ホーム > 弁護士検索 > 東京都 > 港区 > 新虎通り法律事務所(森田 聡,齋藤 実)

新虎通り法律事務所(森田 聡,齋藤 実)

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
経験年数
弁護士登録から 13
規模
在籍弁護士数 5
費用
初回面談相談料 0円(60分)
住所 東京都港区港区西新橋1-21-8弁護士ビル806
最寄駅 銀座線/虎ノ門駅 1番出口より徒歩5分 三田線/内幸町駅 A3番出口より徒歩4分 千代田線/霞ヶ関駅C3番出口より徒歩7分 JR/新橋駅 烏森口より徒歩7分
対応地域 東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問い合わせはコチラから ただいまの時間は営業中です
電話番号を表示
ただいまの時間は営業中です

新虎通り法律事務所(森田 聡,齋藤 実)からのメッセージ

「不安」「納得がいかない」そんな幅広い相続の問題に対応可能です!

遺産の取り分を巡るお悩み・調停

・遺産の分割方法を巡って、親族で話がまとまらないので、まとめてもらいたい

・親族で遺産を独り占めしているがいて、納得できない

・親の面倒を見てきたことを考慮して遺産を分けてほしい

・調停で代理人として、自分の意見を主張してほしい

相手に弁護士がついているので、対応してもらいたい など

 

解決事例

※下記をクリック・タップしていただくと、解決事例がご覧になれます。

遺産の取り分500万円を獲得できた事例|60代男性

【相談内容】

依頼者が郷里を離れていた間、親元の兄弟が親に勧めて全財産を自らに相続させる旨の遺言を作成させ、かつ親が死んだことも知らせずに相続を済ませていたことが判明しました。
依頼者はどうしたらよいかわからず弁護士に相談に来られました。

【弁護士の対応】

相続内容を照会したうえで遺留分減殺請求(法定相続人に保障された最低限の遺産の配分を請求すること)を行いました。
兄弟は相続税申告書記載の不動産評価額等をもとに300万円程度での金銭解決を提示してきましたが、金銭解決の場合には解決時の時価を基準とする旨反論し、約500万円をもって和解が成立しました。

 

不動産を巡る相続問題・財産の使い込み・相続人や財産調査など

遺産に不動産が含まれているので、対応してもらいたい

・共有名義になってしまっている不動産をどうにか売却したい

遺産に自宅が含まれているので、家を追い出されそうで不安だ

・相続の話になってから、自分が知らない相続人が出てきた

・そもそも財産がいくらあるのかわからないので調査を含めて依頼したい など

 

当事務所の強みの1つが、不動産がらみの相続に実績豊富という点です。

弁護士 森田は、不動産会社に勤務していた経験から、遺産の中で大きな価値を占めることの多い不動産に関する相続にこれまで数多く対応して参りました。

また、税理士・不動産鑑定士などとも日常的に連携して、節税対策や、不動産の価値評価のポイントにも精通しています。

不動産が絡む相続では、共有名義で問題を終結させても、その後不動産の管理や処分などを巡って、新たなトラブルの火種になるリスクもありますので、トータルでのサポートもお任せください!

 

※下記はクリック・タップでご覧ください。

 

※相続の法律が改正!相続に自宅が含まれていてもご安心ください!

今まで自宅を売却して遺産を分割しなければならないケースもありましたが、相続の法改正で、配偶者が自宅に住み続けることが従来よりも容易になりますので、そういった新しい制度部分にも積極的に取り組みます。

解決事例

※下記をクリック・タップしていただくと、解決事例がご覧になれます。

時価5,000万円の不動産を残す形で分割できた事例|60代男性
【相談内容】
自営業者であった父の遺産に家業の存続に不可欠な不動産がある中、相続人の数も多く、遺産の分け方に対立が起こりました。

