> 
 > 
 > 
養子縁組の子供には相続権あり|養子が受け取れる相続分はどのくらい?
2017年11月16日

養子縁組の子供には相続権あり|養子が受け取れる相続分はどのくらい?

Pixta_26832388_s

記事を読むのが面倒な方は直接弁護士に質問してみよう!

相続が得意な弁護士が悩みを一発解決▶︎弁護士を探す

「親が死亡したけど養子の兄が相続する財産はどのくらいになるの」

「節税対策で養子縁組(血のつながりがない人を自分の子供にすること)を組みたい」

 

など、養子が自分たち(実の息子・娘)よりどのくらいの財産をもらえるのか相続税対策で養子縁組を組みたい人がこのページを開いているのではないでしょうか。

 

ここでは、

 

  • 養子がもらえる財産はどの程度なのか
  • 養子縁組を組めばどのくらい相続税対策できるのか
  • 養子縁組が財産を相続する時に発生する問題

 

などをお伝えし、養子縁組に関するメリットや疑問を1つ1つ払拭させていきます。

 

養子が絡む遺産相続の問題は
弁護士への相談で解決できます

養子が絡む遺産相続が起きた場合、弁護士に相談する事で下記のような問題を解決できます。

・養子への遺産分配が多すぎる
・他所の子供に遺産を渡したくない
・養子がいようと遺産分割は平等に行いたい
・遺産分割を行う際にトラブルになっている など

 
上記のようなお悩みは弁護士への相談で解決できるかもしれません。当サイト『厳選 相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士のみを掲載しております。
 
事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

  目次
養子にした子の相続と養子の2つのタイプ
普通養子の相続
特別養子の相続
養子と代襲相続
養子縁組による相続税の問題
養子縁組によるメリット
養子縁組によるデメリット
相続税法上の養子縁組には制限がある
養子縁組による相続上の効果とは?
孫を養子にする場合
配偶者の連れ子を養子にする場合
子の配偶者を養子にする場合
甥や姪、親戚や知人を養子にする場合
まとめ

養子にした子の相続と養子の2つのタイプ

養子縁組は相続税の節税対策としても活用される制度ですが、有効な養子縁組には「当事者間の縁組意思」が必要とされており、節税目的での養子縁組の法的正当性が争われるケースもありました。

 

ところが、平成29年1月に最高裁が示した判断によれば、『専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合であっても、直ちに当該養子縁組について民法802条1項にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」に当たるとすることはできない』(最判平成29年1月31日)という、“縁組の意思”についての広い解釈が明らかになりましたから、今後更に養子縁組への関心が高まることも予想されます。

 

そこで、まずは養子縁組についての基本的な知識をご紹介いたします。
 

普通養子の相続

一般的に「養子」と呼ばれるのは、「普通養子」のことだと考えてよいでしょう。普通養子は、民法792条から817条に要件や効果が定められており、具体的には以下のような要件を満たすことによって有効に成立します。

養子になる条件 条件の意味

①双方に縁組意思があり、それが合致していること

当事者に養子縁組をして親子と認められる関係を成立させようとする意思があること。

②縁組ができない場合に該当しないこと

792条以下の「縁組ができない場合」に該当しないこと。

  • 養親が成年に達していること(婚姻による成年擬制も含む)
  • 養子が養親の直系尊属または年長者でないこと
  • 後見人が被後見人を養子とする場合で、家庭裁判所の許可を得ていること
  • 配偶者のある人が未成年者を養子とする場合は、他方配偶者の同意を得て夫婦が揃って養親となること
  • 15歳未満の子を養子とする場合に、その法定代理人の承諾を得ており、父母以外が法定代理人の場合はその子の父母の同意を得ていること
  • 未成年者を養子とする場合に、家庭裁判所の許可を得ていること

③縁組の届出がなされていること

戸籍法の定めに基づいて、養子縁組の届出がなされていること。

 

普通養子縁組が成立すると、養子は養親の実子と同じ権利を取得し、実子と同じ義務を負担することになります。したがって、相続においても相続分や遺留分などの権利につき実子と全く同じ扱いになります。

 

また、普通養子の場合は養親および実親との親族関係が生じた状態になりますので、双方の親の相続権を有することになります。

 

なお、養子が養親・実親よりも先に亡くなってしまった場合、養子の子については相続権の有無が分かれることになりますので、後ほど詳しくご紹介いたします。

 

