> 
 > 
 > 
相続税の申告を遺産分割完了前に行うための知識とデメリット
2017年06月06日

相続税の申告を遺産分割完了前に行うための知識とデメリット

%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%82%ab%e5%89%b2

相続税の申告は10ヶ月以内という期限がもうけられており、納付義務がある人はこの期限内に相続税申告書を提出しないとペナルティを受けることになります。

しかし、この期限内に遺産分割協議が整わなかった場合はどうすればよいでしょうか?

今回の記事ではこうしたケースの手続き方法や、相続対策として遺産分割の際に考慮すべきことをまとめました。

相続税の申告実績4,000件超!『相続税専門』税理士事務所

相続税の申告手続きでは、財産土地の評価や特例の適応などの
専門知識がないと、本来よりも高い相続税を払ってしまうことが多々あります。

「税額を抑えたい」「追徴課税・税務調査を避けたい」「期限内に終わらせたい」
こんなご要望に沿えるよう、『相続税を専門』とする税理士法人チェスターでは
相続税の申告経験が豊富な税理士が、正確・迅速な申告手続きを行います。

申告実績4,000件以上・税務調査率1%、『相続税専門』税理士法人チェスター
  • ※初回面談相談は無料、土曜・平日夜間の相談可
  • ※全ての相続手続きにワンストップ対応
  • ※業界最低水準の相続税申告報酬・費用

まずは相続税の申告が必要か不必要かを確認する

課税価格の合計額が遺産にかかる基礎控除額以下の場合は、申告は不要なので、遺言書がない場合はまず相続財産の全体を正確に把握しなければなりません。
 

 

遺産総額=
 【相続財産・みなし財産・3年以内の贈与財産の合計】-
(【非課税財産】+【債務控除】)
 

 
基礎控除額は、【3,000万円+600万円×法定相続人数】で計算します。
(例えば法定相続人が3人の場合、遺産総額が4,800万円以下なら申告の必要はありません。)
 

 
 遺産総額<【3,000万円+600万円×法定相続人数】=相続税申告の必要なし
 

 
詳しくは「相続税を簡単に計算する方法と控除を利用した節税方法まとめ」の記事をご覧ください。
 
計算は基礎控除額以下であったとしても、「配偶者控除」「小規模宅地等の特例」「特定計画山林の特例」などの適用者は必ず申告しなければなりません。
 

遺産分割が完了していない場合は仮の相続税を計算して申告

申告が必要であると判断できたが、まだ遺産分割が完了していない場合は、仮の相続税を計算して申告を行います。ただし遺産が未分割のまま申告すると、相続税の計算上 有利な特例が適用できない というデメリットがあります。以下に、申告時の手順と注意点をケース別にまとめました。
 
 

遺産分割未了者の相続税申告の手順

 
①各相続人が、法定相続分または包括遺贈(全財産対する割合を示しての遺贈)の割合に従って、未分割遺産を共有取得したものとして相続税の課税価格を算出する。
②計算を行い、各自の相続税額を算出する。
 
《仮の相続税計算方法》

 1、全遺産の相続税評価額を算出。
 2、①から、遺産にかかる基礎控除を差し引く。
 3、基礎控除後の金額を法定相続分で分配したものと仮定して
   各法定相続人の相続税額を求める。
   これを合算したものが、相続税の総額となる。
 4、この相続税総額を現実の遺産取得割合で分けた金額が、各自の相続税額となる。

 
③遺産分割協議成立後、現実に取得した相続税の課税価格にしたがって計算をやり直す。
 
→申告額に不足が生じた場合には修正申告を行う。
→過大であった場合には更生の請求を行う。
 
 

特例適用者の相続税申告の手順

 
「配偶者控除」と「小規模宅地等の課税価格」の特例は、双方とも相続税額を大幅に軽減する措置です。これらの特例の適用を受けるためには、相続税の申告書の提出期限までに
 
・配偶者が遺産分割や特定遺贈によって当該遺産を取得したこと
・当該小規模宅地が分割されていること
 
が必須となりますが、申告期限までに遺産分割ができていなかった場合は、以下の手順で申告を行います。
 
①申告期限までに相続税額を計算し、「申告期限後3年以内の分割見込み書」を添付した申告書を提出する。
 
《仮の相続税計算方法》

 1、全遺産の相続税評価額を算出。
 2、①から、遺産にかかる基礎控除を差し引く。
 3、基礎控除後の金額を法定相続分で分配したものと仮定して
   各法定相続人の相続税額を求める。
   これを合算したものが、相続税の総額となる。
 4、この相続税総額を現実の遺産取得割合で分けた金額が、各自の相続税額となる。

 
②3年以内に遺産分割が完了した場合→その後4ヵ月以内に更正の請求をすれば、改めてこれらの特例の適用を受けることができる。
③3年以内に遺産分割が完了しない場合→税務署の承認を受け、調停成立から4ヶ月以内であれば特例の適用が可能となります。
 
 

「修正申告」と「更生の請求」の概要

【修正申告(申告・納税されている税額が過小なので、追加納付するもの)】

修正申告とは簡単に言うと、本来もっと高い税金を納めなければいけなかったのに、実際はそれよりも少なかったために追加納付のために訂正するものですが、自分で修正申告をした場合と税務署から間違いを指摘され修正申告した場合とで異なる以下のペナルティを受けなければなりません。

 

●自分で修正申告をした場合のペナルティ

不足分の税額を支払うことはもちろん、延滞していた分の税金を支払わなくてはなりません。

 

●税務署から間違いを指摘され修正申告した場合のペナルティ

上記と同様に不足分の税額と延滞していた分の税金を支払いに加え、

 

・本来の税金の10%分

・申告した納税額or50万円どちらか多いほうの、金額超過分については15%

 

を支払わなければなりません。

 

※意図的、悪質な場合は35%~45%の重加算税が課せられます。

 

【更生の請求(申告・納税されている税額が過大なので、その過大税額を戻してもらう請求をするもの)】

更生の請求のための書類は、持参または郵送によって以下の添付書類を提出することになります。
 
・取引の記録に基づき請求の理由の基礎となる事実を記載した書類
・「変動所得もしくは臨時所得の平均課税の計算書」等の計算明細書
 
修正申告とは異なり、納税者には不服を申し立てる権利があるので、税金を払った後でも申告できるものになります。
 

税務署でその請求が正当なものかを調査してから、減額更生という処理がされた後に過大税額分が戻ってきます。もし、ご自身で申告して修正申告&ペナルティを受けたくない、自分でできるか不安だ、という方は税理士に相談してみるのも手だと思います。費用については【税理士に依頼した場合の費用の相場】の記事にまとめておりますのでこちらも参考にしてみてください。

 

相続税対策として、遺産分割協議の際に検討すべきことまとめ

修正申告も更正の請求も、時間や労力がとられるのは事実です。当初から申告をきちんと行い、可能な限りはこのような手続きに煩わされることがないようにしたいものです。
 
ここではスムーズな遺産分割のために、協議において検討すべきことをまとめました。
 

土地の分割法を検討する

土地は一括相続するよりも分割して相続するほうが評価額が下がることがあります。評価額が下がることにより、相続税も下げることができます。

 

参考▶「広大地の評価」を用いて土地の評価を下げる
 

取得費加算を考えた分割を検討する

相続後3年以内に相続財産を譲渡すると、譲渡取得費が課税されます。土地や建物の譲渡は特に高額になることが予想されるため、慎重に分割・譲渡を行わなければなりません。

 

非課税財産などは子が相続するよう検討する

将来、二次相続になった場合は、また税金がかかることになります。そのため、相続対策として非課税財産や香典など税金がかからないものに関しては、子が相続するように検討しましょう。
 

小規模宅地等の特例が適用可能な土地は二次相続も考えて分割するよう検討する

非相続人の土地について、一定の要件を満たす者が取得した場合には、その土地の評価額の80%が減額されることを小規模宅地の特例と言います。簡単に言えば、「亡くなった方の土地を相続税納付のために手放すことになるのは酷なので土地を安くしてあげます」という制度です。

 

この小規模宅地の特例が適用可能ならば、一次相続と二次相続の二度に渡る分割を検討しましょう。全ての土地を一次相続で済ませてしまうと、二次相続では小規模宅地の特例が適用できずに損をしてしまうことがあるので注意してください。

 

高収益物件は相続後の所得税や住民税の税負担を考慮して分割するよう検討する

所得税や住民税は超過累進税率により課税されるためもともとの所得が高い人が相続すると最高税率(所得税37%、住民税13%で合計50%)で課税される危険性があります。相続後の所得分散を考えて分割することも節税の観点では重要になります。

 

遺産分割の方法|どの方法を選択すべきかの判断基準

主に3つある遺産の分け方について解説していきます。

現物分割

現物分割は遺産そのものを現物で分ける方法で、分割自体はシンプルですが遺産によって価値が異なるために、相続人の間で公平・不公平という言い争いが生じた時にはややこしくなります。

 

例えば1億円の価値がある土地をAが受け取り、5000万円の預金はBが受け取り、その他の金銭価値の低い家財などをCが受け取ることになった場合はCから「不公平だ」という反論が出るのも当然でしょう。

 

もしもこのように揉めた場合は、不動産のみ共有名義にして平等に分割する方法をとることもできます。

 

 

代償分割

代償分割は相続人の一部の人が遺産をまず取得し、他の相続人に代償金を支払う(または支払う約束をする)という分割方法です。

 

例えばAが1億円の価値がある不動産を相続した場合は、多額の現金で他の相続人に引き渡さなければならないため、Aがもともと多額の金銭を所持していない場合はこの分割方法は成り立ちません。

 

 

換価分割

換価分割とは、遺産を売却し、その代金を他の相続人にも分割することです。不動産や株式などを現金化して分割したいという人にはこの方法が適しています。

 

いくらで売却するのか、売却代金をどのように配分するか相続人間で揉めることもありますし、不動産売却時に税金がかかったり処分費用がかかったりするのがデメリットです。

 

 

まとめ

相続税の手続きは、算出が大変な上、専門的知識の有無によって納税額が大きく変わることがあります。ただし、相続税の総額に変動が無ければ、改めて修正申告や更正請求を行う必要はありません。相続人同士で、もめることなくよく話し合って精算が出来れば、それに越したことはありません。

相続税の申告実績4,000件超!『相続税専門』税理士事務所

相続税の申告手続きでは、財産土地の評価や特例の適応などの
専門知識がないと、本来よりも高い相続税を払ってしまうことが多々あります。

「税額を抑えたい」「追徴課税・税務調査を避けたい」「期限内に終わらせたい」
こんなご要望に沿えるよう、『相続税を専門』とする税理士法人チェスターでは
相続税の申告経験が豊富な税理士が、正確・迅速な申告手続きを行います。

申告実績4,000件以上・税務調査率1%、『相続税専門』税理士法人チェスター
  • ※初回面談相談は無料、土曜・平日夜間の相談可
  • ※全ての相続手続きにワンストップ対応
  • ※業界最低水準の相続税申告報酬・費用

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Category_shintaku_normal
Sidebar_writer_recruit