このままでは当該不動産(時価5000万円)を売却し代金を配分することでしか協議がまとまらないということで対応に困り、弁護士へ相談に来られました。

【弁護士の対応】
依頼者と協力して対立の小さい相続人に事情を説明し、後日しかるべき財産を配分するという約束のもとで相続分を譲渡してもらって相続人の数を絞り込みました

また、対立の大きかった相続人に対しては依頼者の手持資金を加算して金銭の配分で納得してもらい、当該不動産を残す形での遺産分割が成立しました。

認知症対策(成年後見)・遺言書作成・使途不明金・相続の周辺問題のお悩み

 

・親が財産を持っているので、元気なうちに相続対策をしておきたい

・親が元気なうちに介護費用を工面できるようにしておきたい

遺産を残したい相手がいるので、法的に有益な遺言書を作成してもらいたい

・同居している兄弟が、親の遺産を使い込んでいたので、返してもらいたい など

 

相続は、遺産をお持ちの方が元気なうちに対策しておくことで、相続問題で揉めてしまうリスクを軽減できます。また、相続が発生して問題が起こった場合でも何らかの対策が見つかることも少なくありません。

 

弁護士 齋藤は、これまで数多くの相続にまつわる周辺問題にも取り組んで参りました。

 

大切な方に、遺産が残せるように事前の対策をおすすめしております。また、相続の周辺問題にも力を尽くします。お気軽にご相談ください

解決事例

※下記をクリック・タップしていただくと、解決事例がご覧になれます。

 

1.使途不明金数千万円を回収できた事例|60代女性

 

【相談内容】

資産家であった父の遺産を調査したところ数千万円しか残っておらず、父の生前に兄弟による億を超える多額の使途不明な支出が認められたことで対応に困り、弁護士へ相談に来られました。

【弁護士の対応】

介護記録の取り寄せや主治医への面談を行い、使途不明な支出がなされた時期に父は認知症で意思能力がなかったと主張して使途不明金の返還請求訴訟を提起しました。数年に亘る裁判の結果、裁判所も父の意思能力に疑義を持ったことで和解を進めてくれるに至り、依頼者に数千万円の支払いを認める和解が成立しました。

 

2.数年後に借金が判明し、相続放棄は認められなかったものの少額の和解金で解決した事例|60代女性

 

【相談内容】

資産家であった父が亡くなり相続をしたものの、その後5年近く経過した頃に、金融機関から生前の父の債務だとして数億円の返済請求が来ました。依頼者は対応に困り、弁護士へ相談に来られました。

【弁護士の対応】

相続放棄の期間は経過していましたが、相続放棄の申立てを行いました。残念ながら相続放棄は認められなかったものの、その際の記録等を用いて金融機関に事情を丁寧に説明し、最終的には100万円程度の和解金を支払うことで解決しました。

 

ご相談者様にとって納得のいく解決のため、小さな手間も惜しみません。

 

相続の問題では、人間関係が絡むため、単純に割り切れないことも多いです。

 

人それぞれ必ず思いやこだわりがあります。そういった点をご相談者様からしっかりお聞きして、そうした思いやこだわりをしっかりと守り納得のいく解決を目指すことを心掛けております。

 

その解決のために、小さな手間を惜しみません。『思いやこだわり』を飛ばして解決を急いでも、かえってこじれてしまうからです。

 

こうした心がけが評価いただいてか、

 

・先生のお陰で安心して暮らせます。

・問題があったときは、相手のことを嫌悪していら立っていましたが、おかげで穏やかな心を取り戻せました。

 

といった感謝の言葉をいただき、嬉しく思っています。

 

当事務所では、2名の弁護士が対応!東京はもちろん首都圏にも対応

 

当サイトを経由してご相談いただくと、弁護士 森田と齋藤の2名がチームでご対応します。

 

チーム制では、両弁護士が、解決の可能性を広げるために協議します。主任弁護士となった弁護士からあなたへ、解決策をご提案いたします。

 

東京の相続問題はもちろん、首都圏の問題に対応が可能です。出張費等いただく形にはなりますが、お気軽にご相談ください

【無料】初回面談1時間!お気軽にご相談を!

初回の面談は1時間無料事前のご予約休日のご相談にも対応しております。
まずは、お電話かメールにて、ご希望の面談日時をお伝えください。

※当事務所のHPはこちら:http://www.shintoradori.jp/
※下記はクリック・タップでご覧になれます。事務所情報は一番下をご覧ください

※森田弁護士の実績

経歴

大学卒業後、不動産会社等に勤務

平成18年  9月   司法試験合格

平成18年11月 最高裁判所司法研修所 入所(第60期)

平成19年12月 弁護士登録(東京弁護士会)

           都内の企業法務・知的財産権を主に扱う法律事務所に勤務

平成23年  4月   財務省中国財務局理財部金融証券検査官(任期付公務員)

平成25年  8月   渋谷パブリック法律事務所

平成30年  4月   新虎通り法律事務所 パートナー

活動

東京弁護士会中小企業法律支援センター委員

中小企業庁 経営革新等認定支援機関(準備中)

中小企業診断士第一次試験科目合格

國學院大學法学部非常勤講師

日本プロ野球選手会公認選手代理人

著書

『金融法務用語辞典』(共著)〔2010〕

「経済刑事裁判例に学ぶ不正予防対応策-法的・会計的視点から-」(共著)〔2015〕

『金融機関における個人情報保護の実務』(共著)〔2016〕など多数

※齋藤弁護士の実績

経歴

平成21年12月 弁護士登録(東京弁護士会)

渋谷パブリック法律事務所 所属(~平成30年3月)

平成23年  4月   法務省矯正研修所 外部教官(現任)

平成27年  4月   獨協大学法学部 特任教授(現任)

平成30年  4月   新虎通り法律事務所 パートナー(現任)

活動

  • 國學院大学法科大学院兼任講師
  • 慶應義塾大学法学部非常勤講師
  • 中央大学法科大学院兼任講師
  • 日本刑法学会会員
  • 世界被害者学会会員
  • 日本被害者学会会員
  • 日本犯罪社会学会会員
  • 日弁連犯罪被害者支援委員会委員
  • 横浜東ロータリークラブ幹事(2017-2018)
  • 一般社団法人日本フィンランド協会理事
  • 日本ボーイスカウト神奈川連盟横浜58団参与
  • 日弁連犯罪被害者支援委員会北欧視察団副団長(2017)

著書

  • 「フィンランドにおける過剰収容下の就労支援」『犯罪と非行』155号(2008)
  • 「フィンランドにおける性犯罪受刑者処遇の今」『刑政』119巻5号(2008)
  • 「刑事訴訟手続への犯罪被害者の参加-フィンランドの被害者参加制度を中心に-」『刑政』120巻8号(2009)
  • 「ヘルシンキ地方裁判所」『自由と正義』61号(2010)
  • 『金融法務用語辞典(六訂)』神田秀樹編(共著)経済法令(2010)
  • 「刑事裁判への市民の参加-フィンランドの参審制度を中心として-」『刑政』121巻6号(2010)
  • 「美祢社会復帰促進センターにおける受刑者調査から見えてくるもの」(共著)『刑政』122巻3号(2011)
  • 『刑法総論判例インデックス』井田良等編(共著)商事法務(2011)
  • 「フィンランドにおけるドメスティック・バイオレンス対策の現在」『民事研修』654号(2011)
  • 「フィンランドにおける受刑者処遇の現在(いま)-ノルウェーの受刑者処遇と比較しつつ-」
  • 『犯罪と非行』171号(2012)
  • 『企業不祥事判例にみる役員の責任』(共同編集)経済法令(2012)
  • 「ノルウェーの刑事政策の現状と2011年の大規模テロ事件」(共著)『刑政』(2012)
  • 「ノルウェーにおける刑事政策の現在」『学習院法務研究』(2013)
  • 「北欧における犯罪被害者庁について-ノルウェーの市民庁・暴力犯罪補償庁を中心として」『自由と正義』(2013)
  • 「少年刑事手続に関する2014年少年法改正とフィンランドにおける少年法制の現在」『獨協法学』(2014)
  • 「刑事手続における強姦罪等の非親告罪化-米兵女子中学生暴行事件とフィンランド刑法改正を踏まえて」
  • 『沖縄ジェンダー学2』(2015)
  • 「フィランドにおける女子受刑者処遇の現在(いま)-子どものいる女子受刑者の処遇(「家族ユニット」)を中心にしつつ-」『獨協法学』(2015)
  • 「ノルウェーにおける犯罪被害者庁の現在(いま):暴力犯罪補償庁及び犯罪被害者支援地方事務所を中心として」『獨協法学』(2015)
  • 「スウェーデン・フィンランドにおける肝炎ウイルス患者に対する差別・偏見」『獨協法学』(2016)
  • 『刑法各論判例インデックス』井田良等編(共著)商事法務(2016)
  • 「日本の「携帯乳児」制度がフィンランドの「家族ユニット」から学ぶこと-刑務所内で子どもを養育する意味を考える」『学習院法務研究』(2017)
  • 「裁判員裁判に関する裁判例の総合的研究―被害者参加(刑訴法316条の33以下)に関する諸問題」判例秘書ジャーナル
  • 「司法修習における刑事政策(犯罪学)教育の可能性」『獨協法学』(2017)
  • 「福祉国家フィンランドにおける刑務所の中で子どもを育てる試み」『法律時報』(2017)
  • 「ノルウェーの犯罪被害者庁及び回収庁の現在(いま)」『獨協法学』(2017)
  • 「フィンランドにおける性的マイノリティの現在(いま)」『学習院法務研究』(2018)
  • 「建国100年を迎えたフィンランドの刑事政策~「刑務所コンセプト」を中心として~」『刑政』(2018)

講演・学会発表など

スウェーデン犯罪被害者庁、世界被害者学会、学習院大学法務研究所、日本刑法学会、

同仙台支部、日本犯罪社会学会、日本社会心理学会、日本フィンランド協会、横浜東ロータリークラブ、

東北大学グローバルCOE、法務省矯正研修所、国際犯罪学会、司法福祉学会、オスロ大学法学部、

在京ノルウェー大使館、フィンランド警察大学校、国立国会図書館、日弁連人権大会、など

その他の活動

映画『同じ月を見ている』(東映)法律監修(2005)

少年院における被害者視点教育活動により感謝状(法務省「社会を明るくする運動」)(2009)

NHK、日本テレビ(NNNドキュメント「泣き寝入り」

読売新聞、朝日新聞等の取材対応など

詳細は、獨協大学ホームページもご参照下さい。

http://www.dokkyo.ac.jp/profile/law_46.htm

弁護士事務所情報

事務所名 新虎通り法律事務所(森田 聡,齋藤 実)
事務所へのアクセス方法 大きな地図を見る
  • 住所
  • 東京都港区港区西新橋1-21-8弁護士ビル806
  • 最寄駅
  • 銀座線/虎ノ門駅 1番出口より徒歩5分 三田線/内幸町駅 A3番出口より徒歩4分 千代田線/霞ヶ関駅C3番出口より徒歩7分 JR/新橋駅 烏森口より徒歩7分
弁護士名 森田 聡,齋藤 実
所属団体 東京弁護士会
電話番号
電話番号を表示
対応地域 東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :09:30〜17:30

営業時間備考 ※事前予約で休日対応可能
お問い合わせはコチラから ただいまの時間は営業中です
電話番号を表示
お問い合わせはコチラ
電話で問合せする
まずはお気軽に
お問い合わせください。
電話番号を表示
ただいまの時間は営業中です
24時間受付 Webお問合せ