相続放棄をした場合、その際に提出した書類と重複するものについては提出不要となる場合があります。)。

被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本

親や祖父母が相続放棄する場合、被相続人に子や孫がいないことを確認するため、「被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本」を提出しなければいけません。

上記のとおり、戸籍は本籍地の役所で取り寄せる必要がありますが、結婚した場合や、本籍地を変更した場合は新しく戸籍が作成されるため、各本籍地の役所から戸籍を取り寄せなければなりません。1か所からの取り寄せで足りる場合もありますが、被相続人が何度も転籍している場合には、各役所に問い合わせが必要となります。

手続きを円滑に進めるためにも、被相続人の過去の本籍地が分かっている場合は、直近の戸籍と並行して取り寄せることをおすすめします。

被相続人の過去の本籍地が分からない場合は、直近の戸籍の戸籍事項欄等を見て、従前の本籍地がどこであるかを確認する必要があります。

被相続人の子・孫が亡くなっている場合は、その子・孫のの出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本

被相続人の子や孫が亡くなっている場合は、「被相続人の子・孫の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本」も必要です。被相続人の子や孫の本籍地の役所に問い合わせれば取得できます。

被相続人の親(父・母)の死亡記載のある戸籍謄本(祖父母が相続放棄する場合)

被相続人が亡くなった時点で被相続人の親が死亡している場合、被相続人の祖父母が相続人となります。被相続人の祖父母が相続放棄するためには、「被相続人の親(父・母)の死亡記載のある戸籍謄本」が必要になります。こちらも被相続人の親の本籍地の役所にて取得できます。

兄弟姉妹・甥姪が相続放棄の際に用意しなければならない必要書類

被相続人の兄弟姉妹・甥・姪は、被相続人に子や孫、親、祖父母がおらず、又はこれらの者が全て相続放棄をした場合に相続人となります。

相続放棄するためには、「相続放棄で必ず用意しなければならない必要書類」の(1)~(5)に加えて、以下の書類を集める必要があります(但し、子らが既に相続放棄をしている場合、その際に提出した書類と重複するものについては提出不要となる場合があります。)。

  • 被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本
  • 被相続人の子・孫が亡くなっている場合は、その子・孫の出生時から死亡時までの全ての戸籍謄本
  • 被相続人の親(父・母、祖父母)の死亡記載のある戸籍謄本(親の生年月日から祖父母が亡くなっていることが明らかであれば、祖父母の戸籍謄本は不要となる場合があります。)

兄弟姉妹の死亡の記載のある戸籍謄本(被相続人の兄弟も死亡している場合)

「子・孫が相続放棄の際に用意しなければならない必要書類」で解説した通り、被相続人の子どもが死亡している場合、孫が代襲相続人となります。それと同じように、被相続人の兄弟姉妹が相続人になるケースで、すでに兄弟姉妹が死亡している場合、被相続人の甥・姪(兄弟姉妹の子)が相続人となります(甥・姪も死亡している場合、甥・姪の子が相続人となることは基本的にありません。)。

被相続人の甥・姪が相続放棄する際は、「兄弟姉妹・甥姪が相続放棄の際に用意しなければならない必要書類」で解説した書類に加えて、「兄弟姉妹の死亡の記載のある戸籍謄本」も集めなければいけません。

相続放棄が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

相続放棄の必要書類の提出方法

相続放棄の書類は、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に提出します。提出方法は以下の通りで、どちらを選択しても構いません。

  • 家庭裁判所へ出向いて書類を提出する
  • 家庭裁判所へ郵便で送付する

裁判所によっては提出する書類が変わることもありますので、管轄の家庭裁判所(「各地の裁判所|裁判所」より調べることができます。)にて事前に確認しておいた方が確実でしょう。

