> 
 > 
 > 
限定承認のメリットとデメリット|制度内容と使いどきを解説
2018年07月17日
遺産分割  弁護士監修記事

限定承認のメリットとデメリット|制度内容と使いどきを解説

New_pixta_39383615_s
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn

被相続人に借金があると、相続人は借金も背負わなければならなくなります。そこで、借金を背負いたくなかったら相続放棄を検討するところですが、本当に相続放棄してしまってもいいのでしょうか。

 

相続放棄をすると、被相続人が所有していた財産をすべて手放さなければならなくなります。住んでいる家が被相続人の所有ならば、その家から出て行かなければならないのです。

 

そこで今回は、相続放棄しなくても済む限定承認のメリットについて解説します。

 

 

 

遺産分割の3つの形態

まず、遺産分割の方法には3つの形態があります。

 

  1. 単純承認
  2. 相続放棄
  3. 限定承認

 

単純承認は、プラスの財産もマイナスの財産もすべて受け継ぐ相続方法です。一般的に相続するというと、この単純承認を指します。

 

相続放棄は、相続人の資格を放棄するという意思表示です。この意思表示を家庭裁判所にすることで、『はじめから相続人ではない』とされます。プラスの財産をもらわない代わりにマイナスの財産も引き継ぐ必要がなくなります。

 

そして限定承認は、プラスとマイナスの財産があるときに、プラスの財産の限度でマイナスの相続も承継するものです。プラスの財産である資産と借金などのマイナスの財産の両方が存在し、どちらが多いのかよく分からないときに、限定承認をすることが勧められます。

 

それでは、限定承認とはどのようなものか、メリットと一緒に具体的にみていきましょう。

 

 

限定承認の4つのメリット

 

借金まで相続しなくてもよくなる

限定承認は、プラスの財産の範囲に限定してマイナスの財産を引き継ぐ相続形態です。そのため、相続財産が全体的にマイナスとなっていたとしても、相続人が相続した財産以上の負債を負うことがありません。そのため、相続人は相続によって不測の不利益を被ることがなくなります。

 

不動産を確保できる

限定承認をした場合、裁判所の手続きでプラスの財産でマイナスの財産を清算することになります。この場合債務を任意で弁済できなければ相続財産は換価処分されますが、不動産に相当する金銭を支出できる場合、不動産の換価処分を免れ、これを手元に残すことが可能です。

 

あくまで不動産の買取が可能な資力があることが前提となりますが、不動産を手放すことになる相続放棄と比べるとメリットの1つといえるでしょう。

 

先買権が利用できる

先買権とは、仮に相続した不動産が競売にかけられたときにその不動産を優先的に購入する権利のこと。限定承認をした相続人に認められます。先買権を行使するために、家庭裁判所に対して鑑定人を選任してもらい、不動産の評価額を鑑定してもらう手続きをします。

 

相続放棄の場合には、先買権が利用できません。不動産を確保するという限定承認のメリットの1つです。

 

債務などマイナスの財産を相続する心配がなくなる

単純承認の場合は、いったん承認(相続)してしまうと、後からマイナスの財産が発見されたとしても、相続放棄に変更することは認められないのが原則です。他方、限定承認はプラスの財産が出たときにその部分を引き継ぐという相続のタイプです。単純承認と比べて、「隠れたマイナスの財産の存在があるのでは…」と心配する必要はありません。

 

 

限定承認の4つのデメリット

反対に限定承認のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

相続人全員で行う必要がある

限定承認は相続人全員で限定承認する旨を家庭裁判所に申し出なければなりません。つまり、相続人のうち1人でも反対する人がいれば行えません。

 

譲渡所得税が発生する

限定承認は、『みなし譲渡所得税』が発生することに注意が必要です。限定承認は相続財産の範囲に限り債務を精算するという相続方法であり、その性質上、税務上は被相続人から相続人に資産が譲渡されたものとみなして課税されます。

 

そのため、準確定申告をする必要があり、単純承認に比べて、手続きが面倒になるというデメリットがあります。

 

債務清算手続きに手間が多い

限定承認は相続処理の中で裁判所の手続きによって債務を清算する必要があります。裁判所に所定の申請書を提出するなど煩雑な処理が必要となります。一方、単純承認の場合はこのような手続きは不要です。要するに限定承認は、裁判所の債務清算手続きとセットであり、その手続き自体に手間がかかるということです。

 

相続税の減税制度を受けることができない

限定承認をすると、居住用の不動産に関する相続税の特例(小規模宅地等の特例)を受けることができません。そのため、単純承認して、マイナスの財産は別個に引き継いで返済した方が、結果的にプラスになる可能性もあるのです。

 

【関連記事】

限定承認すれば金銭面で損しない!意味や手続き方法をわかりやすく解説

 

 

限定承認を行うとよいケース

メリットもデメリットもある限定承認ですが、限定承認を行った方がよいケースとはどのような場合でしょうか。

 

正と負の財産がどの程度あるかわからない場合

明らかにプラスの財産が多いときには、単純承認してすべて引き継いでしまった方が、手続き上楽です。また、マイナスの財産が明らかに多いときは、相続放棄をしてしまい、弁済を迫られるなどといった不利益から解放されてしまった方がよいでしょう。

 

しかし、プラスかマイナス、どちらが多くあるのかわからないという場合には限定承認により清算した方が安心でしょう。単純承認後に多額の借金の存在が判明した、となった場合はマイナスの財産を背負わなければならなくなってしまうのが原則だからです。

 

1人の相続人が家業を受け継いで再建をはかる場合

借金が多くあるからといって相続放棄をしてしまうと、不動産の権利も失うことになります。家業を営んでいる場合、家業を行う場所や設備なども手放さなければならなくなります。しかし、限定承認を行うことで、先買権を行使することが可能になるため、評価額に沿って取得することができ、家業を受け継ぐことが可能になります。

 

また、被相続人が負った債務がなくなるため、実質的に債務がない状態で家業を再スタートさせることができるようになります。

 

相続財産の中に家宝などがある場合

相続財産の中に家宝がある場合も、限定承認がおすすめです。

 

家宝は、価値がないものからこれから上がるかもしれないもの、手放したくないものなどさまざまなものがあるでしょう。放棄してしまうと競売にかけられてしまいますが、限定承認の場合は競売の前に先買権を行使することができるため、手放したくない家宝について評価額を支払うことで手元に残しておくことができます。

 

 

まとめ

限定承認は、メリットがある反面、デメリットも多々ある相続手段のため、あまり利用されていないのが実情のようです。しかし、ケースバイケースで利点の多い相続手続きとなります。

 

限定承認を行うには、相続開始を知った時から3ヶ月以内にしなければならず、しかも相続人全員でする必要があります。検討期間はそう長くはありませんよね。円滑な相続のためにも、どうしようか悩んだ場合は弁護士などの専門家に相談することをおすすめします。

 

この記事を監修した法律事務所

Office_info_2062
みらい総合法律事務所
山内 亘 弁護士 (東京弁護士会)
遺産分割の方法や妥当な割合が分からず、知らない間に損をすることが無いよう、ご依頼者様の取り分が最大限確保される解決を目指している。著書に「相続のことがマンガで3時間でわかる本」(明日香出版)。

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。当サイトでは、相続トラブルを1人で解決できるか悩んでいる方へ無料電話・無料相談(一部)を行い、不安解消できるように努めています。

問題解決はもちろん、あなたの状況にあったアドバイスを提供することをお約束します。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Sidebar_writer_recruit