ホーム > 弁護士検索 > 東京都 > 中央区 > 弁護士法人ダヴィンチ銀座事務所

弁護士法人ダヴィンチ銀座事務所

  • 電話相談可能
  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
費用
初回面談相談料 0円(30分)
住所 東京都中央区銀座7-15-5共同ビル5階
最寄駅 銀座駅・東銀座駅
対応地域 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
利用規約個人情報保護方針に同意の上、ご連絡ください。
お問い合わせはコチラから ※現在、営業時間外です。メール問合せをご利用ください。
電話番号を表示
※現在、営業時間外です。メール問合せをご利用ください。

弁護士法人ダヴィンチ銀座事務所からのメッセージ

相続税対策を含め、遺産分割のスムーズな解決を心掛けております

ご家族が亡くなり葬儀などで慌ただしくなった後、悲しむ間もなく相続と向き合わなければならない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

相続問題は法律の絡む複雑な分野です。
専門的な単語や細かな取り決めが存在するため、個人で対応すると複雑にこじれ、解決までに時間を要することも珍しくありません。

また、いざ話し合いをしても、亡くなられた方の遺産の取り分、分割が原因で親族間の紛争に発展してしまうと調停や裁判など期間・金銭的にもご相談者さまのご負担が大きくなってしまいます。

 

当事務所では、
「相続をどう進めるべきか」
「遺産に不動産や土地が含まれている…」

といった、相続発生直後からのご相談に対応しております。

 

弁護士のほか、税理士が在籍しているため「相続にかかる税金はいくらなのか…」などのご相談にも他士業を探す手間なく、弊所にて一括での対応が可能です
初回面談30分無料にてお伺いしておりますので、まずはご相談をご検討ください。
 

こうしたお悩みに対応しております

  • 家族が亡くなり遺産分割を行うことになったが連絡の取れない相続人がいる
  • 遺産に不動産が含まれており売るか残すかで揉めている
  • 故人の住んでいた家を売却したい
  • 遺産に含まれていた不動産価値を巡り対立が起きている
  • 遺産を相続したいが相続税がいくらかかるか分からない
  • 遺産の取り分が原因で話し合いがまとまらず、弁護士へ交渉を依頼したい
  • 「遺産の取り分に納得いかない」と主張する相続人がおり話合いが難航している
  • 遺言書の内容を巡り親族間で紛争状態になっている など

 

当事務所の相談体制

【休日・夜間相談】ご予約方法は下記をご参照ください

事前にご予約いただければ、休日・夜間など営業時間外のご相談にも対応しております。
ご希望の日時でご相談をお伺いできるよう、可能な限り調節致しますのでお気軽にお問い合わせください。

【お電話をご利用の方】
受付時間: 10:00~19:00

※お電話での受付時間外のお問い合わせはメール問い合わせをご利用ください。


【メールをご利用の方】
受付時間: 365日24時間受け付け
当ページのメールフォームより「必須事項」をご記載の上、ご連絡下さい。

全国出張に対応可能

相続人が遠方にいる場合でも、スムーズに解決まで進めるため、当事務所では全国出張に対応しております。
「相続人の一人が遠方に住んでおり話合いが頻繁に出来ない」
「話合いを進めることができない…」
といった場合でも、弁護士が代理人となりサポート致します。

税理士が同席複数体制にてご相談をお聞き致します

遺産分割や相続が発生すると、相続分が確定した後に相続税の申告手続きを行うことがほとんどです。
そのため、その際に税理士事務所を探すことで負担が増加してしまうことや、支払わなければならない相続税の額に驚かれる方もいらっしゃるかと思います。

遺産分割を始めとする相続には、税金の問題が必ず発生するためです。

当事務所では、無料相談の段階から税理士が同席し、ご相談をお伺いしております。
税金のことも含め、相続問題は当事務所へお任せ下さい。

 

遺産に不動産が含まれている方

不動産の相続・名義変更・売買など一括でご相談頂けます

当事務所では、不動産鑑定士・司法書士などの連携がございますので、弊所での一括対応が可能です。
 

ご希望があれば、不動産査定売却プラン賃貸用物件としての活用シミュレーションを提示いたします
不動産の処分、活用を含めた解決策の提案が可能です

 

