ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ) > 相続コラム > 相続放棄 > 相続放棄したら入院費はどうなる?法的な落とし穴を回避する方法
更新日:

相続放棄したら入院費はどうなる?法的な落とし穴を回避する方法

Pixta 89848230 m %281%29
注目 相続放棄に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
相続放棄が得意な
弁護士から探せる
相続放棄が得意な
弁護士を探す

入院していた方が亡くなると、その入院費は亡くなった方の親族に請求されることが一般的です。

中には、請求された入院費を何も疑問を感じずに亡くなった方の遺産から支払ってしまう人がいるかもしれませんが、相続放棄を検討している場合は支払いをおこなわないほうがよいケースもあります。

そこで本記事では、相続放棄をおこなう際の入院費の取り扱いについて詳しく解説します。

相続放棄に対して不安がある方は、必ず確認しておきましょう。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ相続で
相続放棄に強い弁護士を探す

相続で法定単純承認にならない行為となる行為の違い

相続放棄をおこなうことを検討していたとしても、相続放棄までの行為によっては相続放棄ができなくなることがあります

相続放棄ができなくなるケースとしては、民法が定める法定単純承認に当てはまることが挙げられます。

(法定単純承認)

第九百二十一条 次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。

一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

以下では、法定単純承認に当てはまる行為と当てはまらない行為をそれぞれ解説します。

法定単純承認にならない行為|保存行為など

法定単純承認に当てはまらない行為として、保存行為などが挙げられます

保存行為とは、相続財産の価値を保存して現状を維持する行為のことを指します。

一例として、相続財産にあたる家屋の修繕や、腐敗するゴミの処分といった管理などがあります。

相続が発生したタイミングでは、相続財産は相続人で共有されるため、各々で保存行為をすることが可能です。

保存行為は法定単純承認には当てはまらないため、相続放棄を検討していたとしても問題ありません。

法定単純承認になる行為|処分行為など

一方で、法定単純承認に当てはまる行為として、処分行為があります

処分行為とは、相続財産の現状や性質に変化を与えてしまう行為のことを指し、財産の売買や処分はもちろん、財産を壊したり廃棄したりすることなどが当てはまります。

処分行為に該当する行為をとってしまった場合、法定単純承認とみなされるため相続放棄はできなくなります

被相続人の入院費を支払った場合の相続放棄の可否

被相続人の入院費を支払ってしまった場合、相続放棄できるかどうかは、入院費の支払い方によって左右されます。

以下では、入院費を自分の財産から支払った場合と、相続財産から支払った場合に分けて解説します。

相続人が自分の財産から支払った場合|原則、相続放棄できる

被相続人の生前の入院費は負債ではあるものの、財産として扱われます

そのため、被相続人の入院費を相続人があくまで自分の財産から支払った場合は、財産の処分をおこなっていないことになるため、法定単純承認とみなされることはないといえます。

ただし、場合によっては債務を承認したとみなされることがあるため、相続放棄を検討しているのであれば、入院費は支払わないでおくのがおすすめです。

被相続人の相続財産から支払った場合|原則、相続放棄できない

一方で、被相続人の入院費を被相続人の相続財産から支払った場合、財産の処分行為に当てはまり、法定単純承認とみなされる可能性があります

原則相続放棄できなくなってしまうため、相続放棄を検討しているのなら、入院費の支払いはおこなわないようにしましょう。

ただし、入院費の支払いをおこなってしまったからといって、必ずしも相続放棄できないわけではありません。

専門家の助言によって、相続放棄できるようになるケースもあるため、判断に迷ったら弁護士へ相談することをおすすめします。

相続放棄をする方が病院から入院費を請求された際の対処法

相続放棄を検討していたとしても、ケースによっては入院費の請求をされてしまう場合があります

以下では、入院費を請求された際の対応について紹介します。

1.入院費の支払いを拒否する

相続放棄を検討している場合、入院費の支払いは拒否するようにしましょう

入院費はあくまで被相続人の負債であるため、相続人が支払う義務はありません。

相続放棄をしない相続人がいる場合、遺産から入院費を払うことが考えられますが、遺産を使用する際には紛争を避けるため、ほかの相続人の同意を得ることが求められます。

その際、同意したことで間接的に相続財産を処分したとみなされ、法定単純承認と判断される可能性があるため注意が必要です。

2.ポケットマネーから支払うようにする

相続放棄を検討しているものの、入院費を支払っておきたい場合は、ポケットマネーから支払うようにしましょう

ただし、被相続人の入院費は原則として被相続人の負債であるため、支払いをおこなう義務はありません。

まずは、ほかの相続人と話しあってから対応を決めましょう。

3.相続放棄が得意な弁護士に対応を任せる

入院費の支払いに悩んだら、専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

相続放棄が得意な弁護士に相談することで、相続放棄をおこなうべきか否か適切に判断してもらえ、入院費をどのように扱うかアドバイスをもらえます。

相続放棄をした場合でも入院費を支払う必要があるケース

一般的に相続放棄をおこなった場合、入院費を支払う必要はありませんが、中には支払う必要があるケースも存在します。

自分が保証人になっているケース

相続人が被相続人の保証人になっている場合、入院費を支払う必要があります

これは、入院費は被相続人の負債として扱われ、保証人が支払債務を負うためです。

そのため、相続の有無や相続放棄をおこなうかどうかにかかわらず、入院費を支払わなければなりません。

自分が被相続人の配偶者であるケース

相続人が被相続人の配偶者である場合も、入院費を支払う必要があります

これは民法第761条に基づくもので、「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、ほかの一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う」と定められています。

そのため、夫婦のどちらかが入院費を支払えないとしても、他方が支払う義務を負うことになります。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ相続で
相続放棄に強い弁護士を探す

相続放棄したい方が知っておくほうがよい注意点

相続放棄をおこなう場合、入院費以外にもさまざまな点に注意する必要があります。

1.高額医療費制度の還付金を受け取れないことがある

高額医療費制度とは、ひと月の間に多額の医療費がかかった場合に、自己負担額を超えた分の医療費を返金してもらえる制度です。

しかし、高額医療費制度を利用して返金されたお金は世帯主に支払われます。

被相続人が世帯主であると、このお金は被相続人の相続財産として扱われるため、相続放棄の対象となってしまいます。

よって、相続放棄をおこなうと高額医療費制度の還付金を受け取れないことがあります

また、被相続人の口座に支払われた高額医療費制度の還付金を受け取ってしまった場合、相続財産の処分に当たるとして、法定単純承認とみなされる可能性があります。

法定単純承認とみなされると、あとから相続放棄をおこなうことはできません。

2.3ヵ月の熟慮期間中に相続放棄の手続きをおこなう

相続放棄をおこないたい場合、一般的に被相続人が亡くなり相続が発生することを知ったタイミングから3ヵ月以内に判断する必要があります(熟慮期間)

万が一熟慮期間を過ぎてしまうと、相続放棄をおこなうことはできず、負債も含めた全財産を相続する単純承認として扱われることになります。

ただし、熟慮期間の間に相続財産をどのようにすべきか判断に迷うこともあるでしょう。

その場合は、熟慮期間の延長を裁判所に申し立てたり、熟慮期間が過ぎてしまっても上申書を提出したりすることで、あとから相続放棄をおこなうことができるケースもあります。

相続放棄をおこなうべきか迷うときは、熟慮期間の延長も視野に入れ、専門家である弁護士に相談するのがおすすめです。

(相続の承認又は放棄をすべき期間)

第九百十五条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

3.治療費の支払い以外の処分行為についても気を付ける

治療費・入院費の支払い以外にも処分行為とみなされる行為は多く存在します。

具体例については、次のとおりです。

処分に該当する主な行為
  • 被相続人の預貯金の引き出し
  • 被相続人の預貯金口座の解約・名義変更
  • 住んでいた家の解体・売却
  • 住んでいた賃貸物件の解約
  • 家具・家電の処分・売却
  • 車の処分・売却
  • 借金・債務の支払い
  • 携帯電話の解約 など

以上の行為をおこなってしまうと、相続放棄が認められなくなる可能性があるため注意しましょう

さいごに|被相続人の治療費を支払うときはポケットマネーを使おう!

相続放棄を検討しているなら、被相続人の治療費の支払いには注意が必要です。

一時的に支払う必要が出てきた場合でも、相続予定の財産から支払うのではなく、ご自身のポケットマネーから支払っておくことをおすすめします。

また、相続をどのように進めていくかは、自分一人ではなく相続人全員で決めていく必要があります。

判断に迷ったら、相続問題に注力している弁護士に相談することをおすすめします。

今すぐ無料相談電話相談OKの弁護士が見つかる!
ベンナビ相続で
相続放棄に強い弁護士を探す

SNSで記事をシェアする

この記事の監修者
法律事務所エムグレン
武藏 元
弁護士歴10年以上にわたって多数の相続トラブル解決に尽力。多数のメディア出演、著書の執筆実績をもつ。
ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)編集部
編集部

本記事はベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)を運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)に掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。

相続放棄に関する人気コラム

相続放棄に関する新着コラム

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal Category jigyoushoukei normal
弁護士の方はこちら