ホーム > 相続コラム > 事業承継 > 後継者問題を解決!事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」の魅力
2019年01月29日

後継者問題を解決!事業承継M&Aプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」の魅力

%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%b9%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%b5%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99  %e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

今や、日本の中小企業の3分の1は後継者不足に悩んでいるといわれています。

自力で後継者を探すのは手間も時間もかかるだけに、「M&A仲介会社を利用しよう」と考えている経営者の方は多いでしょう。

しかし、ひと口にM&A仲介会社といっても多種多様で、まずは「どの会社を選ぶのがベストなのか」をよく考えなければなりません。また、せっかく仲介会社を決定しても、「なかなか納得のいく譲り受け企業が見つからない…」というのもよくある話です。

そんな悩みを解決してくれるのが、ビズリーチ・サクシードです。

ビズリーチ・サクシードは、転職サイトで有名なビズリーチが運営するインターネットサービスで、M&A・事業承継を検討する譲渡希望企業(売却検討企業)と譲り受け候補企業(買い手企業)のマッチングを行っています。サービス開始からわずか1年で、累計譲り受け企業数は2,000社以上、譲渡案件掲載数900件以上と急成長(※2018年12月時点)。最近では「ゴーゴーカレー」が利用した承継公募コラボがニュースになるなど、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ビズリーチ・サクシードの最大の魅力は、無料で手軽に良質な譲り受け企業が探せるという点にあります。また、例えば「売却後も経営に参加したい」といった意向もあらかじめ明確に表示しておくことで、個別のニーズに沿った譲り受け企業とのマッチングが実現します。「なかなかよい後継者が見つからない…」と頭を抱える経営者にとっては、まさに待ち望んでいたサービスといえるでしょう。

【ビズリーチ・サクシードへの登録はここから】

ビズリーチ・サクシードってどんなサービス?

まずは「ビズリーチ・サクシードのサービス内容」について紹介します。

会社・事業を譲渡したい経営者と譲り受けたい企業をマッチング

ビズリーチ・サクシードでは、下の画像の流れでマッチングを行います。

株式の売主側にとっては、無料で全国の良質な譲り受け企業と出会えるという点が大きな特徴です。

一般的なM&A仲介会社の場合、担当者が譲り受け候補企業に個別に声かけし、人づてに売却活動を行うため、時間がかかり、また、打診先の企業数は多くても数十社となる場合が大半です。

しかし、ビズリーチ・サクシードの場合は、譲渡案件掲載数900件以上、累計譲り受け企業数2,000社以上と、M&Aプラットフォームとしては最大級のスケールでサービス展開を行っています。一般的なM&A仲介会社を利用するよりも、手早く好みに合った譲渡先を探すことができます

譲渡企業は情報を登録してオファーを待てばOK

譲渡企業は、必要な情報を入力して審査を受け、審査に通ったあとは譲り受けたい企業からのオファーが来るのを待つだけでOKです。

登録時は、下の「個人情報」「企業情報」「譲渡形式」「案件情報」「財務情報」を入力します。

  • 個人情報…氏名・メールアドレス・電話番号
  • 企業情報…会社名・部署/役職名・郵便番号・都道府県・市区町村/番地・業種・従業員数
  • 譲渡形式…株式譲渡または事業譲渡
  • 案件情報…株式譲渡種別(株式譲渡検討時)・譲渡案件タイトル・業種・前年度売上高・事業概要・都道府県名・従業員数・希望譲渡時期・譲渡理由・譲渡で重視する項目・売却後の経営参画(株式譲渡検討時)・希望譲渡金額・アピールポイント/備考
  • 財務情報…
    【株式譲渡検討時】売上高(直前期と前々期)・営業利益(直前期と前々期)・経常利益(直前期と前々期)・EBITDA(直前期と前々期)・当期純利益(直前期と前々期)・役員報酬(直前期と前々期)・現預金・総資産・有利子負債・総負債・純資産
    【事業譲渡検討時】事業売上(直前期と前々期)・事業利益(直前期と前々期)・事業資産・事業負債

気になる買い手に対して自分からアピールもできる

例えば、

  • うちの会社は創業100年の老舗企業!
  • うちの会社は工業用ゴム製品の製造に強い!

といったように、企業が持つ魅力や強みは千差万別です。

特にアピールしたいポイントがある場合は、下の画像のように、こちらから気になる企業に向けて「自社の魅力・強み」を発信することもできます

ビズリーチ・サクシードを利用すると事業承継を成功させられるワケ

ビズリーチ・サクシードがなぜ優れたサービスなのか。なぜ利用すると事業承継がうまくいくのか。ここではその理由をお伝えします。

利用料も手数料も無料で譲り受け企業を探せる

一般的なM&A仲介会社を利用すると、下の画像のように、着手金成功報酬などがかかります。売却金額が大きいと、相応の成功報酬を支払わなければならないこともあります。

しかし、ビズリーチ・サクシードでは譲渡希望企業は利用料・手数料が一切かかりません

「無料で譲り受け企業を探せる」のはとても大きな魅力ですよね。

登録した情報の匿名性が高い

はじめから会社名などを明かすことに抵抗を覚える経営者の方も多いのではないでしょうか。譲り受け候補企業がある程度絞り込まれるまでは、あまり不必要に自社の情報を公開したくはありませんよね。

ビズリーチ・サクシードでは、はじめから譲り受け候補企業に会社名を明かすことはありません。

届いたメッセージにて譲り受け候補企業の名前を確認した後、交渉に進む段階ではじめて相手側に会社名が開示されます。「匿名性が高く、安心して登録できる」のも魅力の一つですね。

なお、下の情報についてははじめから公開対象となります。

  • 基本情報…事業概要・業種・地域・従業員数・譲渡希望期間・譲渡理由・売却後の経営参加・譲渡希望金額・譲渡で重視するポイント・アピールポイント/備考
  • 財務情報…
    【株式譲渡】直前期と前々期の売上高・営業利益・経常利益・EBITDA・純利益・役員報酬、直前期の現預金・総資産・有利子負債・総負債・純資産
    【事業譲渡】直前期と前々期の事業売上・事業利益、直前期の事業資産・事業負債

良質な「買い手」が多い

インターネットのマッチングサービスというと、「あまり質の良くない登録企業も多いのではないか」というイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしビズリーチ・サクシードでは、すべての登録企業について審査を行っており、譲渡企業と取引ができるのは「審査を通過した法人限定」です。

「テーブルに上がっているのは良質な法人限定」というのは、これから譲り受け企業を選ぶ経営者の方々にとっては大きな魅力でしょう。

また、2018年12月時点で、累計譲り受け企業数は2,000社を突破しています。この勢いだと、さらに右肩上がりにドンドン増え続けていきそうですね。

登録のサポートや相談体制もバッチリ

インターネットサービスを利用する際、登録段階で「なんだか難しそう…」と敬遠してしまう方もいるかもしれません。確かに、企業情報案件情報など、登録時にはいろいろな情報を入力する必要があります。

しかし、ビズリーチ・サクシードでは、作成が難しそうな項目について記入例を載せているので、行き詰まることなくスムーズに登録手続きが行えます。さらに、登録作業自体をビズリーチ・サクシードにサポートしてもらうことも可能です。 (お問い合せはこちら:03-6450-6968、「相続ナビを見て問合せした」とお伝えいただくとスムーズです) 

株式の売却を初めて検討している方でもわかりやすく、利用者目線に立った作りになっている点も嬉しいところですね。

もし何かわからないことがある場合は、まずは「よくあるご質問」を参考にしましょう。

それでも解決できない場合は、「よくあるご質問」ページ下部のボタンよりカスタマーサービスに問い合わせできます。口頭で相談したい場合は、電話相談にも対応しています。

ビズリーチ・サクシード利用の流れ

ビズリーチ・サクシードを利用する流れを下記にまとめました。

1〜4までは、ビズリーチ・サクシードのシステム上で行います。NDA(オンラインNDA)締結後は、システム外で企業間の個別交渉を行っていくことになりますが、コミュニケーションツールとしてビズリーチ・サクシードをそのまま利用するケースもあります。交渉の結果、無事成約となれば、ビズリーチ・サクシードで報告を行います。

まずは登録してみましょう

ビズリーチ・サクシードは後継者問題に悩む経営者にとって、無料で手軽に良質な譲り受け企業が探せる理想的なサービスです。登録時のサポート体制など、利用者目線に立ったサイト設計も魅力的で、面倒な手続きはまったくありません。ストレスを感じることなく、理想の譲り受け企業が見つけられることでしょう。

「お金をかけずに手軽に譲り受け企業を見つけたい」という希望と、「質の高い譲り受け企業を見つけたい」という願いを同時に叶えてくれるビズリーチ・サクシードに、まずは登録してみましょう。

【ビズリーチ・サクシードに登録する】

弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」

弁護士費用は決して安いものではなく、少なくとも50万円以上になることがほとんどです。

そんな弁護士費用を補償するのが、弁護士費用保険メルシーです。

Cta_merci

法的トラブルは身近に潜んでいて、いつ被害にあうか分かりません。

  • 子供がいじめで不登校になってしまった
  • インターネットで誹謗中傷を受けている
  • 酔っぱらいに絡まれてケガをした

こんなとき、弁護士依頼で発生する費用を月額2,500円で補償できます。

追加保険料0円で子供や両親、配偶者も補償対象になり、自分以外の家族も守ることができます。

いざというときの弁護士費用を賄うために、まずは資料請求を。

弁護士費用保険メルシーに無料で資料請求する

KL2020・OD・037

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon column white カテゴリからコラムを探す
Icon search white 相談内容から弁護士を探す
Category souzokutrouble normal Category tsukaikomi normal Category isanbunkatsu normal
Category iryubun normal Category souzokuhouki normal Category yuigon normal
Category daisyusouzoku normal Category seinenkouken normal Category fudosan normal
Category souzokunin normal Category souzokuzaisan normal Category souzokutouki normal
Category shintaku normal
Sidebar writer recruit