ホーム > 弁護士検索 > 東京都 > 港区 > 弁護士法人山下江法律事務所 東京虎ノ門オフィス

弁護士法人山下江法律事務所 東京虎ノ門オフィス

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
  • オンライン面談可能
経験年数
弁護士登録から 27
規模
在籍弁護士数 19
費用
初回面談相談料 0
住所 東京都港区虎ノ門一丁目5-8オフィス虎ノ門1ビル803
最寄駅 虎ノ門駅徒歩1分
対応地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、広島県
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問い合わせはコチラから ※現在、営業時間外です。メール問合せをご利用ください。
電話番号を表示
※現在、営業時間外です。メール問合せをご利用ください。

弁護士法人山下江法律事務所 東京虎ノ門オフィスからのメッセージ

新型肺炎にも安心の対応体制を整えています

当事務所では、電話相談・オンライン相談(Zoom)をお勧めしています。

新型肺炎・コロナウィルスの感染拡大で、外出をためらっている方にも、安心してご相談いただける体制を整えておりますので、お気軽にご相談ください。
 

●ご面談のご予約・ご相談のお願い●

可能な限りあなたのお話をお聞かせいただきたいので、

  1. 営業時間外は、メールでのご予約・ご相談がスムーズです。

    内容にすぐ目を通し、翌営業日に返信をいたしますので、ご相談内容・ご希望の面談希望日を明記の上ご連絡ください。
     
  2. 弁護士が外出などで不在の場合は、可能な限り、翌営業日には折返しお電話をさせていただきます。

    お電話をお受けしたスタッフに、「お名前とお電話番号」をお伝えください

※当事務所では、弁護士の守秘義務に従い、プライバシーに配慮して、業務に当たっております。どうぞご安心いただいて、ご相談ください。
 

年間相談実績500件!大規模な事務所のシンプルなモットー

弁護士法人 山下江法律事務所は広島の本部に加え、東京、福山、呉、東広島、岩国の5つの地域に支部を構えております。

相続の相談実績年間500件(2019年実績)、全件総数では相談実績2万件以上(2018年12月末実績)です。

広い地域からのご相談と経験・知見の共有で、絶えず努力を重ね、大規模な事務所となりましたが、ミッションは「あなたに寄り添い、ともに解決を目指します」
 

これまでご依頼者様にも

  • 弁護士事務所は、堅苦しく入りづらいイメージがありましたが、事務所の雰囲気が和やかで安心できました。
  • 的確なアドバイスで、信頼できました

 

といった感謝の言葉をいただいております。

大規模な事務所だからと、ご相談者様の気持ちを軽視して解決には当たりませんお気軽にご相談ください。
 

東京から広島周辺の相続問題もお任せを

加えて、当事務所ならではの強みは、広島にもネットワークを有しているので、東京から広島周辺の相続問題にも対応が可能です。お気軽にご相談ください。
 

財産の取り分を巡るトラブルから、生前の認知症対策や財産管理まで

財産の取り分を巡るトラブルはお任せください

  1. 長男などが財産を独り占めしているので、自分の取り分を主張したい
  2. 強引に話を進める人がいる、書類に押印することを迫られていて納得できない
  3. 遺言書の内容に偏りがあり、納得ができないので、無効にしてほしい
  4. 相続人が複数人おり、話がまとまらないので、間に入ってほしい
  5. 自分の貢献分や、相手が受けた生前贈与を考慮してほしい など
     

当事務所では、相続人同士の財産を巡るトラブルはもとより、生前の遺言書の作成や財産管理など、幅広い相続問題を取り扱っております。

このようなお悩みはご相談ください。
 

解決事例

【遺産分割協議・遺言書作成】面識のない相続人がいることが判明したケース

◆相談前の状況
妻が亡くなり戸籍を確認したところ、すでに離縁をしたと思っていた養女がまだ養子のままになっていることが分かった。

そして、養女は既に亡くなっており、養女に子ども2人がいることが判明した。

全く見ず知らずのその子どもらと連絡を取ることも困難で、揉め事も起こしたくないので山下江法律事務所へ相談に行った。

◆相談後
岡弁護士からのアドバイスをふまえ、遺産分割協議を自ら行うことは困難と判断し、岡弁護士に遺産分割の代理交渉を依頼した。

岡弁護士が協議を行った結果、子どもらの取得分を法定相続分の4分の1程度とすることで遺産分割協議が成立した。

その後、養女との死後離縁許可申立も行い、裁判所に認められた

また、わたしの相続についても遺言書を作成したほうがいいとのアドバイスを受け、わたしの姪に全財産を取得させる旨の遺言書作成のサポートまでしてもらった。

 

【遺留分減殺請求】親が残した遺言書の内容に納得がいかず、調停を申し立てしたケース

◆相談前の状況
母の遺言書が私の遺留分を侵害する内容であったため、遺留分減殺請求をしたく山下江法律事務所へ相談に行き弁護士へ依頼。


◆相談後
遺留分に当たるとする金額の支払いが相手方である姉からあったが、納得がいかなかった。

遺言執行者でもある姉からの遺産目録の作成や資料の提出もなかったため、弁護士に遺留分減殺請求調停を申立ててもらった。

この間に父も亡くなり、父の遺言書も私の遺留分を侵害する内容だったため、こちらも調停を申立ててもらった。

両親の遺産は総額約5億1000万円債務は約1億3000万円

調停では、遺言書の指定どおりほぼすべての遺産を姉が相続し、債務については姉が責任を負うという前提で代償金を算定して、調停前の支払いで不足する部分を払ってもらうことで和解が成立した。

 

生前対策・遺言書作成・認知症対策の財産管理

  • 自分が元気なうちに、家族がもめないように公正証書で遺言書を作成したい
  • 親が元気なうちに、財産の管理を相談したい
  • 親の認知症対策として、介護費用を工面できるようにしておきたい


例えば、家族信託などの財産管理を行っておくことで、認知症による財産凍結といったリスクを回避することができます。

当事務所には、家族信託専門士が在籍しておりますので、費用対効果の観点からも一度ご相談ください。

 

解決事例

先を見据えて、土地の更新などを娘に受託、生活費や医療を賄った事例

【相談内容】
ご相談者様は、所有している土地を商業施設に貸していましたが、高齢になったことから、契約更新などの手続きに不安をお持ちになり、相談に来られました。

【弁護士の対応】
高齢であることから何らかの病気や怪我により意思疎通困難になる可能性に対処する必要がありました。

信頼できる身内として義理の娘がいたことから、義理の娘を受託者、相談者を委託者兼受益者とする民事信託を設計しました。

契約の更新手続など不動産の管理はすべて義理の娘が代わりに行い、相談者は管理の手間や不安から解放されつつ、相談者は受益者として引き続き、賃料収入から生活費や医療費などをまかなっています。

また、死後のことも考えていただき、遺言の作成も行いました。

 

弁護士法人山下江法律事務所が選ばれる理由

初回相談料無料!相談しやすい対応体制

当事務所では、初回相談料は無料とさせていただいております。

相続問題で、有益な解決策をご提案させていただくには、詳細をお伺いし、広い視野で問題を探る必要があるからです。

弁護士料金への懸念が残る方も、まずは無料面談をご検討ください

当事務所は、個室でご相談をお伺いしております。

対応体制や料金を含め今後の見通しについて、丁寧に分かりやすく、そして詳しくご説明いたします。

まずは、お電話かメールにて、ご希望の相談日時をお伝えください。

 

弁護士が直接お会いしての面談相談をおすすめしておりますが、コロナ情勢が続くときは、電話相談、オンライン相談(Zoomを使用)を原則とさせていただいています。

 

営業時間外・休日のご面談について

営業時間外・休日であっても、事前にご予約いただくことで相談が可能です。

営業時間外のご予約は、メールでのご予約の方が、日程調整がスムーズです。メールよりご予約ください。
 

駅すぐの好立地!

  • 地下鉄銀座線の【虎ノ門駅】から徒歩1分
  • 丸ノ内線・日比谷線・千代田線の【霞ヶ関駅】から徒歩5分
  • 【JR新橋駅】から徒歩10分


とアクセスしやすい立地にあります。
 

弁護士費用について

弁護士費用は、案件の内容によって左右されますので、ご相談の際は、費用面に関してもわかりやすくご説明させていただきます。

ご依頼者様が経済的な事情を抱えていらっしゃる場合は、減額・分割支払にも対応しています。お気軽にご相談ください。

 

項目

説明(税別)

相談料

初回面談料無料

交渉・調停・裁判の着手金・報酬金

着手金

経済的利益(※)が300万円以下:8%(最低20万円)

300万円~:5%+9万円

報酬金

経済的利益が300万円以下:16%

300万円~:10%+18万円

その他

遺産分割協議書作成手数料

経済的利益(遺産総額)が300万円以下:10万円

300万円~:1%+7万円

遺言書作成

8万円~

遺言執行

20万円+金融機関法人数×3万円+遺産評価額×3%

相続放棄

1人当たり5万円~

(※)経済的利益:対象となる相続分や遺留分の時価相当額

 

費用の注意事項

交渉・調停・裁判の着手金・報酬金の注意事項

  • 交渉から調停、交渉・調停から訴訟をご依頼される際は、着手金が発生し、継続でのご依頼は、当初の着手金の2分の1をいただいております。
  • 同様に、訴訟では、審級ごとに着手金が発生しますが、第一審での着手金の2分の1となります。
  • 報酬金は、裁判が確定した最後の1回のみ発生します。
     

遺産分割協議書作成・注意事項

  • 当事務所で戸籍を取り寄せる場合、別途実費をいただいております。
  • 自動車等の動産や不動産の名義変更手続きなど、遺産分割協議書作成以外の依頼には別途費用がかかります。
 

当事務所のコンセプトと実績

当事務所が掲げるコンセプト

当事務所のロゴマークは、山下江法律事務所の「山」の字をモチーフに、ご相談者様の"笑顔"を表現しております。メインカラーの赤で、ご依頼いただいた案件には"闘志"をもって全力で取り組むこと、そして、人と人とが繋がっているようにも見える図柄では"信頼"を表しています。

「笑顔」「闘志」「信頼」を掲げ、全ての案件に全力で問題解決に取り組んでいます!
 

相続アドバイザーもいるので安心!

「こんなこと弁護士に相談していいのかな…?」など弁護士への相談をためらっている方は、NPO法人相続アドバイザー協会の認定を受けた相続アドバイザーへの無料相談をご利用いただけます。
 

  • 相続で押さえておくべき基本的な知識
  • 弁護士などの相続に関係する専門家の活用方法

といった「ちょっとした疑問」に役立つサポートとなっておりますので、お気軽にお問合せ下さい。
 

書籍を出版致しました

当事務所の経験・知識を活かし「相続問題で悩む方の力になりたい」と2016年と2019年に書籍も発行しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書籍詳細
相続・遺言のポイント55
発刊日:2019年2月15日

      編著:弁護士 山下江

本体価格:1,400円+税(全203頁)

複雑な単語や専門的な法律が必要となる相続問題ですが、この度の相続法の大改正にも対応した、イラストも多く分かりやすい内容となっておりますので、ご一読頂ければ幸いです。

弁護士事務所情報

事務所名 弁護士法人山下江法律事務所 東京虎ノ門オフィス
事務所へのアクセス方法 大きな地図を見る
  • 住所
  • 東京都港区虎ノ門一丁目5-8オフィス虎ノ門1ビル803
  • 最寄駅
  • 虎ノ門駅徒歩1分
弁護士名 山下 江(代表) 岡 篤志(東京虎ノ門オフィス支部長)
所属団体 広島弁護士会・東京弁護士会(岡篤志)
電話番号
電話番号を表示
対応地域 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、広島県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:00〜18:00

営業時間備考 ※上記以外の時間帯でも対応可能な弁護士がいれば、相談時間を設けることが可能です。
また、電話相談、WEB相談(Zoomを使用)、出張相談可です。ご希望の方はお問い合わせください。
弁護士経歴 山下 江
昭和27年4月江田島市生まれ
修道中学・高校卒業,東京大学工学部中退
平成5年4月東京弁護士会登録
平成7年7月広島弁護士会に登録替,山下江法律事務所設立
平成18年度広島弁護士会副会長
NPO法人広島経済活性化推進倶楽部理事長,広島ドラゴンフライズ顧問,一般社団法人人生安心サポートセンターきらり顧問,広島商工会議所会員,広島経済同友会会員,広島県中小企業家同友会会員,東京中央新ロータリークラブ会員、東京広島県人常務理事、日本ペンクラブ会員
著書および論文名 『相続・遺言のポイント55』 
発刊日:2019年2月15日
編著:弁護士 山下江
本体価格:1,400円+税(全203頁)
その他取扱業務 相続・遺言、企業法務、交通事故、その他民事事件、刑事事件
初回相談料金体系 初回相談無料
事務所からのお知らせ ブログもご覧ください!
弁護士 岡 篤志 https://ameblo.jp/aoka1050/
弁護士 山下 江 https://7834-09.law-yamashita.com/
お問い合わせはコチラから ※現在、営業時間外です。メール問合せをご利用ください。
電話番号を表示
お問い合わせはコチラ
電話で問合せする
まずはお気軽に
お問い合わせください。
電話番号を表示
※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
24時間受付 Webお問合せ