【関連記事】相続放棄とは?期限や手続き方法と7つの注意点を解説

相続放棄の期限

相続放棄には期限があり(熟慮期間)、期限内に書類を準備し、裁判所への提出を済ませなければいけません。また、なかには相続放棄が受理されないケースもあり、あわせて確認しておきましょう。

相続放棄の期限

相続放棄は、相続が開始したことを知った時から3ヵ月以内に済ませなければいけません(民法第915条1項)。期限内に相続放棄をしないと、相続をしたものとみなされ、被相続人の財産や借金を相続することになってしまいます(単純承認)。

「相続が開始したことを知った時」というのは、被相続人が死亡し、かつ申述人自らが相続人であることを知った時です。

被相続人が死亡した後は、死亡診断書・死体検案書などが作成され、役所に死亡届を提出します。それと並行して、財産目録を作成するための調査などもおこなわなければならず、忙しないスケジュールになるでしょう。

気が付いたら3ヵ月を経過していた、ということがないように注意しなければなりません。

なお、弁護士であれば、役所に提出する書類の収集から裁判所への提出手続きまで、一括して依頼することが可能です。期限内に手続きを終えられるか不安な方は、早い段階で弁護士に相談しておくことをおすすめします。

期限内でも相続放棄できないケースもある

相続放棄の期限を過ぎてしまった場合だけでなく、以下のような行為をした場合も、相続放棄を認めてもらえない恐れがあります。

  • 被相続人宛ての請求書が来ていたので被相続人の財産で支払ってしまった
  • 被相続人が所有する家財等を自分のものにした
  • 不動産(持ち家など)の取り壊し・売却等をおこなった
  • 被相続人名義の預貯金を引き出し使ってしまった など

上記のような行為は、本来相続をした者しかできない行為であるため、これらの行為を行うと、相続をしたものとみなされることがあります(法定単純承認)。単純承認が成立すると、相続放棄はできなくなります。

相続放棄の相談を弁護士にした方がよいケース

被相続人が死亡した場合、死亡診断書の提出や、葬式の手配など、やらなければならないことが沢山あります。そのような状況の中で、被相続人の財産を把握し、相続放棄をすべきかを判断した上で、必要書類を集めて相続放棄の手続きを行うのは非常に大変です。

慣れない相続手続きに不安を感じている方は、弁護士によるアドバイス・サポートを受けることをおすすめします。特に、以下のようなケースでは、弁護士への相談が効果的です。

被相続人が借金を残していて、取り立てに苦しんでいる場合

被相続人に借金がある場合、債権者から激しい取り立てにあって苦しむこともあるでしょう。なかには、相続放棄の手続きを進めているにもかかわらず、取り立てが止まないというケースもあるようです。

弁護士に依頼した場合、弁護士から債権者に対して、以後の窓口は弁護士になる旨を連絡します。したがって、それ以降は、債権者から相続人に対する問い合わせや請求などがストップするのが通常です。

時間的に余裕がない場合

「相続放棄の期限まであと少ししかない」というような場合、家庭裁判所に申請することで期限延長が認められることもあります。

所轄の家庭裁判所に問い合わせをしながら自力で進めることも可能ですが、弁護士に依頼すれば代わりに対応してくれます。相続放棄の期限が迫っており、自力での対応に限界を感じている方は、速やかに弁護士に相談した方がよいでしょう。

形式的には相続放棄できない場合

「相続放棄の期限を過ぎてしまった」「相続財産を処分してしまい、単純承認が成立してしまった」という場合、基本的に相続放棄は認められません。しかし、「相続放棄の期限後に借金の存在を知った場合」など、特別な事情がある場合は相続放棄が受理されることもあります。

弁護士に相談すれば、十分なヒアリングがおこなわれたのち、法的な見地から状況を分析して、相続放棄が認められるかどうかの見通しを立ててくれます。相続放棄できるのかどうか不安な方も、まずは相談してみましょう。

相続放棄では迅速な行動が大切

相続放棄するためには、3ヶ月以内に相続放棄申述書や戸籍謄本などの準備を済ませなければいけません。場合によっては、いくつもの役所を回らなければならないこともあるでしょう。

「確実に相続放棄の手続きを進められるか不安」「そもそも相続放棄が認められるのかどうか分からない」という方は、弁護士によるアドバイス・サポートを受けた方が良いでしょう。

無料相談をおこなっている事務所も多数ありますので、迷っている方もとりあえず話を聞いてみることをおすすめします。

遺産分割のお悩みは弁護士への無料相談がおすすめです

​遺産相続について親族間に不満や納得のいかない事があるなら遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談をおすすめします。

  • 遺産分割協議が円滑に進む
  • 弁護士が代理人となり、他の相続人と直接話をしなくても済むようになる
  • 相続財産の分け方について適切なアドバイスが得られる
  • 遺留分を侵害された場合、遺留分相当の財産を取り戻すことができる
  • 相続する財産や相続人の調査を任せることができる
  • 遺産分割を進める際に自分の希望を反映させることができる など

当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。電話での無料相談面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずはお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

遺産分割が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
京都
Office info 202104191817 37581 w220 虎ノ門法律経済事務所新宿支店

実績多数|取り分で紛争になりやすい【遺産分割・遺留分】はご相談ください。生前対策などにも幅広く対応!創立48年の実績とノウハウ|関係にも配慮し穏便な解決を目指します【他士業連携による一括サポート】

事務所詳細を見る
Office info 202003191314 10771 w220 シャローム法律事務所

【弁護士歴15年の弁護士が在籍】【休日相談|調布駅から徒歩3分】【遺産分割/遺産の取り分に納得できない方】不当な遺産分割の請求を受けている方、ご相談下さい。当事務所が正当な利益をお守り致します。

事務所詳細を見る
Office info 202005191848 28581 w220 弁護士大村隆平(雨宮眞也法律事務所所属)

●過去に解決した相続事件は150件以上●相続事件に専念し(相続事件以外は扱っておりません)、相続事件の対応には自信あり●経験(知識)と若さ(親しみやすさ)を両立させている点が弁護士大村の強みです

事務所詳細を見る
Office info 1901 w220 【不動産の分け方で揉めたら】アトラス総合法律事務所

●神田駅2分●初回面談無料●夜間・休日の面談可●宅建士資格所有:不動産の相続/遺産の分割/遺言書を巡る問題/複雑な案件であっても、他士業と連携しスムーズに一括解決!《これまでの実績は写真をクリック!》

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用をカバーする保険「ベンナビ弁護士保険」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
みおつくし法律事務所
宮本 督 (第二東京弁護士会)
相続争いだけではなく相続人や隠し財産の調査、遺産の使い込みがないかの確認など、相続手続代行を一貫して対応しています。電話やビデオ電話で依頼でき来所不要ですので、地域問わず全国からご相談いただけます。

相続放棄に関する新着コラム

相続放棄に関する人気コラム

相続放棄の関連コラム

相続放棄をご検討中なら弁護士への相談がオススメです

相続放棄を行うなら、相続が始まってから3ヶ月以内に必要書類を揃えて裁判所へ申し立てする必要があります。

3ヵ月以内に確実に相続放棄を行うなら、弁護士に手続き代行の依頼がオススメです。

相続放棄の主な目的は負債からの解放ですが、弁護士に依頼することで、債権者からの問い合わせや請求対応も自分でしなくてよくなります。

・相続放棄に必要な書類の準備がわからない
・相続放棄を本当にすべきかどうかの判断がつかない
・債権者に対して相続放棄の主張をしたい
・相続放棄の注意点のアドバイスがもらえる など

​上記のようなお悩みを抱えているなら弁護士へ相談することで解決できるかもしれません。

当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。

電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずは​下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
相続放棄

相続放棄をもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal Category jigyoushoukei normal
Sidebar writer recruit