ホーム > 相続コラム > 遺産分割 > 遺産分割のやり直しに時効はあるの?|やり直せる場合や注意点などを解説
弁護士の方はこちら
公開日:2023.1.23  更新日:2023.1.24

遺産分割のやり直しに時効はあるの?|やり直せる場合や注意点などを解説

ゆら総合法律事務所
阿部 由羅
監修記事
Pixta 48454217 m %281%29
注目 遺産分割に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
遺産分割が得意な
弁護士から探せる
遺産分割が得意な
弁護士を探す

遺産分割のやり直しは、相続人の合意がある場合や、無効事由・取消事由がある場合に認められます。

遺産分割のやり直しに時効はありませんが、やり直す際には税務上の取り扱いに注意が必要です。

予期せぬトラブルを避けるためには、税理士と連携している弁護士に相談することをおすすめいたします。

今回は、遺産分割のやり直しに関する時効の有無、やり直しが認められる場合や注意点などを解説します。

遺産分割のお悩みは弁護士への無料相談がおすすめです

​遺産相続について親族間に不満や納得のいかない事があるなら遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談をおすすめします。

  • 遺産分割協議が円滑に進む
  • 弁護士が代理人となり、他の相続人と直接話をしなくても済むようになる
  • 相続財産の分け方について適切なアドバイスが得られる
  • 遺留分を侵害された場合、遺留分相当の財産を取り戻すことができる
  • 相続する財産や相続人の調査を任せることができる
  • 遺産分割を進める際に自分の希望を反映させることができる など

当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。電話での無料相談面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずはお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

遺産分割が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

目次

遺産分割のやり直しに時効はあるのか?

遺産分割のやり直しに時効はありませんが、遺産分割をやり直せる場合は限られています。

また、2023年4月からは改正民法が施行され、相続開始から10年が経過すると、原則として特別受益・寄与分は主張できなくなる点に注意してください。

遺産分割のやり直しに時効はない|ただしやり直せる場合は限られている

遺産分割のやり直しに時効はありません。やり直すなら早いに越したことはありませんが、時間が経ってからでも遺産分割をやり直すことはできます。

ただし、遺産分割は相続人全員の合意によっておこなわれ、各相続人に対して拘束力を持ちます。そのため、いつでも遺産分割をやり直せるわけではなく、やり直しが認められる場合は限られる点に注意しましょう。

【2023年4月施行】相続開始から10年が経過すると、特別受益・寄与分は主張できなくなる

遺産分割をやり直せるとしても、2023年4月1日から施行される改正民法の影響に注意が必要です。

改正民法904条の3に基づき、相続開始から10年が経過すると、遺産分割の際に原則として特別受益・寄与分を主張できなくなります。

用語解説
特別受益
相続人が被相続人から特別に受けた遺贈・贈与。原則として、特別受益のある相続人の相続分は減り、それ以外の相続人の相続分は増える。
寄与分
事業への協力や介護などにより、相続財産の維持・増加に貢献した相続人に認められる。寄与分のある相続人の相続分は増え、それ以外の相続人の相続分は減る。

(期間経過後の遺産の分割における相続分)

第九百四条の三 前三条の規定は、相続開始の時から十年を経過した後にする遺産の分割については、適用しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。

一 相続開始の時から十年を経過する前に、相続人が家庭裁判所に遺産の分割の請求をしたとき。

二 相続開始の時から始まる十年の期間の満了前六箇月以内の間に、遺産の分割を請求することができないやむを得ない事由が相続人にあった場合において、その事由が消滅した時から六箇月を経過する前に、当該相続人が家庭裁判所に遺産の分割の請求をしたとき。

引用元:改正民法904条の3

上記のルールは、施行日の2023年4月1日より前に開始した相続にも適用されます。ただし、施行日の段階で相続開始から5年が経過している場合には、施行日から5年経過以降に上記のルールが適用されます。

(例)

2017年4月1日に被相続人が死亡(相続開始)

→特別受益・寄与分を主張できなくなるのは、2028年4月1日以降

時間が経ってから遺産分割をやり直す際には、上記のルールが適用され、特別受益・寄与分を主張できなくなる可能性がある点に注意してください。

遺産分割をやり直せる場合の例

遺産分割をやり直すことができるのは、相続人全員の合意がある場合のほか、遺産分割の手続きに法的な問題があった場合です。具体的には、以下の例が挙げられます。

  • 相続人全員の合意がある場合
  • 一部の相続人が不参加だった場合
  • 一部の相続人に意思能力がなかった場合
  • 未成年者の相続人について、特別代理人の選任を怠った場合
  • 重要な錯誤があった場合
  • 騙されて遺産分割に同意した場合(詐欺)
  • 脅されて遺産分割に同意した場合(強迫)

相続人全員の合意がある場合

相続人の全員が、すでに成立している遺産分割協議の一部を合意により解除し、改めて遺産分割協議をすることは可能と解されています(最高裁昭和53年2月17日判決)。

したがって、相続人全員の合意がある場合には、遺産分割をやり直すことが可能です。

 一部の相続人が不参加だった場合

遺産分割は、必ず相続人全員が参加しておこなわなければなりません。相続財産は相続人全員の共有であり(民法898条)、その処分には共有者である相続人全員の同意を要するためです(民法251条)。

したがって、一部の相続人が参加せずにおこなわれた遺産分割は無効であり、遺産分割のやり直しが必要となります。なお、遺言書で包括受遺者※が指定されている場合において、包括受遺者が参加せずにおこなわれた遺産分割も無効です。

用語解説
包括受遺者
遺産を具体的に指定せず、割合のみを指定されて遺贈を受けた者。

一部の相続人に意思能力がなかった場合

相続人が遺産分割について同意を与えるためには、意思能力※を有していなければなりません(民法3条の2)。

用語解説
意思能力
法律行為の結果を認識・判断できる精神能力。

遺産分割協議書の締結当時、意思能力を有しない相続人については、成年後見人を選任して遺産分割に参加させる必要があります。

意思能力を有しない相続人が自ら参加しておこなわれた遺産分割は、不参加の相続人がいた場合と同様に無効です。

未成年者の相続人について、特別代理人の選任を怠った場合

相続人が未成年者の場合、原則として法定代理人が代わりに遺産分割に参加します。

しかし、未成年者が相続人となる場合は、その法定代理人(親)も同じく相続人であるケースが多いです。この場合は利益相反関係が生じるため、未成年者のために特別代理人を選任しなければなりません(民法826条1項)。

特別代理人を選任せず、法定代理人が未成年者に代わって同意を与えた遺産分割は無効です。

重要な錯誤があった場合

遺産分割の内容について重大な認識違い(錯誤)をしていた場合、相続人が遺産分割に同意する意思表示を取り消すことができます(民法95条1項)。

たとえば、当時は把握していなかった重要な遺産が後から見つかった場合には、遺産の内容について重要な錯誤があったものとして、遺産分割の取り消しが認められる可能性があります。

動機部分について錯誤があった場合(例:価値が高いと思っていた不動産の価値が、実際には思ったよりも低かった)にも、錯誤取り消しが認められることがありますが、他の相続人に対してその動機を表示していたことが必要です(同条2項)。

騙されて遺産分割に同意した場合(詐欺)

他の相続人に騙されて遺産分割に同意した場合、詐欺に基づいて同意の意思表示を取り消すことができます(民法96条1項)。

また、詐欺を行ったのが相続人以外の第三者である場合にも、遺産分割の詐欺取り消しが認められることがあります。ただし、相続人が詐欺の事実を知り、または知ることができたことが必要です(同条2項)。

なお、詐欺取り消しは善意無過失の第三者に対抗できません(同条3項)。したがって、遺産分割された財産を転得した第三者が、詐欺の事実について善意無過失である場合には、当該財産の返還請求は認められません。

脅されて遺産分割に同意した場合(強迫)

他人に脅されて遺産分割に同意した場合、強迫に基づいて同意の意思表示を取り消すことができます(民法96条1項)。

詐欺取り消しとは異なり、強迫を行ったのが相続人以外の第三者であっても、強迫取り消しは特に要件の限定なく認められます。ただし、強迫の事実について善意無過失の第三者に対しては、詐欺同様に取り消しを対抗できません。

遺産分割をやり直す際の注意点

遺産分割をやり直す際には、税金について注意すべきポイントがあります。具体的には、以下の取り扱いにご注意ください。

  • 合意による再分割の場合、贈与税・譲渡所得税が課税される
  • 無効・取り消しによる再分割の場合、相続税額の修正が発生することがある
  • 登録免許税が別途発生する
  • 不動産取得税は発生しない

合意による再分割の場合、贈与税・譲渡所得税が課税される

相続人全員の合意によって遺産分割をやり直す場合、税法上は相続ではなく、相続人間で新たに財産を移転したものと取り扱われます(相続税基本通達19の2-8)。

したがってこの場合、新たに遺産を取得する相続人においては贈与税が、遺産を手放す相続人においては譲渡所得税が課税される可能性があります。特に遺産が高額に及ぶ場合、贈与税・譲渡所得税が高額になるケースが多いので要注意です。

無効・取り消しによる再分割の場合、相続税額の修正が発生することがある

遺産分割の無効または取り消しにより再分割の場合、やり直しに伴って贈与税・譲渡所得税が課されることはありません。ただし、すでに相続税申告が済んでいる場合には、遺産分割のやり直しによって相続税額の修正が発生することがあります。

遺産分割のやり直しによって取得する遺産が減った相続人は、再分割が完了した日の翌日から起算して2か月以内に、税務署長に対して更正の請求をおこなうことができます(国税通則法23条2項)。更正の請求が認められれば、当該相続人に課される相続税額は減ります。

その一方で、更正の請求によって相続税額が減った相続人がいる場合、相続する遺産が増えた相続人が納付すべき相続税額は増えます。この場合、更正の請求の期限までに、相続税の修正申告または期限後申告をおこなわなければなりません。

修正申告または期限後申告を怠ると、延滞税や加算税が課されるので要注意です。

なお、更正の請求がおこなわれなかった場合には、それに伴う修正申告または期限後申告は必要ありません。

登録免許税が別途発生する

遺産分割のやり直しに伴って不動産を再移転する場合、法務局に登記申請をおこなう際、改めて登録免許税を納付する必要があります。

合意による再分割の場合も、無効・取り消しによる再分割の場合も、登録免許税の納付が必要となる点にご注意ください。

不動産取得税は発生しない

遺産分割をやり直す際には、登録免許税とは異なり、不動産取得税は課税されません。

相続による不動産の取得に対しては、不動産取得税が非課税とされています(地方税法73条の7第1号)。遺産分割をやり直した場合についても、当該遺産分割による不動産の取得は、相続による取得として不動産取得税が非課税となります(最高裁昭和62年1月22日判決)。

遺産分割のやり直しについて弁護士に相談するメリット

遺産分割のやり直しについては、法律・税金について多数の注意点があるため、弁護士への相談をおすすめします。

遺産分割のやり直しについて、弁護士に相談する主なメリットは以下のとおりです。

  • 適切な分割方法についてアドバイスを受けられる
  • 遺産分割のやり直しに特有の注意点がわかる
  • 再びトラブルが発生しないように、整った遺産分割協議書を作成してもらえる
  • 遺産分割調停・審判の手続きを一任できる
  • 税理士と連携|税務上のアドバイスも受けられる

遺産分割が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

適切な分割方法についてアドバイスを受けられる

遺産分割をおこなう際には、各相続人の希望や家庭の事情などを踏まえて、総合的に望ましい分割方法を検討しなければなりません。この点は、遺産分割をやり直す場合にも同様です。

弁護士に相談すれば、個々の事情を十分に汲み取った上で、適切な分割方法について具体的なアドバイスをもらえるでしょう。

遺産分割のやり直しに特有の注意点がわかる

遺産分割のやり直しには、無効・取消事由の該当性や税法上の取り扱いなど、通常の遺産分割にはない特有の注意点があります。

弁護士に相談すれば、遺産分割のやり直しをおこなうに当たり、注意すべきポイントについてアドバイスを受けられるので安心です。

再びトラブルが発生しないように、整った遺産分割協議書を作成してもらえる

遺産分割をやり直すことになった場合、二度目・三度目のやり直しが発生することは避けなければなりません。そのためには、遺産分割の方法を慎重に検討することに加えて、合意内容をきちんと遺産分割協議書にまとめることが大切です。

弁護士に依頼すれば、再び遺産分割トラブルが発生することのないように、内容・形式の整った遺産分割協議書を作成してもらえます。

遺産分割調停・審判の手続きを一任できる

遺産分割のやり直しが発生するようなケースでは、相続人間で激しい対立が生じていることが多いです。その場合、遺産分割協議をまとめることができず、家庭裁判所の調停・審判に発展する可能性があります。

遺産分割調停・審判は、家庭裁判所でおこなわれる専門的な手続きであり、一般の方が自力で対応するのは非常に大変です。弁護士に依頼すれば、遺産分割調停・審判の対応を一任でき、煩雑な手続きにもスムーズに対応してもらえます。

税理士と連携|税務上のアドバイスも受けられる

遺産分割をやり直す場合、税金の取り扱いには特に注意が必要です。税法の規定は非常に複雑であるため、税理士のアドバイスを受けることをおすすめします。

弁護士が相続案件を受任した際には、税理士と連携して対応をおこなうのが一般的です。税理士と連携している弁護士に相談すれば、遺産分割のやり直しに特有の税法上の論点についてもワンストップで相談できます。