これまでの解決事例

【遺産分割】調停にて不動産含む相続を解決したケース ご相談者様:女性80代

【相談前】

依頼者さまは介護をしていた姉(被相続人)が死亡し、もう一人の姉に「相続財産を使い込んだ」と強く主張され、遺産分割協議が全く出来ない状況となっていました。

以前にも兄の相続で調停を行っており、相続人間は極めて深刻な紛争状態でした。

【相談後】

相手方は全く協議に応じず、こちらから遺産分割調停を申し立てました。

そこからの対応の流れは、まず過去の領収証を全て整理し、税理士に依頼して関連する口座の入出金も全て調べてもらいました。
領収証で説明のつかない支出については、姉(被相続人)の入居していた介護施設職員に聞き取りを行い、供述書を作成。

このような事前準備を万全整えて、遺産分割調停の中で使い込みの誤解を解いていきました。

最終的には確かな証拠により誤解が解けて、相続財産の土地と、お互いに所有している所有地を合わせることで、土地交換までも遺産分割調停の中で実現でき、経済的利益が相互に最大化できる形で解決に至りました。

【弁護士からのコメント】

裁判所を使う手続きは紛争が発生している状態なので、交渉で解決するより対立が深まる可能性もあるものです。
ですが、どうしても協議に応じず、本人同士のみでは、らちが明かない場合は強制力をもって意見を聞いてもらう場として、裁判所の調停が有効になります。

また、調停には自分の主張を通すだけでなく、相手方の誤解を解消することや、今回のように、遺産の範囲外の土地を含めて土地交換にも利用することが出来ました。

 

【遺産分割】10名の相続人と難航していた話し合いを代理人を通して早期解決したケース ご相談者様:男性70代

【相談前】

本件、相続人が10人以上いる被相続人(90代男性)の遺産分割について、ほとんどの相続人は被相続人と接触がありませんでした。

依頼者さまも被相続人とは10年以上も連絡を取っていなかったため、被相続人の近所に住んでいた相続人の一人が、寄与分40%を主張して遺産分割協議書への署名を迫ってきました。

何の説明もなく「署名しろ。」の一点張りだったので、困り果てたご相談者さまが当事務所に訪れました。

【相談後】

依頼者から、寄与分40%を主張する相続人に対して遺産分割調停を申し立てる方法を伝えて、当職が相手方の代理人として受任しました。

その後の流れとしては、まず他の相続人全員に対し
「法定相続分での相続を希望するか」
「寄与分を認めるか」
を書面で確認し、法定相続分での相続を希望する相続人を把握しました。

そして「法定相続分の相続を希望する」相続人からも事情と主張を聞き取り、依頼人以外の主張もまとめて調停手続で主張しました。
寄与分を主張する相続人には寄与分の根拠資料の提示を要求し、介護の程度・頻度等を明らかにしました。

その結果、全員が納得できる寄与分は9%ということで話がまとまり調停成立となりました。

【弁護士からのコメント】

相続人が多数いる場合は、調停手続において全員の意見が一致する点を早期に探すことが重要です。

10人中の1人の代理人にしかなっていなくても、積極的に他の相続人たちに接触して全員の意向を把握し、争点・対立点を整理することが早期解決の近道です。

 

 

アクセス

  • 東銀座駅より徒歩5分
  • 築地市場駅より徒歩4分
  • 新橋駅より徒歩10分

ページ下部に地図がございますためご参照ください。

弁護士事務所情報

事務所名 弁護士法人ダヴィンチ銀座事務所
事務所へのアクセス方法 大きな地図を見る
  • 住所
  • 東京都中央区銀座7-15-5共同ビル5階
  • 最寄駅
  • 銀座駅・東銀座駅
弁護士名 森立
所属団体 第一東京弁護士会
電話番号
電話番号を表示
対応地域 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :10:00〜18:00

営業時間備考 事前にご予約いただければ、土日でのご面談も対応可能です。まずはお問い合わせください。
弁護士経歴 慶応大学経済学部卒業
専修大学法科大学院卒業
日本年金機構勤務
東京あかつき法律事務所勤務
弁護士法人ダヴィンチ設立
お問い合わせはコチラから ※現在、営業時間外です。メール問合せをご利用ください。
電話番号を表示
お問い合わせはコチラ
電話で問合せする
まずはお気軽に
お問い合わせください。
電話番号を表示
※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
24時間受付 Webお問合せ