> 
 > 
 > 
遺産分割調停の完全手引き|遺産獲得を有利に進める方法
2015年07月16日

遺産分割調停の完全手引き|遺産獲得を有利に進める方法

Isanbunkatsu

相続が得意な弁護士が悩みを一発解決
▶︎無料相談する

 

遺産分割調停とは、被相続人が亡くなり、その遺産分割協議では相続人間で決着がつかない場合に、家庭裁判所の力を借りて話し合いをする手続きを言います。

 

遺産相続では、生前贈与や遺言書などが複雑に絡んでくることもあり、相続人間のみの協議(話し合い)では、相続が一向に進まないことも少なくありません。今回は、そんな時に利用すべき遺産分割調停の流れと、自分が有利に進めるための方法をお伝えします。


遺産分割調停を有利に進めたいなら
弁護士へのご相談をご検討ください

遺産分割調停を弁護士に相談すべき理由とは?

遺産相続で、調停にまで発展している場合、問題の解決には弁護士への相談・依頼が必須になります。相続人同士の争いなどで、あなたをの希望を通して、調停で味方になってくれるのは弁護士しかおりません。

弁護士は紛争解決の専門家として、相続人との交渉や有利な条件で遺産分割を進めるノウハウを数多く持っている存在ですので、遺産分割調停において、トラブルの早期解決と有利な条件で終了させていた場合は、相続問題が得意な弁護士にご相談ください。

依頼するしないは別として、ご自身の場合、弁護士に依頼するとどのような解決策があるのかを具体的に相談してみることをオススメします。

当サイト『厳選 相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士のみを掲載しております。事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能な事務所もあります。

まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。
【参考:相続が得意な弁護士の選び方と失敗しない選び方をする知識

遺産分割に詳しい弁護士を地域から探す

相続が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄


通話料無料
▶︎相続の紛争解決が得意な弁護士を探す

 

 


 

 【目次】
遺産分割調停の大まかな手順
相続人と相続財産の調査を行う
遺産分割協議を行う
遺産分割調停申込書を作成する
遺産分割調停の申立てを行う
調停期日に出頭する
遺産分割調停で話し合いが行われる
調停が成立したら調書を作成
不成立なら裁判へ自動的に移行する

遺産分割調停に必要な書類と費用
遺産分割調停に必要な書類
遺産分割調停にかかる費用は1200円と切手代

遺産分割調停を有利に進める方法
正直にすべての事情を話す
遠慮せずに言いたいことを言う
100%要望が通ると思わない
話しにくいことはメモで整理する
常に礼儀正しい行動を心掛ける
一人で行くのが怖ければ弁護士に頼もう

遺産分割調停を行う際の豆知識
被相続人の財産を確認したい場合
相続人を確定させる
遺産分割調停は弁護士が代理人として非常に役に立つ
遺言書の効力を知っておきたい時

まとめ

 

 

遺産分割調停の大まかな手順

遺産分割調停の手続では、裁判官または調停委員が当事者全員から事情を聴き、必要に応じて資料等の提出を求め、相続に関わる事情などをよく把握します。そのうえで、各当事者がそれぞれどのような分割方法を希望しているか、またはその分配比率などの意向を聴取し、合意を目指して裁判所を交えた話合いを進めていくことになります。

 

遺産分割調停の流れ


ここでは具体的な遺産分割調停の流れをご説明していきます。なお、遺言書がある場合は「遺産相続時に遺言書があった場合」をご覧ください。

 

相続人と相続財産の調査を行う

遺産分割調停を始める前に、まずは『相続人は誰になるのか』『相続財産は何か』を調査しておく必要があります。相続人の調査方法は『相続人を確定させたい場合』をご覧いただければと思います。

 

相続財産については、各財産によって調査方法が異なります。『被相続人の財産を確認したい場合』をご覧いただいて、そもそも相続財産がどのくらいあるのかを確認するところから始めましょう。
 

また、この段階で遺言書が存在するのであれば、その遺言の内容を確認しておくことも必要となってきます。

 

