> 
 > 
 > 
相続放棄をした場合に代襲相続はできない|再代襲相続の条件
2016年07月08日

相続放棄をした場合に代襲相続はできない|再代襲相続の条件

Daisyuu

相続が得意な弁護士が悩みを一発解決▶︎無料相談する

 

相続放棄に関係してくる代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは、被相続人が亡くなった時点でその子供もすでに亡くなっているときなどに、その子の子(被相続人の孫)が代わりに相続する制度を意味します。
 

 

代襲相続のイメージ

 

この場合、代襲される者を「被代襲者」、代襲する者を「代襲者」と言います。









 


相続放棄の問題は相続放棄が得意な弁護士へご相談ください
 

相続放棄を行う場合は「相続発生から3ヶ月以内」に行う必要があります。そして、相続放棄の手続きには約2ヶ月ほどかかりますので、もし期限が迫っていたりこれから相続放棄を行うべきかどうかが分からなければ、相続放棄が得意な弁護士へ、無料相談から始めてみることをオススメします。

当サイト『厳選 相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士のみを掲載しております。事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。まずは下記よりお近くの弁護士を探して相談してみましょう。【参考:相続が得意な弁護士の選び方と失敗しない選び方をする知識

相続放棄が得意な弁護士を地域から探す

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄


 

 【目次】
代襲相続人とは|相続権を失った人の代わりに相続する人
代襲者の要件
代襲相続人の相続分
相続放棄をした場合は代襲相続は適応外
代襲者が相続放棄したら、その子が相続するのか?
代襲者が死亡していた場合は「再代襲」が行われる
まとめ


 

代襲相続人とは|相続権を失った人の代わりに相続する人

代襲相続人(だいしゅうしょうぞくにん)とは、死亡など一定の事由により相続人がいない場合に、当該相続人と同一順位で相続分を承継する直系卑属(例えば相続人の子)を言います。
 
相続分を継承した代襲相続人のことを代襲者とも言い、相続権を失った方を被代襲者と呼んだりもします。
 

代襲者の要件

のちのち説明しますが、代襲者(代襲相続人)で注意してほしいのは、代襲相続できる者は本来的な相続人の直系卑属に限られるということです。たとえば、養子縁組前の子(つまり養子の連れ子)は、相続人の直系卑属ではないため養子縁組をしないと代襲相続もできません。

また、配偶者も相続人の直系卑属ではないため代襲相続権がありません。そのため、子がいない妻の場合、夫が義父よりも先に亡くなっている場合は、義父の遺産は全く相続できないことに注意が必要です。
 

代襲相続人の相続分

代襲相続人(孫)が受ける相続分は、本来の相続人(子)が受けるはずだった分と同じです。
 
もし、代襲相続人(代襲者)が複数人いる場合は、被代襲者の相続分を均等に分けますが、これを「株分け説」と言ったりもします。
 

実子が代襲相続をした場合

父の遺産
【1,200万円】

配偶者:600万円

長男:200万円

次男:200万円

三男:死亡

子1:100万円|代襲相続

子2:100万円|代襲相続

 

 

兄弟姉妹が代襲相続をした場合

父の遺産
【1,200万円】

配偶者:なし

子:なし

父の兄:死亡

甥:1,200万円|代襲相続

父の弟:死亡

姪:死亡

姪の子:なし

 

※ 兄弟姉妹が相続人となる場合、代襲相続(甥・姪の相続)は認められますが、再代襲相続 (甥の子や姪の子相続)は認められません。

 

養子が代襲相続をした場合

父の遺産
【1,200万円】

 配偶者:600万円

長男:300万円

養子1:死亡

養子縁組前の連れ子:なし

養子2:死亡

養子縁組後の連れ子:300万円|代襲相続


 

相続放棄をした場合は代襲相続は適応外

相続放棄は死亡とは同視できません。この場合、当該相続人は初めから相続権を持たなかったことになり、代襲相続は発生しません。
 
例えば、「父親が亡くなり、配偶者と子供が法定相続人」となった場合は、もしも子供が亡くなっていた場合はその子供(孫)が代襲相続します。他方子供が死亡ではなく相続放棄により相続権を喪失した場合は、その子供(孫)が当然に法定相続人になるわけではありません。

ですので、子どもが相続放棄した場合は直系尊属である被相続人(父)の父母がいれば、配偶者と父母(祖父母)が法定相続人となり、父母(祖父母)も相続放棄すれば、配偶者と被相続人(父)の兄弟姉妹が法定相続人となります。
 
相続放棄の進める上での必要書類などは「相続放棄の必要書類すべてと相続放棄をすべきでないケース」をご覧ください。

※子が相続放棄した場合でも、もし子自身が連帯保証人となっている場合は、自身の連帯保証債務は被相続人の死亡の有無に拘らず存続しますので、注意が必要です。詳しくは「親の借金の連帯保証人になっていた場合、相続放棄は無意味」をご覧ください。
 

 

 

代襲者が相続放棄したら、その子が相続するのか?

被相続人である父親が亡くなった時、その子供(長男)が相続放棄をすると、その人(長男)は初めからいないものとして扱われます。
 

 
長男の子供である子(孫)は、一般的には代襲相続人となる資格がありますが、相続放棄の場合は上記の通り代襲相続が発生することはありません。

つまり、被相続人が債務超過であることを理由に相続放棄をしても、自分の子供に相続権が移ることはありませんので、安心して下さい。
 

 

代襲者が死亡していた場合は「再代襲」が行われる

代襲者である孫もすでに亡くなっていた場合は、孫の子、すなわち曾孫が代襲することになります。なお、曾孫以下についても同じ扱いになります。
 
つまり、曾孫も亡くなっていた場合はその子、その子もなくなっていたら、その子と、ずっと繰り返していくことになります。これを 再代襲相続 といいます。

ただし、相続人が兄弟姉妹である場合には、代襲相続は認められますが、再代襲は認められません。つまり、甥や姪は代襲可能性がありますが、その子には代襲可能性はありません。
 
以前は兄弟姉妹の場合も認められていましたが、血のつながりの薄い、俗に言う「笑う相続人」を出さない法案として昭和55年に改正され、再代襲は認められないことになりました。
 
 

まとめ

代襲相続が行われる場合、相続順位がわからなくなることがあると思いますが、今回の内容がお役に立てば幸いです。
 

現在の遺産相続に納得がいかないという方は
弁護士への相談をオススメします。

もし、あなたが下記のようなお悩みがあれば、弁護士への相談を強くオススメします。

・もっと遺産を貰って当然だと思う
・遺産の分け方を兄弟で争っている
・遺言書の内容が真実か確かめたい
・自分勝手な相続人が居て困っている
・侵害された遺留分を取り返したい

大きな金額が動く遺産相続では、今まで仲の良かった兄弟でも争いに発展することが多くあります。仲が良くなければ尚更争いが起こる可能性は高いでしょう。

当事者同士が感情的になってしまうと解決は絶望的です。まずは弁護士に相談して解決の糸口を見つけましょう。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_isanbunkatsu_normal Category_iryubun_normal
Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal