ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ) > 相続コラム > 相続放棄 > 相続放棄の費用相場|自分で手続きと弁護士に依頼、どちらがおすすめ?
更新日:

相続放棄の費用相場|自分で手続きと弁護士に依頼、どちらがおすすめ?

リフト法律事務所
川村 勝之 弁護士
監修記事
%e6%96%b0%e8%a6%8f%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88 %284%29
注目 相続放棄に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
相続放棄が得意な
弁護士から探せる
相続放棄が得意な
弁護士を探す

相続放棄でかかる費用は自分で手続きをおこなう場合、司法書士・弁護士に依頼する場合でそれぞれ違います。

自分で手続きをすると、場合によっては専門家に依頼をした時の約10分の1で済むこともあります。

今回は、以下3つのケースについて、相続放棄でかかる費用を解説します。

  • 自分で手続きした場合の費用
  • 司法書士・弁護士に依頼をした場合の費用
  • 専門家に依頼をするべきケース

相続放棄で何より気をつけないといけないことは、相続放棄の手続きには「自己のために相続があったことを知ってから3ヵ月以内」という期限があることです(民法915条第1項)。

必要書類を全て準備して書類が集められる方であれば、自分で相続放棄の手続きをすることも可能ですが、書類を集められない方や、書類を集める手間を任せたい方、時間に追われている方は、専門家に依頼をしたほうがスムーズな手続きができるのでおすすめです。

相続放棄の費用が心配なあなたへ

相続放棄を検討していても、どれくらい費用がかかるの?自分で手続きするのと弁護士に依頼するのはどっちが安いの?と費用面で悩んでいませんか。

 

結論からいうと相続放棄でかかる費用は弁護士の無料相談で知ることができます。依頼するか決めていなくても、まずは相談してみることが、あなたの悩みを解決することにつながるでしょう。

 

弁護士へ相談することで、以下のようなメリットを得られます。

  • 相続放棄でかかる費用を教えてもらえる
  • 弁護士に依頼すべきかどうか判断できる
  • そもそも相続放棄すべきか相談に乗ってもらえる
  • 相続放棄の手続きについて教えてもらえる

当サイトでは、相続問題を得意とする弁護士を地域別で検索することができます。 無料相談はもちろん、電話で相談が可能な弁護士も多数掲載していますので、まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ相続で
相続放棄に強い弁護士を探す

 相続放棄の手続き費用と専門家への依頼料

相続放棄にかかる費用一覧

自分で手続き

約3,000~約5,000円

司法書士に依頼

約3万円

弁護士に依頼

約5万円以上

相続放棄でかかる費用は、弁護士や司法書士に依頼をする場合と自分でおこなう場合で、それぞれ相場が異なります。

まずは、相続放棄でかかる費用がいくらになるのかを確認していきましょう。

自分で相続放棄手続きをおこなう際にかかる費用は3,000~5,000円程度

相続放棄の手続きを自分でおこなう場合にかかる費用の目安は、相続人1人につき3,000円~5,000円程度です。

費用の主な内訳は、相続放棄の申述書に添付する印紙代と戸籍等の書類の取り寄せ費用です。

取り寄せ先の役所によっては取り寄せ費用が異なる場合がありますが、そこまで大きな金額差はないので、1人3,000円程度と思っておいてよいでしょう。

詳しい費用の内訳は以下のとおりです。

相続放棄の手続きでかかる費用の内訳

相続放棄の申述書に添付する印紙代

800円(申述人1人)

郵便切手

500円程度(家庭裁判所によって異なる)

被相続人の住民票除票又は戸籍附票

300円程度(市区町村によって異なる)

被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

750円

※上記の費用は最低限かかる費用です。事情によっては資料の追加提出が必要となります。

相続放棄手続きの流れ

自分で相続手続きをおこなう場合は、相続放棄手続きの流れを確認しておきましょう。

相続放棄の手続きの流れは、以下のとおりです。

相続放棄手続きの流れ
  1. 相続人調査と財産調査をおこなう
  2. 相続放棄に必要な書類と費用を準備する
  3. 家庭裁判所へ相続放棄に必要な書類を提出して、手続きをする
  4. 家庭裁判所から照会書が届くので記入して、家庭裁判所に返送する
  5. 相続放棄が認められれば、家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が届く

司法書士に相続放棄手続きを依頼した場合の費用は約3万円

司法書士に相続放棄の代理を依頼する場合、相続放棄の期限である「3ヵ月前なのか」それとも「3ヵ月が過ぎたあとなのか」で費用が変わることがあります。

相続放棄期限の3ヵ月前を過ぎていない場合

相続放棄の手続き期限をまだ過ぎていない場合にかかる司法書士費用は、以下のとおりです。

【期限内】相続放棄を司法書士に依頼した場合にかかる費用

相談料

0~5,000円/60分あたり

申述書作成代理費用

3,000~6,000円程度(戸籍謄本取得・実費含む)

代理手数料

20,000~30,000円程度

相続放棄期限の3ヵ月を過ぎている場合

相続放棄の手続き期限を過ぎている場合にかかる司法書士費用は、以下のとおりです。

【期限後】相続放棄を司法書士に依頼した場合にかかる費用

相談料

0~5,000円/60分あたり

申述書作成代理費用

3,000~6,000円程度(戸籍謄本取得・実費含む)

代理手数料

30,000~50,000円程度

なお、金額はあくまで目安なので、詳しくは司法書士事務所に問い合わせてみましょう。

弁護士に相続放棄手続きを依頼するなら費用は5万円以上

相続放棄を弁護士に依頼をしたときにかかる費用は、5万円以上かかることが多い傾向にあります。費用の内訳は以下のとおりです。

相続放棄を弁護士に依頼した場合にかかる費用

相談料

0~10,000円/60分あたり

申述書作成代理費用

5,000~10,000円程度(戸籍謄本取得・実費含む)

代理手数料

50,000~100,000円程度

成功報酬

なし

上記はあくまで目安であり、法律事務所によって費用は異なります。

費用はほかの専門家と比べると高めですが、弁護士なら相続放棄の手続きを確実に進めてもらえるうえ、相続放棄後のトラブル防止などの相談にも乗ってもらえます。

初回無料で相談できる弁護士も多いので、まずは相談してみることをおすすめします。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ相続で
相続放棄に強い弁護士を探す

弁護士・司法書士費用を安くしたいなら法テラスを利用する

弁護士・司法書士費用を安く抑える方法には、法テラスの民事法律扶助制度を利用してみるのもひとつの方法です。内容にもよりますが、場合によっては費用が半額程度に抑えられるケースもあります。

相続放棄に関する弁護士・司法書士費用を一括で支払えない方は、分割払いで費用を支払うことのできる事務所を選ぶことも検討してみてください。

民事法律扶助業務とは、経済的に余裕がない方が法的トラブルにあった時に、無料で法律相談を行い(「法律相談援助」)、弁護士・司法書士の費用の立替えを行う(「代理援助」「書類作成援助」)業務です。
引用元:法テラス

相続放棄はどの専門家に相談すべき?

相続放棄の手続きは自分でもおこなえますが、中には弁護士や司法書士に依頼したほうがよいケースもあります。

専門家によって、相続放棄に関する業務範囲が異なるため、「どこまでサポートしてほしいか」や相続手続きの状況によって、どちらに相談するべきかを決めるとよいでしょう。

専門家ごとの相続放棄業務の違い

弁護士

司法書士

相続放棄手続きの代理

 

弁護士が代理人として裁判所への申立や連絡をおこないます。

 

債権者からの問い合わせがあった際「弁護士に問い合わせてほしい」と対応してもらうことが可能です。

 

万が一相続放棄が認められなかったときは弁護士にその通知があり、期限内(2週間)以内に不服申立(即時抗告)手続きをします。

書類の作成

 

裁判所への提出は本人がおこない、裁判所からの通知や電話も本人に対してなされます。

相続放棄が認められなかった際の通知も本人に対してなされますので、不服申立期限(2週間以内)までに抗告申立書を用意して、自分で提出する必要があります。

弁護士|相続人間に争いがあるときや相続放棄以外も相談したいとき

相続放棄を弁護士に相談すべき人
  • 相続放棄について相続人間で揉めている
  • 相続放棄以外にも相続問題を抱えている
  • 相続放棄をめぐってトラブルになる可能性がある

相続財産の中に借金があったり、相続人の間で何らかのトラブルが起きているようなケースでは、弁護士への相談をおすすめします。相続財産の中に多額の借金があった場合、債権者から執拗な催促がなされる可能性もあります。

万が一、闇金などからお金を借りていた場合、弁護士が間に入ることで取り立てを辞めさせる対応等をすることができるので、精神的なストレスから解放されるというメリットは大きいでしょう。

これらの点は、司法書士の場合は代理権の制限があるため、司法書士ではなく弁護士に依頼したほうがよいです。

司法書士|書類の収集・作成のみサポートしてほしいとき

相続放棄を司法書士に相談すべき人
  • 相続人同士での揉め事はなく、今後揉めることもなさそう
  • 書類の収集や作成だけサポートしてほしい
  • 相続放棄にあまり費用はかけたくない

法律的な争いや、相続人同士のトラブルもなく、債権者から借金の取り立てもさほど厳しくないのであれば、費用を安くするために弁護士に依頼せずに、司法書士に依頼することもひとつの選択肢です。

相続放棄の手続きのために書類を用意したり、相続放棄の申述書を書いたりするのが手間や面倒な場合は、弁護士や司法書士に依頼することで全ての作業を任せることができます。

さいごに|相続放棄の手続きが不安なら弁護士へ無料相談を

相続放棄が認められなかった場合、多額の債務を負ってしまうリスクもあります。

専門家の費用を安くすることを考えるより、適切で確実な相続放棄ができるよう、自分の置かれている状況と照らし合わせて、最適な専門家を選ぶことをおすすめします。

相続放棄の費用が心配なあなたへ

相続放棄を検討していても、どれくらい費用がかかるの?自分で手続きするのと弁護士に依頼するのはどっちが安いの?と費用面で悩んでいませんか。

 

結論からいうと相続放棄でかかる費用は弁護士の無料相談で知ることができます。依頼するか決めていなくても、まずは相談してみることが、あなたの悩みを解決することにつながるでしょう。

 

弁護士へ相談することで、以下のようなメリットを得られます。

  • 相続放棄でかかる費用を教えてもらえる
  • 弁護士に依頼すべきかどうか判断できる
  • そもそも相続放棄すべきか相談に乗ってもらえる
  • 相続放棄の手続きについて教えてもらえる

当サイトでは、相続問題を得意とする弁護士を地域別で検索することができます。 無料相談はもちろん、電話で相談が可能な弁護士も多数掲載していますので、まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ相続で
相続放棄に強い弁護士を探す

SNSで記事をシェアする

この記事の監修者
リフト法律事務所
川村 勝之 弁護士 (千葉県弁護士会)
相談者に選択肢を提示し、最も理想に近い解決法を共に考えることを心がけており、コミュニケーションの取りやすさに定評あり。税理士・司法書士・公認会計士などの他士業と連携したトータルサポートも魅力。
ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)編集部
編集部

本記事はベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

相続放棄に関する人気コラム

相続放棄に関する新着コラム

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal Category jigyoushoukei normal
弁護士の方はこちら