遺産分割のやり直しを依頼する弁護士を選ぶ際には、税理士との連携状況にも注目するとよいでしょう。

まとめ|遺産分割のやり直しを弁護士に相談するなら「相続弁護士ナビ」

遺産分割のやり直しに時効はありませんが、やり直しが認められる場合は限られています。遺産分割のやり直しを主張したい場合は、その主張が法律上認められるか、現実的にやり直しが可能かどうかなどを慎重にご検討ください。

遺産分割のやり直しに関しては、法律・税金に関する注意点が多数存在します。スムーズに遺産分割をやり直すためには、事前に弁護士へ相談しましょう。

「相続弁護士ナビ」を利用すれば、相談内容や地域に応じて弁護士を検索できます。遺産分割のやり直しについて、無料相談を受け付けている弁護士も多数掲載されており、電話やメールで直接問い合わせが可能です。税理士との連携状況などについても、サイト上で確認できるようになっています。

特に、相談できる弁護士に心当たりがない方には、「相続弁護士ナビ」はたいへん便利なツールです。遺産分割のやり直しを求めたい場合は、「相続弁護士ナビ」を活用して、信頼できる弁護士を見つけてください。

遺産分割のお悩みは弁護士への無料相談がおすすめです

​遺産相続について親族間に不満や納得のいかない事があるなら遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談をおすすめします。

  • 遺産分割協議が円滑に進む
  • 弁護士が代理人となり、他の相続人と直接話をしなくても済むようになる
  • 相続財産の分け方について適切なアドバイスが得られる
  • 遺留分を侵害された場合、遺留分相当の財産を取り戻すことができる
  • 相続する財産や相続人の調査を任せることができる
  • 遺産分割を進める際に自分の希望を反映させることができる など

当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。電話での無料相談面談による相談を無料にしている事務所もあります。

まずはお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

遺産分割が得意な弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道  |  青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島

関東

東京  |  神奈川  |  埼玉  |  千葉  |  茨城  |  群馬  |  栃木

北陸・甲信越

山梨  |  新潟  |  長野  |  富山  |  石川  |  福井

東海

愛知  |  岐阜  |  静岡  |  三重

関西

大阪  |  兵庫  |  京都  |  滋賀  |  奈良  |  和歌山

中国・四国

鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知

九州・沖縄

福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄

東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
京都
Office info 3581 w220 終活弁護士 武内優宏 (法律事務所アルシエン)

●豊富な実績で安心●書籍執筆実績多数!●相続問題は『終活弁護士』武内にお任せを!遺言に納得いかない/遺産の分割で揉めているなど、他の相続人の感情面も踏まえサポート!《解決事例掲載中!詳細は写真をクリック

事務所詳細を見る
Office info 202212161022 72971 w220 弁護士法人オールニーズ法律事務所 東京上野オフィス

初回相談無料】【事前予約で休日・夜間も相談OK】遺産分割/遺留分/遺産の使い込み/遺言無効など 幅広い相続のご相談に対応可能◎経験豊富な弁護士があなたのお気持ちに寄り添い解決を目指します【他士業連携有

事務所詳細を見る
Office info 202012211109 31411 w220 日本橋神田法律事務所

【アクセス良好◆相続問題で紛争発生した方へ◆税理士・司法書士との連携アリ】関係性がこじれてしまう相続の問題は、親族間で紛争発生後すぐに弁護士を介入させることをお勧めいたします|駅から徒歩3分

事務所詳細を見る
Office info 202107151047 27421 w220 弁護士 福原 玲央(虎ノ門法律経済事務所 新宿支店)

実績多数|解決事例はページ内で【認知症対策・家族信託】など生前対策にも注力!創立48年の実績とノウハウで幅広い相続問題に対応。関係にも配慮し穏便な解決を目指します●他士業連携で一括サポート可

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用をカバーする保険「ベンナビ弁護士保険」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

無料で資料ダウンロード
弁護士費用を負担してくれる
弁護士保険で法律トラブルに備える
弁護士保険に関する資料のお届け先
氏名
必須
フリガナ
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
この記事の監修者
ゆら総合法律事務所
阿部 由羅 (第二東京弁護士会)
不動産・金融・中小企業向けをはじめとした契約法務を得意としている。その他、一般民事から企業法務まで幅広く取り扱う。

遺産分割に関する新着コラム

遺産分割に関する人気コラム

遺産分割の関連コラム

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。

当サイトでは、無料相談(一部)を行っている弁護士事務所を数多く掲載しています。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
遺産分割

遺産分割をもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal Category jigyoushoukei normal
Sidebar writer recruit