特別養子の相続

普通養子よりも厳しい条件で認められる「特別養子縁組」は、特別養子の実父母およびその血族との親族関係を終了させて、完全に養親の嫡出子として養親側との法律上の血縁関係を作る制度です。言い換えれば、特別養子になった子は、実親の相続権や相互扶養義務等を喪失し、代わりに養親の相続権・相互扶養義務等を取得することになるということです。

 

特別養子制度は、実子のいない夫婦が他人から引き取った子を自分たち夫婦の間にできた実子として扱う、いわゆる「藁(わら)の上の養子」という虚偽の届け出を防止するために作られており、全くの他人の子であってもこの制度を活用することで実子と同様の親子・親族関係を作る制度として、1987年に制定された比較的新しい制度です(民法817条の2~817条の11)。
 

特別養子縁組の成立要件は、普通養子縁組に比べて厳しく、以下のような内容になっています。

特別養子になる条件 条件の意味

①家庭裁判所の審判により許可を得ていること

普通養子縁組と異なり、特別養子縁組は家庭裁判所の審判を経なければ認められることはありません。

②民法817条の3から817条の7所定の要件を満たしていること

養親の要件(817条の3、817条の4)

  • 養親となろうとする人に配偶者がいて、配偶者と共に養親になること
  • 養親となろうとする人が25歳以上であり、夫婦の一方が25歳に達していなくとも20歳には達していること

養子の要件(817条の5)

  • 家庭裁判所の審判を請求する際に、6歳未満であること

※ただし、8歳未満であって6歳未満の時点から養親になる予定の人に監護されている場合は、審判の請求時点で8歳未満であること

実親の要件(817条の6、817条の7)

  • 特別養子縁組について、養子の実親が同意していること
  • 実親による監護が著しく困難または不適当であることなどの特別な事情があること

③試験養育期間(817条の8)を満了したこと

審判の請求後、養親が養子を6ヶ月以上監護した実績があること

 

特別養子縁組の場合は、戸籍法に基づく届出をする必要はありませんが、必ず家庭裁判所の審判を経て許可を得なければなりません。また、審判の請求後、一定期間養親が養子を監護した実績をもって縁組が成立することになっているので、審判が済んでもすぐに養子縁組が成立するわけではないことに注意が必要です。

 

養子と代襲相続

相続において被相続人の養子が実子と同様の権利を取得することは既に述べたとおりですが、養子の相続権のうち制限される可能性があるのが「代襲相続」です。

 

養子と被相続人は縁組の日から親族関係を生じることになります。しかし、代襲相続の場合には別途検討が必要です。例えば養子縁組前に出生していた養子の子は養子を代襲相続して、被相続人(養子の養父母)の相続に関わることはできません。これは、代襲相続の要件に「代襲相続人が被相続人の直系卑属であること」があり、養子縁組前に出生していた養子の子は養父母の直系卑属ではないからです。他方、養子縁組後に生まれた養子の子については、養父母の直系卑属となり養父母の代襲相続権を有するとされています。

 

養子が絡む遺産相続の問題は
弁護士への相談で解決できます。

養子が絡む遺産相続が起きた場合、弁護士に相談する事で下記のような問題を解決できます。

・養子への遺産分配が多すぎる
・他所の子供に遺産を渡したくない
・養子がいようと遺産分割は平等に行いたい
・遺産分割を行う際にトラブルになっている など

 
上記のようなお悩みは弁護士への相談で解決できるかもしれません。当サイト『厳選 相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士のみを掲載しております。
 
事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

養子縁組による相続税の問題

相続税対策の養子縁組であっても直ちに無効となるわけではないという判例が出たわけですが、果たして養子縁組は有効な相続税対策となる方法なのでしょうか。

 

ここでは、養子縁組による相続税法上のメリットとデメリットを整理し、どの程度節税の実効性があるのかをご紹介したいと思います。

 

養子縁組によるメリット

養子縁組によって子の人数が増えるということは、相続人が増えることになりますから、相続税法上は次のような効果が期待できます。
 

  1. 相続税の基礎控除が増える
  2. 生命保険の非課税枠が増える
  3. 死亡退職金の非課税枠が増える
  4. 相続人以外の人(※孫を除く)を養子にすれば、遺贈よりも低い税率で財産を渡すことができる


相続税の基礎控除は、【3000万円+600万円×相続人の数】で計算でき、死亡保険金や死亡退職金の非課税枠も相続人1人に対して500万円増加しますから、養子縁組を行うことで課税される財産を減らすことができるというメリットがあります。また、相続人以外の人(代襲相続人でない孫を含む)に遺言による贈与(遺贈)を利用し財産を渡そうとすると、これらの財産を取得した人の相続税額が20%高くなりますが、養子であれば通常の相続税率が適用されるため、遺贈の場合よりも税額が低くなります。

 

養子縁組によるデメリット

逆に養子縁組を行うことで、相続税法上は以下のような問題も生じます。
 

  1. 孫を養子にすると孫の支払う相続税が20%高くなる
  2. 相続税の基礎控除や非課税枠の算定に含められる養子の人数には制限がある
  3. ②の結果、必ずしも節税につながるとは言えない
     

相続税法上、養子の人数には上限がありますし、そもそも孫養子には2割加算が適用されることになっていますから、必ずしも節税効果があるとは言えないのが現状です。また、法定相続人の数が1人ないし2人しか増えないことになりますので、相続人の数を無闇に増やしたことによる遺産分割協議の混乱のおそれを踏まえて、それに見合うかどうかを比較してから縁組の要否を決定するのが良いでしょう。

 

なお、相続税法上は養子の人数に制限がありますが、民法上は特にこのような制限はありませんので、確実に財産を渡したい相続人以外の人がいる場合には、養子縁組をすることは決して無意味ではありません。

相続税法上の養子縁組には制限がある

民法上の法定相続人の数に対しては、実子も養子も特に人数制限がありませんが、相続税法上は法定相続人の数によって控除額が変わってくるため、「法定相続人の数に入れることのできる養子が、実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人まで」という制限が設けられています(相続税法第15条)。
 

(遺産に係る基礎控除)

第十五条  相続税の総額を計算する場合においては、同一の被相続人から相続又は遺贈により財産を取得した全ての者に係る相続税の課税価格(第十九条の規定の適用がある場合には、同条の規定により相続税の課税価格とみなされた金額。次条から第十八条まで及び第十九条の二において同じ。)の合計額から、三千万円と六百万円に当該被相続人の相続人の数を乗じて算出した金額との合計額(以下「遺産に係る基礎控除額」という。)を控除する。

2  前項の相続人の数は、同項に規定する被相続人の民法第五編第二章 (相続人)の規定による相続人の数(当該被相続人に養子がある場合の当該相続人の数に算入する当該被相続人の養子の数は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める養子の数に限るものとし、相続の放棄があつた場合には、その放棄がなかつたものとした場合における相続人の数とする。)とする。

一  当該被相続人に実子がある場合又は当該被相続人に実子がなく、養子の数が一人である場合 一人

二  当該被相続人に実子がなく、養子の数が二人以上である場合 二人

3  前項の規定の適用については、次に掲げる者は実子とみなす。

一  民法第八百十七条の二第一項 (特別養子縁組の成立)に規定する特別養子縁組による養子となつた者、当該被相続人の配偶者の実子で当該被相続人の養子となつた者その他これらに準ずる者として政令で定める者

二  実子若しくは養子又はその直系卑属が相続開始以前に死亡し、又は相続権を失つたため民法第五編第二章 の規定による相続人(相続の放棄があつた場合には、その放棄がなかつたものとした場合における相続人)となつたその者の直系卑属

 (引用元:相続税法15条
 

 

したがって、相続税法上の養子の数え方と法定相続人の数え方は以下のようになります。

被相続人の実子の有無

基礎控除等の計算を行う際に法定相続人に加えることのできる養子の数

法定相続人の数え方

具体的な計算例

実子あり

1人

(配偶者+)実子の数+1人

相続人が配偶者・子2人・養子2人の場合:

 

1+2+1=4人

実子なし

2人

(配偶者+)2人

相続人が配偶者・養子4人の場合:

 

1+2=3人

 

なお、「養子を法定相続人の数に含めることで相続税対策をしている」と認められる場合には、養子の数が1人または2人であっても、法定相続人の数に含めることができなくなりますのでご注意ください(相続税法第63条)。
 

養子縁組による相続上の効果とは?

