> 
 > 
 > 
相続税申告書の様式一覧と書き方|申告に必要な5つの知識
2016年02月29日

相続税申告書の様式一覧と書き方|申告に必要な5つの知識

Souzokuzei-shinkooku

相続税の申告をする際、申告書を提出することになりますが、その申告書には「配偶者の税額軽減額」や「未成年者控除額」、「生命保険金の明細書」といったいくつもの種類があります。
 
大別すると全部で15種類もの申告書が必要になりますが、生命保険をかけていない場合や、土地を持っていない場合は不要な申告書もあります。
 
今回は、相続税の申告書の一覧を紹介するとともに、相続税の申告に必要な手順をご紹介していきます。そもそも申告書が必要かどうかを知りたい場合は、「相続税を簡単に計算する方法と控除を利用した節税方法まとめ」をご覧ください。

相続税の申告は相続税専門の税理士へ

相続税の申告手続きでは、財産土地の評価や特例の適応などの
専門知識がないと、本来よりも高い相続税を払ってしまうことが多々あります。

「税額を抑えたい」「追徴課税・税務調査を避けたい」「期限内に終わらせたい」
こんなご要望に沿えるよう、『相続税を専門』とする税理士法人チェスターでは
相続税の申告経験が豊富な税理士が、正確・迅速な申告手続きを行います。

申告実績4,000件以上・税務調査率1%、『相続税専門』税理士法人チェスター
  • ※初回面談相談は無料、土曜・平日夜間の相談可
  • ※全ての相続手続きにワンストップ対応
  • ※業界最低水準の相続税申告報酬・費用

相続税の申告書一覧

相続税の申告に必要な申告書は、国税局が提示しているものを見ると全部で15種類あります。まずはその書類が何に必要かどうかを含めて確認していきましょう。

 

 

相続税の申告書等の様式一覧(平成30年分用)
(注)
「一般用」に「○」が付いている申告書は、一般の場合に使用する申告書となります。
なお、一般の場合とは、相続時精算課税適用者又は相続税の納税猶予等の特例の適用を受ける人がいない場合をいいます。
詳しくは、「相続税の申告のしかた(平成30年分)」の65ページからの「相続税の申告書の記載例 等(pdf/22.42MB)」をご確認ください。

書類名 一般用 各種表番号 表及び付表名 適用年月日等 容量(KB)
相続税の申告書 第1表 相続税の申告書 平成30年分以降用 PDF/151KB
第1表(続) 相続税の申告書(続) 平成30年分以降用 PDF/143KB
第1表控用 相続税の申告書控用 平成30年分以降用 PDF/140KB
第1表(続)控用 相続税の申告書(続)控用 平成30年分以降用 PDF/133KB
第1表の付表1 納税義務等の承継に係る明細書(兼相続人の代表者指定届出書) 平成30年分以降用 PDF/291KB
第1表の付表2 還付される税額の受取場所 平成30年分以降用 PDF/1,796KB
第1表の付表3 受益者等が存しない信託等に係る相続税額の計算明細書 平成30年分以降用 PDF/1,824KB
第1表の付表4 人格のない社団等又は持分の定めのない法人に課される相続税額の計算明細書 平成30年4月分以降用 PDF/177KB
  第1表の付表5 特定一般社団法人等に課される相続税額の計算明細書 平成30年4月分以降用 PDF180/KB
  第1表の付表5(別表1) 特定一般社団法人等に課される相続税額の計算明細書(別表1) 平成30年4月分以降用 PDF/227KB
  第1表の付表5(別表2) 特定一般社団法人等に課される相続税額の計算明細書(別表2) 平成30年4月分以降用 PDF/217KB
第2表 相続税の総額の計算書 平成27年分以降用 PDF/593KB
第3表 財産を取得した人のうちに農業相続人がいる場合の各人の算出税額の計算書 平成26年分以降用 PDF/489KB
第4表 相続税額の加算金額の計算書 平成28年分以降用 PDF/346KB
第4表の2 暦年課税分の贈与税額控除額の計算書 平成30年分用 PDF/593KB
第5表 配偶者の税額軽減額の計算書 平成21年4月分以降用 PDF/757KB
第6表 未成年者控除額・障害者控除額の計算書 平成27年分以降用 PDF/646KB
第7表 相次相続控除額の計算書 平成21年4月分以降用 PDF/574KB
第8表 外国税額控除額・農地等納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/446KB
第8の2表 株式等納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/350KB
第8の2表の付表1 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の適用を受ける対象非上場株式等の明細書 平成30年分以降用 PDF/846KB
第8の2表の付表2 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の適用を受ける対象非上場株式等の明細書 平成30年分以降用 PDF/2,261KB
第8の2表の付表3 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の適用を受ける対象相続非上場株式等の明細書 平成30年分用 PDF/1,355KB
  第8の2表の付表4 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の適用に係る会社が災害等により被害を受けた場合の明細書 平成30年分以降用 PDF/274KB
  第8の2の2表 特例株式等納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/461KB
  第8の2の2表の付表1 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例の適用を受ける特例対象非上場株式等の明細書 平成30年分以降用 PDF/1,000KB
  第8の2の2表の付表2 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例の適用を受ける特例対象相続非上場株式等の明細書 平成30年分用 PDF/482KB
  第8の2の2表の付表3 非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例の適用に係る会社が災害等により被害を受けた場合の明細書 平成30年分以降用 PDF/990KB
第8の3表 山林納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/621KB
第8の3表の付表 山林についての納税猶予の適用を受ける特例山林及び特例施業対象山林の明細書 平成30年分以降用 PDF/713KB
第8の4表 医療法人持分納税猶予税額・税額控除額の計算書 平成30年分以降用 PDF/848KB
第8の4表の付表 医療法人の持分の明細書・基金拠出型医療法人へ基金を拠出した場合の医療法人持分税額控除額の計算明細書 平成30年分以降用 PDF/1,204KB
第8の5表 納税猶予税額等の調整計算書 平成30年分以降用 PDF/470KB
第9表 生命保険金などの明細書 平成21年4月分以降用 PDF/392KB
第10表 退職手当金などの明細書 平成21年4月分以降用 PDF/384KB
第11表 相続税がかかる財産の明細書(相続時精算課税適用財産を除きます。) 平成21年4月分以降用 PDF/284KB
第11の2表 相続時精算課税適用財産の明細書・相続時精算課税分の贈与税額控除額の計算書 平成24年4月分以降用 PDF/553KB
第11・11の2表の付表1 小規模宅地等についての課税価格の計算明細書 平成27年分以降用 PDF/156KB
第11・11の2表の付表1(続) 小規模宅地等についての課税価格の計算明細書(続) 平成27年分以降用 PDF/137KB
第11・11の2表の付表1控用 小規模宅地等についての課税価格の計算明細書控用 平成27年分以降用 PDF/145KB
第11・11の2表の付表1(続)控用 小規模宅地等についての課税価格の計算明細書(続)控用 平成27年分以降用 PDF/133KB
第11・11の2表の付表1(別表) 小規模宅地等についての課税価格の計算明細書(別表) 平成27年分以降用 PDF/826KB
第11・11の2表の付表2 小規模宅地等、特定計画山林又は特定事業用資産についての課税価格の計算明細書 平成27年分以降用 PDF/1,190KB
第11・11の2表の付表3 特定受贈同族会社株式等である選択特定事業用資産についての課税価格の計算明細 平成27年分以降用 PDF/374KB
第11・11の2表の付表3の2 特定受贈同族会社株式等について会社分割等があった場合の特例の対象となる価額等の計算明細 平成21年4月分以降用 PDF/982KB
第11・11の2表の付表4 特定森林経営計画対象山林又は特定受贈森林経営計画対象山林である選択特定計画山林についての課税価格の計算明細 平成27年分以降用 PDF/545KB
第12表 農地等についての納税猶予の適用を受ける特例農地等の明細書 平成21年12月15日相続開始以降用 PDF/372KB
第13表 債務及び葬式費用の明細書 平成30年分以降用 PDF/260KB
第14表 純資産価額に加算される暦年課税分の贈与財産価額及び特定贈与財産価額・出資持分の定めのない法人などに遺贈した財産・特定の公益法人などに寄附した相続財産・特定公益信託のために支出した相続財産の明細書 平成30年分以降用 PDF/728KB
第15表 相続財産の種類別価額表 平成30年分以降用 PDF/160KB
第15表(続) 相続財産の種類別価額表(続) 平成30年分以降用 PDF/160KB
第15表控用 相続財産の種類別価額表控用 平成30年分以降用 PDF/143KB
第15表(続)控用 相続財産の種類別価額表(続)控用 平成30年分以降用 PDF/143KB
書類名 適用年月日等 容量(KB)
相続税の申告のしかた(平成30年分用) 平成30年分用  
「非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例」(特例措置)の適用要件及び提出書類チェックシート 平成30年分用 PDF161KB
「非上場株式等の特例贈与者が死亡した場合の相続税の納税猶予及び免除の特例」(特例措置)の適用要件及び提出書類チェックシート 平成30年分用 PDF/136KB
「非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除」(一般措置)の適用要件及び提出書類チェックシート 平成30年分用 PDF/165KB
「非上場株式等の贈与者が死亡した場合の相続税の納税猶予及び免除」(一般措置)の適用要件及び提出書類チェックシート 平成30年分用 PDF/136KB
書類名 各種表番号 表及び付表名 適用年月日等 容量(KB)
相続税の修正申告書 第1表 相続税の修正申告書 平成30年分以降用 PDF/624KB
第1表(続) 相続税の修正申告書(続) 平成30年分以降用 PDF/554KB
第3表・第8表2(修正申告用) 財産を取得した人のうちに農業相続人がいる場合の各人の算出税額及び農地等納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/597KB
第3表(続)・第8表2(続)(修正申告用) 財産を取得した人のうちに農業相続人がいる場合の各人の算出税額及び農地等納税猶予税額の計算書(続) 平成30年分以降用 PDF/1,281KB
第5表の付表 配偶者の税額軽減額の計算書(付表) 平成21年4月分以降用 PDF/854KB
第8の2表(修正申告用) 株式等納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/868KB
第8の2の2表(修正申告用) 特例株式等納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/653KB
第8の3表(修正申告用) 山林納税猶予税額の計算書 平成30年分以降用 PDF/685KB
第8の4表(修正申告用) 医療法人持分納税猶予税額・税額控除額の計算書 平成30年分以降用 PDF/969KB
第8の5表(修正申告用) 納税猶予税額等の調整計算書 平成30年分以降用 PDF/944KB
第11・11の2表の付表1(修正申告用) 小規模宅地等についての課税価格の計算明細 平成27年分以降用 PDF/633KB
第15表(修正申告用) 相続財産の種類別価額表 平成30年分以降用 PDF/397KB

出典:相続税の申告書等の様式一覧(平成30年分用)

 


 

第1表:基本的な相続税の申告書

相続税の申告をする際に必ず必要になる書類になります。
 

  • ・納税義務等の承継に係る明細書(相続人の代表者指定届出書)
  • ・還付される税額の受取場所
  • ・受益者等が存しない信託等に係る相続税額の計算明細書
  • ・人格のない社団又は財団に課される相続税額の計算明細書

 
添付表扱いの上記の申告書は該当しない場合には提出の必要はありません。
 

第2表:相続税の総額の計算書

相続税を計算し、算出した相続税の総額を記載するための申告書です。誰がそれぞれいくらの遺産を相続し、誰がどの程度の相続税を支払うのかを記載します。相続税の計算方法については「相続税の税率と計算方法|節税に有効な非課税措置まとめ」「相続税の計算方法」を参考にして頂ければと思います。
 

第3表:農業相続人がいる場合に提出

農業相続人は、農業投資価格で評価した価額を超える部分は納税を猶予される特例を受けることが出来ますので、その際に提出してください。
 

第4表:相続税額の加算がある場合に提出

相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人のうち、被相続人の一親等(代襲相続含む)及び、配偶者以外の人がいる場合に記入します。
 

第5表:配偶者控除を利用する際に必要

配偶者控除とは、配偶者が「法定相続分で相続した場合」か「1億6,000万円」までの遺産を受け取った場合に、その分の相続税が控除される制度です。この制度を利用する場合に提出する書類になります。
 
配偶者控除について詳しくは「相続税の配偶者控除とは|配偶者の相続税を軽減する方法」をご覧ください。
 

第6表:未成年者控除額・障害者控除額の計算書

相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した法定相続人のうち、満20歳に満たない人がいた場合や、一般障害者または特別障害者が空いる場合に記載し、提出します。
 

第7表:相次相続控除を行う場合

被相続人が今回の相談の開始前10年以内に開始した場合の相続について、相続税が加算される場合に提出します。
 

第8表:外国税額控除や農地等納税猶予税を行う場合に提出

課税される財産の一部が外国にあり、その財産が外国における日本の相続税に相当する税が課せられている場合に提出します。
 

外国所得税に含まれるもの

外国所得税とは、外国の法令に基づき外国又はその他公共団体により個人の所得を課税標準として課せられる税のことを言い、外国又はその他公共団体により課せられる次のものが該当します。
 

・超過所得税その他個人の取得の特定の部分を課税標準として課せられる税
・個人の所得又はその特定の部分を課税標準として課せられる税の附加税
・個人の所得を課税標準として課せられる税と同一の科目に属する税で、個人の特定の所得につき、税務上の便宜のため、所得に変えて収入金額その他これに準ずるものを課税標準として課せられるもの

  • 個人の特定の所得につき、所得を課税標準とする税に代え、個人の収入金額その他これに準ずるものを課税標準として課せられる税

参考:外国税額控除を受けられる方へ

 
結局何が対象になるのか分かりにくいと思いますが、簡単に言うと「二重課税を排除するために、法人や居住者が納付すべき所得税額や法人税額を控除します」という制度です。個人で発生する可能性はほぼ皆無ですので、法人に属していている方は、詳しい判断を税理士などに相談されるのがベストかと思います。(参考→税理士に依頼した場合の費用の相場
 
その他の

  • 株式等納税猶予税額の計算書

  • 特例非上場株式等の明細書

  • 特例相続非上場株式等の明細書

  • 山林納税猶予税額の計算書

  • 山林及び特例施業対象山林の明細書

  • 医療法人持分納税猶予税額・税額控除額の計算書

  • 医療法人の持分の明細書

  • 医療法人持分税額控除額の計算明細書

  • 納税猶予税額等の調整計算書

 
上記のものに関しては、必要に応じて記載してください。
 

第9表:生命保険金などの明細書

生命保険を受け取った方が提出する申告書になります。
 

第10表:退職手当金などの明細書

相続人やその他の人が被相続人方相続や遺贈によって取得した退職手当金、功労金、退職給付金などを受け取った場合に、その受給額を記入します。
 

第11表:相続税がかかる財産の明細書

相続や遺贈で取得した財産のうち、相続税がかかるものを記載します。
 

第11表付表1:小規模宅地等の課税価格の計算明細書

小規模宅地等の特例の適応を受ける場合に記入します。
 

第13表:債務及び葬式費用の明細書

被相続人の債務と、葬式にかかった費用を記入して、提出します。
 

第14表:相続開始3年以内に贈与を受けた場合に提出

相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、相続開始の3年以内に被相続人から暦年課税にかかる贈与によって取得した財産がある場合に記入します。
 

第15表:相続財産の種類別価額表

第11表〜第14表までの記載をまとめる場合に記載します。

 

相続税申告書の書き方

国税局のサイトにそれぞれの記入例が詳しく記載されていますので、そちらを参考にされるのが良いと思います。
 
・相続税申告書(PDF
・相続税の総額の計算書(PDF
・配偶者の税額軽減額の計算書(PDF
・未成年者控除・障害者控除額の計算書(PDF
・相次相続控除額の計算書(PDF
・外国税額控除額・農地等納税猶予額の計算書(PDF
・生命保険金などの明細書(PDF
・退職手当金などの明細書(PDF
・相続税がかかる財産の明細書(PDF
・相続時精算課税適応財産の明細書(PDF
・小規模宅地等についての課税価格の計算明細(PDF
・債務及び葬式費用の明細書(PDF
・相続財産の種類別価額表(PDFPDF
 
基本的な書き方はリンク先を参照して頂ければご理解頂けるかと思いますが、難しいのは財産の正確な価値の算出です。もし難しいと感じるようであれば、税理士などの専門家にご依頼されるのが良いかと思います。
 
 

相続税の申告をする時の手順

最後に、相続税の申告をする際の手順についてご説明していきます。
 

申告書と一緒に出す書類

相続税の申告書に添付して提出する主な書類は次のとおりです。また、重複する書類がある場合は、提出する必要はありません。
 

一般的な場合(特例などを受けない場合)

  1. 1:被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍の謄本(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)

  2. 2:遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し

  3. 3:相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの)4:相続時精算課税適用者がいる場合には、被相続人及び続時精算課税適用者の戸籍の附票の写し(相続開始の日以後に作成されたもの)

 

配偶者の税額軽減(配偶者控除)の適用を受ける場合

  1. 1:被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍の謄本(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)

  2. 2:遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し

  3. 3:相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの)

  4. 4:申告期限後3年以内の分割見込書(申告期限内に分割ができない場合)

 

小規模宅地等の特例の適用を受ける場合

  1. 1:被相続人の全ての相続人を明らかにする戸籍の謄本(相続開始の日から10日を経過した日以後に作成されたもの)
  2. 2:遺言書の写し又は遺産分割協議書の写し
  3. 3:相続人全員の印鑑証明書(遺産分割協議書に押印したもの)
  4. 4:申告期限後3年以内の分割見込書(申告期限内に分割ができない場合)
  5. 5:特定居住用宅地等に該当する宅地等

 

延納申請を行う場合

  1. 1:延納申請書
  2. 2:金銭納付を困難とする理由書
  3. 3:担保目録及び担保提供書
  4. 4:不動産等の財産の明細書
  5. 5:担保提供関係書類

・担保提供関係書類の主なもの(担保が土地の場合)
・登記事項証明書(登記簿謄本)
・固定資産税評価証明書など土地の評価の明細
・抵当権設定に必要な書類を提出する旨の申出書
 

物納申請を行う場合

  • ・物納申請書
  • ・金銭納付を困難とする理由書
  • ・物納財産目録
  • ・物納手続関係書類(登記事項証明書、公図その他必要な書類)

 

申告書の提出期限

相続の開始があったことを知った日(通常の場合は、被相続人の死亡の日)の翌日から10か月目の日です。もし申告期限の日が日曜日・祝日、土曜日の場合は翌日が相続税の申告期限となります。
 

 

相続開始の日

申告期限

10か月目の日が休日又は土曜日に当たらない場合

平成26年4月10日(木)

平成27年2月10日(火)

10か月目の日が日曜日の場合

平成26年7月10日(木)

平成27年5月11日(月)

 
申告書の提出期限に遅れて申告と納税をした場合には、原則として加算税及び延滞税がかかりますので注意しましょう。
 

相続税申告書の提出先

相続人の住所地を所轄する税務署長ではなく、被相続人の死亡の時における住所地を所轄する税務署長に提出します。【税務署の一覧はこちら
 

申告書の提出方法

申告書は同じ被相続人から相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が共同で作成して提出することができます。しかし、これらの人の間で連絡がとれない場合やその他の事由で申告書を共同で作成して提出することができない場合には、別々に申告書を提出しても差し支えありません。
 

相続税の納付を行う場合

相続税の納付に関しても、原則として法定納付期限(相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月目の日)までに金銭で納付することになっていますので、納付の時期を考えて、申告を行う必要があります。
 

  1. ① 修正申告分 :修正申告書の提出の日
  2. ② 期限後申告分:期限後申告書の提出の日
  3. ③ 更正・決定分:更正・決定通知書が発せられた日の翌日から起算して1か月を経過する日

 
 

相続税の申告期限を過ぎてしまった場合は罰金が発生する

もし、相続税の申告期限を守らず(守れず)期限が過ぎてしまった場合は、余分な税率が発生してしまします。

 

申告忘れや遅れ

申告を忘れていたり、遅れてしまった場合は罰金が生じます。

 

延滞税

納税期間を過ぎた場合、延滞税が発生します。2か月以内が7.3%、それ以降は14.6%です。

 

過少申告加算税

申告した税額が少ないと過少申告加算税が発生します。自分で気付いて修正した場合は発生しませんが、差額に応じて最大15%まで発生します。

 

無申告加算税

期限まで申告しなかった場合の罰則です。5~10%が追加されます。

 

重加算税

財産を隠したりして、課税を逃れようとした場合は重加算税が発生します。税率は35~40%と非常に重く、悪質な場合は脱税行為で刑事事件になり得ます。

 

まとめ

以上が相続税の申告に必要な手順となります。提出する書類の増減は、相続する財産の種類によって変動していきますので、申告書類の作成に手間取っていたり、時間がもったいないという方は、専門家への相談をおすすめしますので、検討してみてはいかがでしょうか。その際の費用についてはこちらの【税理士に依頼した場合の費用の相場】の記事にわかりやすくまとめておりますので是非参考にしてみてください。

 

参考:相続税の申告を税理士に頼む際に知っておくべき3つのこと

相続税の申告は相続税専門の税理士へ

相続税の申告手続きでは、財産土地の評価や特例の適応などの
専門知識がないと、本来よりも高い相続税を払ってしまうことが多々あります。

「税額を抑えたい」「追徴課税・税務調査を避けたい」「期限内に終わらせたい」
こんなご要望に沿えるよう、『相続税を専門』とする税理士法人チェスターでは
相続税の申告経験が豊富な税理士が、正確・迅速な申告手続きを行います。

申告実績4,000件以上・税務調査率1%、『相続税専門』税理士法人チェスター
  • ※初回面談相談は無料、土曜・平日夜間の相談可
  • ※全ての相続手続きにワンストップ対応
  • ※業界最低水準の相続税申告報酬・費用

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。当サイトでは、相続トラブルを1人で解決できるか悩んでいる方へ無料電話・無料相談(一部)を行い、不安解消できるように努めています。

問題解決はもちろん、あなたの状況にあったアドバイスを提供することをお約束します。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Sidebar_writer_recruit