遺産分割協議を行う

すでに遺産分割調停を申立てることをお考えの場合は意味がありませんが、最初は相続人同士のみで遺産分割協議という話し合いを行います。遺産分割協議で話がまとまらなかった(不調)、または一部の相続人が出席しないなどで協議が先に進まない場合などに、初めて遺産分割調停の手続を申し立てることができます。

 

遺産分割調停申込書を作成する

基本的には遺産分割協議が順調に終了しなかった場合に遺産分割調停を申立てることができます。原則的に調停前置主義はとられていないので、いきなり遺産分割審判の申立てをすることもできますが、審判の申立てをしても「まずは話し合いで」と裁判官の職権で調停に付される(付調停といいます)ことになるケースが多いので、最初は遺産分割調停を申し立てるのが無難でしょう。

 

遺産分割調停の申立てには、『遺産分割調停申立書』を裁判所に提出する必要がありますので、まずはこの申立書を作成します。申立書のひな形や書式は各家庭裁判所で用意されていますので、お近くの家庭裁判所からあらかじめ申立書をもらっておくと良いでしょう。

 

場所によってはインターネットでダウンロードできる裁判所もあります。裁判所によって書式が異なる場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

 

遺産分割協議書の書き方例

遺産分割協議書の書き方例

引用元:裁判所|遺産分割調停申立書

もし間違えていても裁判所の方が教えてくれるので、何度でも書き直しはできます。『申立書ダウンロード
 

遺産分割調停の申立てを行う

遺産分割調停申立書が作成できたら、それを『相手方の1人の住所地を管轄する家庭裁判所または当事者が合意によって定めた家庭裁判所』に提出します。
遺産分割調停の場合、自分以外の相続人等全員が相手方となりますので、このうち誰かの住所地を管轄する家庭裁判所か、分割協議等で合意した家庭裁判所が申立先になります。

※注意!調停と審判とで申立先が異なる
遺産分割を裁判で行う「遺産分割審判」と、遺産分割調停とでは、申立先が異なっています。
遺産分割審判の場合は、「相続開始地(被相続人の最後の住所地)を管轄する家庭裁判所または当事者が合意によって定めた家庭裁判所」が申立先になりますので、間違えないように注意しましょう。

なお、この際にかかる費用や申立書以外に必要なものは『遺産分割調停に必要な書類と費用』をご確認ください。
全国の裁判所検索

 

調停期日に出頭する

遺産分割調停の申立てが無事に受理された場合、裁判所から第1回の調停期日が決定したという通知が申立人と他の相続人に届き、裁判所に出頭するよう呼び出しがきます。
そして当日は裁判官または裁判所選任の調停委員を相手に、当事者が主張を行っていくという形が採られます。
 

遺産分割調停では、申立人は申立人控室に、相手方は相手方控室にそれぞれ待機して、片方が調停室で裁判官等に主張を述べている間は顔を合わせないよう調停が行われることになります。


初回は手続の説明のため当事者が顔を合わせる場合もあるようですが、基本的にはあなたと裁判官、相手方と裁判官といったように交互に主張を述べていくスタイルで進んでいきます。相続人が複数いるケースでそれぞれが対立しているような場合には、控室も全員別々になるよう配慮をしてくれることもあります。

1回目の期日で話がまとまればそこで終了ですが、もし話し合いがまとまらない場合は第2回、第3回と次の日程を決めて、話し合いを継続していく流れになります。

 

遺産分割調停で話し合いが行われる

遺産分割調停はあくまで話し合いであり、裁判ではありませんので、原則として代理人弁護士を立てていても相続人本人の出席が義務付けられています。言い換えれば、あなたが相手方で調停を望まないのなら、期日に応じず欠席を続ければ話し合いができずに調停は取り下げられることになるかと思います(ただしその後裁判になる可能性は高いでしょう)。

覚えておいて欲しいのは、遺産分割調停では、弁護士に丸投げで自分は裁判所に全く行かないということは基本的に認められていないということです。また、いくら話がうまくても、有能な弁護士に依頼していても、必ずしも有利に事が進むというわけでもありません。

 

遺産分割調停においては以下の事項を段階的に確定していき、最終的な合意を形成していくことになります。

 

・相続人の確定、確認

・遺産の範囲、遺産の評価確定

・特別受益・寄与分の有無・評価の確定

・具体的な相続分の確定

・遺産分割方法の確定

 

調停が成立したら調書を作成

遺産分割調停でお互いの主張に一定の折り合いがついた時点で調停調書が作成され、遺産分割調停は終了となります。
調停調書には債務名義としての効力がありますので、調書内容の実現のために強制執行をかけることも可能になります。

 

ここまでの期間は、裁判所の呼び出しが来るまで約1ヶ月、遺産分割調停開始から調停調書作成まで最短で1ヶ月です。平均はありませんが、約6ヶ月間を見ておけば良いかと思います。

 

遺産分割調停中の相続税の申告はどうなる?

もし遺産が調停中・審判中のまま相続税の申告期限を迎えてしまった場合には、減税措置の特例や小規模宅地等の特例は受けることはできず、支払税額が増額することもありますので注意が必要です。

 

調停中などで相続税申告書の提出期限に間に合わない場合は、とりあえず法定相続分に従って遺産分割をしたことにして、各相続人が相続税を支払い、正式に遺産分割が終わった後に過不足分を調整する方法をとるのが無難でしょう。

 

この場合、相続財産の価格が『基礎控除以下の場合』、相続税の申告・納付は必要ありません。しかし、『小規模宅地の特例等』を利用した結果相続税の納税が生じない場合には、特例等を利用したことの申告が必要となります。

 

相続税の基礎控除の額:【3000万円+(法定相続人×600万円)

『小規模宅地の特例』については「土地を相続する際に絶対に抑えておくべき3つのポイント」をご確認ください。

 

不成立なら裁判へ自動的に移行する

遺産分割調停でも折り合いがつかなかった場合は、遺産分割調停は不成立となります。
ただし、この場合は自動的に遺産分割審判(遺産分割の裁判手続き)へ移行することになりますので、改めて審判の申立てをする必要はありません。

 

 

遺産分割調停に必要な書類と費用

次に遺産分割調停を申立てる際に必要になる書類を見ていきましょう。

 

遺産分割調停に必要な書類

1:申立書1通及び、その写しを相手方の人数分

2:標準的な申立添付書類

※同じ書類は1通でOKです。

※入手できない戸籍等がある場合、申立後に追加することも出来ます。

※もし他にも必要な書類がある場合は、裁判所から追加提出を求められる可能性があります。

 

3:被相続人の出生時から死亡時までのすべての除籍戸籍・改製原戸籍謄本

・相続人が配偶者・子・親の場合

被相続人の出生時(被相続人の親の除籍謄本又は改製原戸籍謄本等)から死亡に至るまでの継続した全戸籍謄本

 

・相続人が(配偶者と)兄弟姉妹の場合

被相続人の父母の出生時から被相続人の死亡時に至るまでの継続した全戸籍謄本

 

・相続人のうちに子又は兄弟姉妹の代襲者が含まれる場合

代襲者と本来の相続人との続柄を示す戸籍が必要

                             

※上記以外でも戸籍謄本が必要な場合があります。

 

4:相続人全員の戸籍謄本

5:相続人全員の住民票又は戸籍附票

 

6:遺産に関する証明書

・不動産登記事項証明書及び固定資産評価証明書

・預貯金通帳の写し又は残高証明書

・有価証券写し など

 

事案によっては、

・相続税申告書

・地図(公図)

・賃貸借契約書

・預貯金の残高証明書

・葬式費用明細書

などの書類が必要になる可能性があります。

 

遺産分割調停にかかる費用は1200円と切手代

遺産分割調停の申立てには、被相続人1人につき1200円の手数料(収入印紙)のほか、郵便切手がかかってきます。なお、連絡用の郵便切手代は申立てる家庭裁判所で異なるので、詳細は裁判所へ確認していただくのが良いでしょう。