民法上の相続人になれる人は、配偶者(配偶者相続人)と、一定の範囲の親族(法定相続人)に限られます。もちろん、これ以外の人に遺言による贈与(遺贈)をすることは可能ですが、相続人と呼ばれるのはこの人たちだけということを覚えておきましょう。
 

法定相続人の順位は次のようになっていて、配偶者はこれらの人のうち一番順位の高いグループの人たちと共に常に相続人になります。

  • 第一順位…子(代襲相続の孫等も含む)
  • 第二順位…親や祖父母のうち、被相続人に一番近い世代のグループ(直系尊属)
  • 第三順位…被相続人の兄弟姉妹(代襲相続の甥・姪含む)

 

相続欠格・廃除や相続放棄などによって上位のグループの人がいなくなった場合には次の順位に相続権が移り、 最終的に相続人がいなくなった場合には、相続財産は国庫に帰属するという結末を迎えます。

 

なお、養子は第一順位になりますが、養子からの代襲相続については相続権の有無が分かれますので、詳しくは誰でも分かる遺産相続の順位パターン55選などもご覧ください。
 

孫を養子にする場合

いわゆる孫養子のパターンですが、この場合でも相続税の2割加算は行われることになります(※ただし既に代襲相続が発生しているケースで、代襲相続人になる孫の場合は除く)。したがって、どうしても相続で孫に財産を渡したい場合でなければ、孫を養子縁組する旨味は少ないかと思います。

 

孫に財産を残したい場合、現行の税制では生前贈与などを活用したほうが優遇された税率での贈与が可能になっていますので、養子縁組とどちらが特になるか、弁護士や税理士に相談したほうが良いでしょう。

 

配偶者の連れ子を養子にする場合

再婚家庭など新たな配偶者に連れ子がいる場合、養子縁組をしなければその子はあなたの相続人になりません。再婚後に生まれた子はあなたの実子になりますが、連れ子は養子縁組をしなければ相続自体に関わることができないので、もしも連れ子に財産を残したい場合には、養子縁組も検討しましょう。

 

なお、配偶者の連れ子と養子縁組したとしても、その子はあなたの代襲相続人にはなれません。したがって、あなたが親よりも先に死亡した場合など代襲相続が発生するケースにおいては、連れ子を養子にしていようとしていまいと結論は変わりませんので、あなたの相続だけを考えて縁組の要否を検討すれば良いかと思います。

 

子の配偶者を養子にする場合

子の配偶者が献身的に介護をしてくれた場合など、その人に財産を残したいと思う方は少なからず存在します。また、家業存続のため婿養子を取った場合などもこのケースにあたりますが、相続において養子となった子の配偶者は子と同じ相続割合を有し、子と同様の遺留分権も保障されますので、認められるか不確かな寄与分を活用するよりは、養子縁組を活用したほうが良い場合もあります。

 

遺贈によってこれらの人に相続財産を渡すことも悪くはありませんが、相続人以外の人に遺贈すると相続税の2割加算が適用されますので、税金面からも養子縁組の方がお得かもしれません。

 

甥や姪、親戚や知人を養子にする場合

孫を養子にすると相続税の2割加算が適用されますが、甥姪や親戚・知人等を養子にする場合には、通常通りの相続税率となります。例えば可愛がっている甥姪等の人にきちんと財産を渡したいのであれば、双方の同意のもと養子縁組するのも良いでしょう。

 

ただし、養子を取ることで養子が本来の法定相続人と険悪になってしまうケースもありますので、あなたの死後の相続人間での関係性も充分に考慮した上で、養子縁組を行うことが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

養子縁組というと子どもばかりが対象のように思えますが、相続の際に子の配偶者などにも遺産をきちんと渡したい場合などに利用されることも珍しくありませんから、全く無関係な話とは思わずに、基本的な考え方を理解しておくのが無難でしょう。

 

また、養子の連れ子などが絡むと問題が大きくなりがちですから、相続時に養子トラブルが発生した場合には、速やかに弁護士へ相談するのがおすすめです。

 

本記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

養子に対する遺産相続に不満がある時は弁護士への相談がオススメです。

養子が絡む遺産相続が起きた場合、弁護士に相談する事で下記のような問題を解決できます。

・養子への遺産分配が多すぎる
・他所の子供に遺産を渡したくない
・養子がいようと遺産分割は平等に行いたい
・遺産分割を行う際にトラブルになっている など

上記のようなお悩みは弁護士への相談で解決できるかもしれません。当サイト『厳選 相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士のみを掲載しております。

事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal