ホーム > 相続コラム > 遺産分割 > 特別受益の証拠は必要?特別受益の紛らわしいところを徹底解説
公開日:2022.5.13  更新日:2022.5.13

特別受益の証拠は必要?特別受益の紛らわしいところを徹底解説

アシロ社内弁護士
監修記事
Pixta 86812340 m
注目 遺産分割に関する弁護士相談をご検討中の方へ
Person
電話・メールOK
夜間・休日も対応
累計相談数
9万件超
遺産分割が得意な
弁護士から探せる
遺産分割が得意な
弁護士を探す

親(=被相続人)が亡くなって遺産相続が発生した際、他の相続人が被相続人の生前に多額の金銭を贈与されていたことが分かった場合、不公平に感じることがあるでしょう。

このような場合、この金銭が 特別受益だと 認められれば、特別受益を考慮したうえで公平に遺産を分割することができます。

しかし、相手が「特別受益だ」と認めず、遺産分割協議が前進しないケースも少なくないでしょう。

このようなときには、適切な証拠に基づき特別受益であると主張する必要が生じてきます。

この記事では、どんなものが特別受益の証拠になるか、また証拠がない場合にどのように対処すればよいかを解説します。

さらに、そもそも特別受益とは何か、何が特別受益にあたるのかなど、 特別受益に関する基本的な事項についても詳しく 解説していますので、ぜひ参考にしてください。

特別受益とは?特別受益に該当する贈与と特別受益者の範囲

特別受益とは、一部の相続人が被相続人から受けた贈与等により発生した特別の利益のことをいいます。

特別受益がある場合、その分を相続分の前渡しとみて、計算上その分を相続財産に加算して相続分を決めることになります。

これを「特別受益の持戻し」といいます。

たとえば生前に特定の相続人に金銭の贈与があったにもかかわらず、その部分が遺産分割に考慮されなければ、ほかの相続人は不公平に感じるでしょう。

特別受益を相手に認めさせれば、相続財産が公平に分けられ、結果的に相続できる額が増える可能性があります。

特別受益は、相続人が公平に遺産を分割することを図る制度と言えるでしょう。

しかし、被相続人が生前おこなった贈与のすべてが 特別受益になるわけではありません。

まずは、特別受益に該当しうるものと該当しないもの、特別受益者の範囲について解説します。

特別受益に該当しうるもの

特別受益は、贈与された金額などを考慮して、その贈与が「被相続人の遺産の前渡し」 といえるかどうかが判断の軸になってきます。

特別受益は、被相続人から相続人に対して生前贈与や遺贈がある場合に問題となります。

それぞれついて 詳しくみていきましょう。

生前贈与

生前贈与とは、被相続人が生前に、相続人に財産を無償で譲渡することです。

生前贈与のうち、特別受益と認められるのは、「婚姻養子縁組のための贈与」と「生計の資本としての贈与」( 民法903条1項 )です。

婚姻養子縁組のための贈与

結婚のための贈与は基本的には相続財産の前渡しとみなされ、特別受益に該当します。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 多額の結婚持参金支度金
  • 高額な嫁入り道具 など

一方、挙式費用や結納金は「相続財産の前渡し」とは認められず、該当しないと考えるのが一般的です。

これは、挙式費用や結納金は従前親が負担することが当然と考えられていたことに由来します。

生計の資本としての贈与

生計を別にしている相続人に対し、扶養の範囲を超えて多額の贈与をした場合、特別受益とみなされます。

具体的には以下のようなものが該当します。

  • 生活費の援助
  • 住宅購入資金
  • 開業資金 など

なお、大学費用や留学資金は、特別受益にあたらないとみなされるケースが多いようです。

ただし、相続人のなかで一人だけが高額な大学費用を出してもらっていた場合や、長期の海外留学費用を負担してもらっていたような場合は、特別受益とみなされる可能性もあるでしょう。

上記のような贈与に該当するからといって、ただちに特別受益になるわけではありません。

贈与された財産の価値や、贈与したときの状況、ほか の相続人との比較を踏まえたうえで、遺産の前渡しといえるかどうかが判断の基準になります。

生前贈与のなかで、特別受益にあたる贈与とあたらない贈与 の区別をつけることは困難なため、弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

遺贈

遺贈とは、被相続人の遺言によって相続人等に財産を譲渡することをいいます。

遺贈の場合は、財産を受け取る相手が「相続人」であれば、特別受益に該当します 。

特別受益が認められない場合

被相続人が金銭を贈与していたとしても、特別受益と認められない場合があります。

その具体例をみていきましょう。

金額が少額の場合

贈与された金額が少額であり、扶養の一部と考えられるような場合は、特別受益とは認められません。

少額かどうかの判断は被相続人の経済状況や他の相続人との比較等によって判断することになります。

結婚式費用を負担してもらった場合

前述したように、子どもの結婚式費用は、原則として特別受益には当たらないと考えられています。

ただし、一般的な費用に比べて明らかに高額である場合には、特別受益と認められる可能性はあるでしょう。

生命保険金の場合

生命保険金は、遺産の一部とは考えられておらず、原則として特別受益とはみなされません。

生命保険金は保険契約に基づいて受取人が受け取るもので、 受取人固有の財産と考えられるからです。

しかし、相続財産に対して保険金の金額が大きい場合や、ほかの相続人の相続財産と比べて著しく不公平である場合には、特別受益として認められるケースもあります 。

特別受益者の範囲

特別受益者とは、特別受益を受けた人のことを指し、該当するのは相続人に限られます。

したがって、相続人の子や配偶者などへの贈与は原則として特別受益にはなりません。

しかし、真実は相続人に対する贈与であるのに、名義だけが相続人の配偶者や子としていたと認められるような場合には、特別受益に該当するとされることがあります。

【ケース別】特別受益の主張をする証拠資料

他の相続人が被相続人から特別受益に該当する贈与を受け取っていたら、遺産分割協議で特別受益の持ち戻しを主張することができます。

しかし、相手がその事実を認めず、遺産分割協議が前進しないこともあるでしょう。

このような場合には、特別受益の証拠を示しつつ協議することが有効です。

また、協議がまとまらず調停や審判に発展した場合にも、証拠の提出が求められるでしょう 。

客観的に見て「特別受益があった」という証拠がなければ、調停や審判で特別受益が認められることは難しいからです。

ここでは、贈与された財産ごとに必要な証拠について、詳しく解説していきます。

なお、弁護士に依頼すれば、必要な証拠について、事案に応じた適切なアドバイスが受けられるでしょう。

より確実な証拠を収集したいのであれば、弁護士への相談を検討してみてください。

現金預金が贈与された場合の証拠

被相続人から相続人への金銭の贈与を示すためには、被相続人の預貯金の通帳残高や取引履歴が重要な証拠になります。通帳が見つからない場合でも、相続人であれば、被相続人名義の預金口座がある銀行で取引明細書を請求できます。

また、相手が援助されたお金で何か購入したと疑われる場合は、相手が購入した時期や金額と、被相続人の通帳残高や取引履歴を照らし合わせることで、証拠になり得ます。

さらに、相続人と被相続人間 のメールでのやり取りや、メモなども証拠になり得るでしょう。

不動産が贈与された場合の証拠

不動産贈与の場合は、登記事項証明書が重要な証拠になります。

不動産の登記には、その土地や建物の所在地や面積とともに、権利者の情報も記載されているため、登記を見れば、誰から誰に不動産の所有権が移ったかを確認できます。

登記事項証明書は、法務局の窓口や郵送、 インターネット で、誰でも取得可能です。

特定の相続人が不動産の贈与を受けた疑いがあるときには、まず登記を確認してみましょう。

また、住宅資金の援助を受けた疑いがある場合には、被相続人の預金口座の取引履歴や不動産売買契約書、購入時の被相続人と相続人間のメールのやり取りなどが証拠になる可能性があります。

車が贈与された場合の証拠

自動車であれば車検証が重要な証拠となるでしょう。

また、購入資金の援助が疑われる場合には、不動産の場合と同様、被相続人の預金口座の取引履歴や自動車の売買契約書、購入時の被相続人と相続人間のメールのやり取りなどが証拠になる可能性があります。

学費留学費を払ってもらっていた場合の証拠

学費の領収書や、学費納入についての書類が証拠になります。

留学費の場合も同様で、領収書や納入についての書類、留学した時期の被相続人の預金口座の取引履歴などが証拠になるでしょう。

生活費を払ってもらっていた場合の証拠

被相続人の預金通帳や取引履歴の送金履歴のほか、クレジットカードのカード詳細、生活費に関するメールメモなどが証拠になり得ます。

ただし、前述したとおり、金額が少額の場合は特別受益とはみなされない可能性が高いです。

援助金額の総額や、相続財産に対する割合などを考慮して、特別受益かどうかが判断されることになります。

事業資金を出してもらっていた場合の証拠

被相続人の預金口座の取引履歴と開業時期を照らし合わせることで、事業資金援助の証拠となり得ます。

またメールや手紙で、被相続人と相続人の間で 事業資金援助について示すやり取りがあれば、証拠として利用できるでしょう。

借金を代わりに払ってもらっていた場合の証拠

被相続人の預金口座の取引履歴や借金の借り入れ先が発行する完済証明書、取引明細など が証拠になり得ます。

金融機関によって完済証明書や取引明細に関する対応は異なりますので、まずは借り入れ先の金融機関に問い合わせてみましょう。

【事例】特別受益の財産評価と計算方法

相手が特別受益を認めると、特別受益の持ち戻し計算をして、遺産分割をおこないます。

持ち戻し計算をするためには、特別受益の財産評価額を知る必要があります。

財産は時と共に価値が変動していくものです。

贈与を受けたときと相続開始の時点(=被相続人が亡くなったとき)では、価値が変動していることもよくあります。

価値が変動する不動産や現金、株式の財産評価の基準時についてみていきましょう。

特別受益の財産評価について

  • 不動産の場合  土地:相続開始時の価額 建物:相続開始時の価額
  • 現金の場合  贈与時と相続開始時に貨幣価値の変動がある場合は、消費者物価指数を用いて、贈与時の金額を相続開始時の貨幣価値に換算する
  • 株式の場合  相続開始時の時価

たとえば 贈与時には3,000万円だった土地 が、相続開始時には1,000万円となった場合、特別受益の財産評価額は1,000万円となります。

特別受益の持ち戻しの計算方法と具体例

特別受益があった場合には、「特別受益の持ち戻し計算」をすることになります。

特別受益の持ち戻しとは、相続開始時の遺産額に特別受益とされる贈与額を足して「みなし相続財産」を算定し、具体的相続分を計算することです。

それぞれの相続人の相続財産の計算方法は、以下のとおりです。

  • 特別受益者の相続財産=(みなし相続財産)×(法定相続分)-(特別受益分の財産額)
  • そのほかの相続人の相続財産= (みなし相続財産)×(法定相続分)

以下で具体的な例を用いて解説します。

特別受益が認められた時の計算例

被相続人 遺産総額1,000万円

相続人 配偶者、子ども 2人

法定相続分 配偶者が1/2、子ども がそれぞれ1/4

子どものうち1人は、被相続人から生前に200万円の贈与を受けており、これが特別受益として認められた

特別受益が認められると、1,000万円(遺産総額)+ 200万円(特別受益分)= 1,200万円がみなし相続財産となります。

それぞれの相続財産の計算方法は以下のとおりです。

配偶者  1,200万円×1/2(法定相続分)=600万円

特別受益を受けていない子ども   1,200万円×1/4(法定相続分)=300万円

特別受益者   1,200万円×1/4(法定相続分)-200万円(特別受益分)=100万円

それぞれの相続財産は、配偶者が600万円、特別受益を受けていない子どもが300万円、特別受益者が100万円となります。

実際の特別受益の持ち戻し計算は複雑で、不慣れな方には難しいものでしょう。

不安に感じる方は、弁護士への相談をおすすめします。

特別受益を主張する流れとタイミング

特別受益が認められれば、公平に遺産を分割する ことができます。

しかし、相手が特別受益だと認めない場合は、証拠をもって特別受益を主張しなければなりません。

ここでは、特別受益を主張する流れとタイミングについて解説します。

1. 特別受益の証拠を集める

証拠もなく「特別受益がある」と主張するだけでは、相手が納得しないケース がほとんどです。

特別受益であると認めてもらうためには、まずは証拠を集めることが重要となるでしょう。

被相続人の預金口座の取引履歴やメールの履歴など、「【ケース別】特別受益の主張をする証拠資料」での解説を参考に、証拠を収集してください。

2. 遺産分割協議で主張する

相続人同士が遺産分割の方法について話し合う遺産分割協議において、特別受益であると主張しましょう 。

証拠を提示することで、話し合いがスムーズに進みやすくなります。

特別受益者本人が納得したら、特別受益の持ち戻し計算をおこなって、遺産を分割します。

3. 遺産分割調停を申し立てる

特別受益者は、特別受益を認めると自分が相続できる財産が減ってしまうので、特別受益だと認めず、話がまとまらないケースは多くあります。また特別受益自体は認めても、評価額で争いが発生するケースもあります。

当事者同士での話し合いが前進しない場合は、裁判所に遺産分割調停を申し立てましょう。

遺産分割調停では、中立公平な立場の裁判官と調停委員があいだに入り、和解に向けて 話し合いを進めてくれます。

当事者同士でいがみ合うよりも解決しやすいうえ、裁判所から解決案を出してもらえるケースもあります。

なお、特別受益を調停で主張するためには、特別受益があったことを証明するための証拠が必須です。

4. 遺産分割審判へと進む

遺産分割調停でも不成立となった場合、自動的に遺産分割審判へと進みます。

遺産分割審判では、提出された資料や当事者の希望、話し合いの結果などをもとに、裁判所が「審判」を下し、特別受益にあたるかどうかを判断したうえで、遺産分割方法を指定します。

5. 審判内容に不満があった場合は即時抗告する

遺産分割審判に不服の場合には、即時抗告ができます。

即時抗告とは、民事裁判における控訴のようなもので、高等裁判所に対し審判の取り消し変更を申し立てることをいいます 。

即時抗告により審判結果が覆る可能性はありますが、判断する人が変わったとしても、法律的な主張や立証ができなければ、特別受益の主張は認められません。

即時抗告を行う場合は、なぜ特別受益が認められなかったのかを検討して対策を検討することも重要になってくるでしょう。

即時抗告の期限は、審判の告知を受けた日(審判書を受け取った日)の翌日から2週間です。

この間に家庭裁判所に到着するように、抗告状を提出する必要があります 。

特別受益の持ち戻し免除があった場合

特別受益が認められても、特別受益の持ち戻しが免除される場合があります。

持ち戻しが免除されると、特別受益分は考慮せずに、 遺産分割の計算をおこないます 。

ここでは、持ち戻しが免除されるケースと認められないケースについてみていきましょう。

持ち戻し免除が認められるケース

特別受益の持ち戻し免除とは、過去の贈与や遺贈について持ち戻しを免除することです。

被相続人の意思を尊重する目的で設けられた制度で、被相続人の意思表示によっておこなわれます 。( 民法903条3項

遺言書などに「生前に贈与した金額については、特別受益の持ち戻しを免除する」などと明確に記載されている場合は、故人の意思を尊重し、持ち戻し免除が認められる可能性が高いでしょう。

なお、2019年7月に施行された改正相続法により、持ち戻し免除の推定規程が新たに設けられました。( 民法903条4項

これにより、以下の3つの要件を満たす場合には、持ち戻し免除の明確な意思表示がなくても免除の意思が推定されるようになりました。

  1. 婚姻期間が20年以上
  2. 受贈者は配偶者
  3. 居住用の建物又は土地の遺贈又は贈与

黙示の持ち戻し免除

特別受益の持ち戻し免除の意思表示は、必ず書面で残さなければならないものではないため、「黙示の意思表示を認めるかどうか」がよく争点になります。

具体的には、対象財産を特定の相続人に遺贈(贈与)した 背景や経緯、被相続人と特別受益者の関係性、他の相続人との比較などを総合的に見て、黙示の持ち戻し免除の意思表示を認めるか否かが判断されます。

例えば、以下のような場合には、黙示の持ち戻し免除の意思表示があったと評価される可能性があるでしょう。

  • 家業を継がせるために、土地を贈与した(農地など)
  • 介護などで被相続人の面倒を見ることを条件に、生前贈与した
  • 病気などで自立して生計を営むことが困難な相続人に、生活費として金銭を贈与した
  • 何らかの事情で子に家を出て行かせた罪悪感から、住宅購入資金を贈与した など

持ち戻し免除が認められないケース

相続人同士で持ち戻し免除について争いが生じた場合には、明確な意思表示の有無や他の相続人とのバランスが争点となり、持ち戻し免除が認められない可能性が高いです。

また、被相続人は一度おこなった持ち戻し免除の意思表示を後から自由に撤回することができます。

このような場合にも、特別受益の持ち戻し免除は認められません。

最後に|特別受益の証拠収集 は弁護士に相談

特定の相続人に特別な贈与があり、不公平だと感じる場合、特別受益だと認められれば公平に相続財産を分けることができるでしょう。

特別受益を主張するには、証拠を示しつつ相手に「特別受益である」と認めてもらうことが重要です。

証拠資料としては、被相続人の預金口座の取引履歴などが有効でしょう。

しかし、自分自身で証拠を集めるのは骨が折れる作業なうえ、「どのような証拠を集めたらよいかわからない」と不安に感じる方もいるでしょう。

特定の相続人に特別受益だと疑われる贈与があり、証拠収集を検討しているのであれば、弁護士への相談を おすすめします。

弁護士に相談することで、証拠収集のサポートを依頼でき、さらに相手との交渉も一任できます。 もし調停や審判に発展しても、あなたの味方となって適切な対応をしてくれるでしょう 。

弁護士に依頼して、スムーズな解決を目指しましょう。

 

【最短30秒】ユーザーアンケートに回答する

 

 
 相続弁護士ナビでは、よりよいコンテンツを提供するためにアクセスいただいたユーザーの声を募集しております。
 8問選択式の簡単なアンケートですので、ぜひご協力ください。
 
アンケートに回答する
 
東京
神奈川
千葉
埼玉
大阪
京都
Office info 202204151130 66651 w220 多摩オリエンタル法律事務所

【法テラス利用可】【社長を亡くした】遺産分割交渉、遺留分減殺請求、相続放棄、遺言書作成、事業承継など相続の幅広い分野で対応可能です。社長を亡くした会社の処理も取扱い多数。安心してお問合せください。

事務所詳細を見る
Office info 202104151851 31171 w220 弁護士法人トライデント

●高額な遺産分割でお悩みの方●《預金・株・不動産》など分割方法が複雑になる遺産分割もお任せください。所属弁護士5名全員、公認会計士の資格を所持/法律と会計の両面から適切な遺産獲得に自信がございます

事務所詳細を見る
Office info 202005191848 28581 w220 弁護士大村隆平(雨宮眞也法律事務所所属)

●過去に解決した相続事件は150件以上●相続事件に専念し(相続事件以外は扱っておりません)、相続事件の対応には自信あり●経験(知識)と若さ(親しみやすさ)を両立させている点が弁護士大村の強みです

事務所詳細を見る
Office info 3581 w220 終活弁護士 武内優宏 (法律事務所アルシエン)

●豊富な実績で安心●書籍執筆実績多数!●相続問題は『終活弁護士』武内にお任せを!遺言に納得いかない/遺産の分割で揉めているなど、他の相続人の感情面も踏まえサポート!《解決事例掲載中!詳細は写真をクリック

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士費用をカバーする保険「ベンナビ弁護士保険」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

この記事の監修者
アシロ社内弁護士
弁護士登録後、地方で一般民事・家事、刑事事件を中心に様々な案件を手掛ける。次第に司法アクセスの改善に課題を感じ、2020年に当社に入社。現在インハウスローヤーとして多方面から事業サポートを行う。

遺産分割に関する新着コラム

遺産分割に関する人気コラム

遺産分割の関連コラム

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。

当サイトでは、無料相談(一部)を行っている弁護士事務所を数多く掲載しています。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
遺産分割

遺産分割をもっと知りたいあなたに

Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal Category jigyoushoukei normal
Sidebar writer recruit