各地の裁判所一覧
 

 

遺産分割調停を有利に進める方法

遺産分割調停を有利に進めるためにはいくつかのポイントがあります。ここでどうすれば自分が有利に進められるか確認しておきましょう。

 

正直にすべての事情を話す

遺産分割調停がこじれる要因に、当事者が相続財産のことを曖昧にしたり、知っていることを隠したりしているケースがあります。
申立人がこれらのことをしてしまうと最悪で、遺産目録の修正作業はもちろん、「隠し事をして相手方を騙そうとしている!」と調停委員にも悪い心証を抱かれてしまいます。
調停の際には調停委員の心証も大事なポイントになりますので、正直にすべての事情を話すよう心がけるのが基本です。

 

遠慮せずに言いたいことを言う

裁判官や調停委員という赤の他人に財産の希望を伝えるのは、人によっては非常に恥ずかしく、言いにくいものかもしれません。
しかし、自分の考えや希望をきちんと伝えた方が、調停の解決案を探る意味でも当事者全員のためになります。
遺産分割調停の場合、誰がどの遺産をもらうことを決めるのが目的なので、「どうしてもこの○○だけは欲しい」や「最低でも○○円は分けて欲しい」といった希望を出しておくのが良いでしょう。

なお、調停中に調停委員等から質問されることがありますが、答えにくい場合は回答を保留しても問題ありませんので、焦って答えずに次回に回答を持ち越すと伝えるのもおすすめです。
 

100%要望が通ると思わない

何度も述べていますが、調停はあくまで話し合いなので、解決するにはお互いが譲り合う姿勢も大切です。
「私の要望を100%認めろ!」という態度では、相手方はもちろん調停委員等の心証も損ねますし、それが原因で即裁判になったり、最悪の場合何の要望も通らずに負けてしまう可能性もあります。

調停のテクニックとして、あなたの中で「譲れるもの」と「譲れないもの」の線引きをしておくのがおすすめです。
例えば故人の宝物だった○○だけは欲しい、○○はできれば欲しいけど譲ってもいい、○○は欲しくないといったように、優先順位を決めておくと良いでしょう。また、○○だけは誰々に渡さないで欲しいといった希望でもいいかと思います。

あなたがこのように線引きをすることで話し合いをリードし円滑に進める助けになりますし、逆に相手が強硬な態度を取れば取るほど相手の不利益になる可能性が高くなりますので、こういった手法も取り入れていただければと思います。

話しにくいことはメモで整理する

緊張して話しにくい場合には、是非ともメモを活用してください。
先ほどの優先順位を整理したメモを持参しても構いませんし、その日話したいことをリストアップするのも有効です。
また、相手方の主張を忘れないようにしたい場合など、調停中も適宜メモを取って問題ありませんので、紙とペンを持って行って損はないかと思います。
 

常に礼儀正しい行動を心掛ける

改めて言う必要はないかもしれませんが、調停に参加する人は全員が「普通の人」です。
裁判官もプライベートは普通の人ですし、調停委員も、あなた方当事者も、なんてことない普通の人ですよね。
調停は話し合いですから、人柄によって心証が左右されることになります。無作法だったり横柄な人よりも、礼儀正しい人が好まれるのは当たり前のことです。
かといって、わざわざへりくだって話し合う必要はありませんので、最低限以下のことを心掛けていれば良いかと思います。
 

  • 挨拶はきちんとする
  • 入退室時のノックや礼など裁判所では大人としての一般的なマナーを守る
  • 横柄な態度や非常識な言動、相手方の悪口は避ける
  • 感情的になりすぎず、論理的に淡々と話すよう心がける
  • 清潔感のある、常識的な服装で参加する
  • 相手の話を遮らないできちんと聞く
  • 分からないことは質問したり回答を保留する
  • 一定の礼儀を保って接する


そんなに難しく考えなくて大丈夫なので、頭の隅にでも以上の点を留めておいていただければと思います。
 

一人で行くのが怖ければ弁護士に頼もう

調停は原則として当事者本人の参加が義務付けられていますが、代理人弁護士を同伴することも認められています。
高齢の方や他人と話すのが苦手な方は、無理して一人で調停に参加せず弁護士の助けを求めるのも良いでしょう。
弁護士は、法的視点や経験則から交渉での落としどころを見極めることに長けていますので、調停の早期合意を目指す場合にも同伴するのがおすすめです。
ただし、弁護士はタダで同伴してくれるわけではありませんから、費用面なども充分検討して利用するのが大切です。

 

 

遺産分割調停に開く際の豆知識

最後に、遺産分割調停に関して知っておくと便利な知識をお伝えしておきます。

 

被相続人の財産を確認したい場合

遺産分割を行う上でまず最初にやることは、被相続人の財産がどのくらいあるのかを確認することです。

 

遺産相続の対象になるものとして、以下が典型例です。

  • 家、土地
  • 銀行預金
  • 株などの有価証券
  • 自動車
  • 貴金属類
  • 生命保険
  • 借金、ローン 

 

それぞれの価格などを確認する場合は、「遺産相続の対象となる財産と金額の確認方法」をご確認いただければ幸いです。借金などがあり、その正確な額を知りたい場合は「親の借金の額を知る|遺産相続の範囲など」をご参照ください。

 

相続人を確定させる

全員が同居で相続人同士が把握できていても、誰が相続人になっているのか、改めて確定することも大切です。特に、再婚家庭では前婚の子なども相続に関わることになりますから、早期に相続人をきちんと把握する必要があります。

また、遺産相続で揉める原因となっている理由には、相続人が多すぎるというものもあります。相続についてあまり興味がなさそうな相続人がいる場合や、訳あって誰かに遺産を集中させたい場合など、相続人を減らす手続きを検討するのもひとつの手です。
このような場合は「相続放棄をお願いして、相続人から外れてもらう」をご確認いただければと思いますが、「相続放棄をすんなり受け入れてくれるお願いの仕方」も合わせてご覧いただければより実践的に行えると思われます。

 

遺産分割調停は弁護士が代理人として非常に役に立つ

遺産分割調停は原則本人の出席が必要で、弁護士はあくまでサポーター的な立ち位置になります。
しかし、期日で予定されている話し合いの内容次第では、弁護士のみの参加で足りる場合もあり、こういった際に弁護士を代理人としておくと非常に役に立ちます。
期日に急な事情で出頭が困難になっても、弁護士がいれば不利になることはありませんので、仕事や育児、介護など何かと忙しい方にはお勧めです。

 

遺言書の効力を知っておきたい時

被相続人が死亡する前に自分の財産処分の方法を記したものとして遺言書があります。遺言書は遺産相続において強力な効力を持ちます。遺言書では、基本的には遺産を相続する者や遺産の分配方法を自由に決めることができます。

 

遺産相続の問題は親族間でもめる可能性があり、問題がこじれればトラブルに発展する可能性も多分にあります。遺言書は相続人が一方的に遺産の相続方法を決定することができるので、このような遺産を巡るトラブルを回避する方法として非常に有効です。

参考:「遺言書の5つの効力と無効になる15の事例

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

もし、あなたが遺産分割調停を申立てる際、この内容を思い出していただければ、必ずお役に立つとお約束させて頂きます。

現在の遺産相続に納得がいかないという方は
弁護士への相談をオススメします。

もし、あなたが下記のようなお悩みがあれば、弁護士への相談を強くオススメします。

・もっと遺産を貰って当然だと思う
・遺産の分け方を兄弟で争っている
・遺言書の内容が真実か確かめたい
・自分勝手な相続人が居て困っている
・侵害された遺留分を取り返したい

大きな金額が動く遺産相続では、今まで仲の良かった兄弟でも争いに発展することが多くあります。仲が良くなければ尚更争いが起こる可能性は高いでしょう。

当事者同士が感情的になってしまうと解決は絶望的です。まずは弁護士に相談して解決の糸口を見つけましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_isanbunkatsu_normal Category_iryubun_normal
Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal