> 
 > 
 > 
家族信託に公正証書は必要か?手続きの方法やメリット・デメリットとは
2018年01月10日

家族信託に公正証書は必要か?手続きの方法やメリット・デメリットとは

弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士
監修記事
Pixta_31747276_s
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決
「遺産分割」が得意な弁護士に相談して悩みを解決!

お悩み内容から探す

Consult_btn

 

家族信託は、家族や親族のあいだで信託を契約できるとても使い勝手の良い制度として注目を集めています。多額の費用がかからないこともまた、注目される理由となっていますね。

 

今回は、そんな家族信託に公正証書は必要なのかというテーマで記事を書いていきたいと思います。公正証書を作成することで費用はかかる分、将来起こるかもしれないトラブルへの対策として、ぜひ公正証書の作成を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

遺産相続のお悩みは弁護士への相談で解決
相談内容」と「都道府県」の選択で相続問題が得意な弁護士が見つかる

遺産相続について期限が迫っていたり不満や納得のいかない事があるなら
遺産相続トラブルの解決が得意な弁護士への相談がオススメです。


当サイト『相続弁護士ナビ』は相続争いの解決を得意とする弁護士を掲載しております。

・遺産相続の進め方が分からない

・何が相続財産に含まれるのか判断できない

・誰がどの程度相続できるのか教えて欲しい

こういった悩みは相続に詳しい弁護士への相談がオススメです。
 
事務所への電話は【通話料無料】でご連絡が可能で、
電話での無料相談や面談による相談を無料にしている事務所もあります。
まずはお近くの弁護士を探して相談してみましょう。

 

 

  目次
家族信託と公正証書の関係
公正証書とは?
家族信託に公正証書は必要?
公正証書を用いるメリットとデメリット
メリット
デメリット
公正証書を作成するための手順
用意するもの
公正証書にかかる費用
公正証書遺言について
まとめ

家族信託と公正証書の関係

まずはじめに、家族信託と公正証書の関係について解説していきたいと思います。

家族信託は気軽に手続きができることで知られていますが、公正証書を作成する必要はあるのでしょうか?

 

公正証書とは?

公正証書とは、公証人(検察官や裁判官、または法務局長などの選ばれた法律の専門家)によって作成された公文書のことです。公正証書には高い証拠と証明力があり、たとえば公正証書を作成して契約をした相手の支払いが滞っている場合、その相手の給料等を差し押さえることが可能になります。

 

裁判を起こして債権を回収する方法もありますが、それでは多額の費用がかかったり、ストレスや時間を浪費してしまうことにもなりかねませんね。

 

公正証書があればそれが有力な証拠となり、債権回収のために裁判を起こす必要もなくなるのです。

 

家族信託に公正証書は必要?

家族信託は、委託者と受託者のあいだで取り決めが行えるので、必ずしも公正証書が必要になるという訳でありません。信託自体は、お互いの合意があれば有効に成立します。したがって、合意内容を証する書面があれば、十分という考え方もできます。

 

しかし、相手と有効な書面を締結した場合であっても将来的に何が起こるかは予想ができません。

 

特に不動産管理のような高額な財産管理の契約などにおいては、将来的に金銭トラブルが起こってしまう可能性もありえます。

 

そうなってしまうことを防ぐためにも、公正証書を作成しておくことは非常に有効です。

 

というのも、公証人立ち会いのもとで公正証書を作成しておけば、いざ争いが起こった時に、非常に信用性の高い証拠となります。また、公正証書を作成したということが、当事者の自責を促し、契約違反等のトラブルが生じることを予防する効果も期待できます。

 

公正証書を用いるメリットとデメリット

公正証書を作成することについては、いったいどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

それぞれについて、考えていきたいと思います。

 

メリット

公正証書を作ることの一番のメリットとしてまず挙げられるのは、トラブル予防の観点から有用ということです。

トラブル回避につながる

信頼のおける家族や親族に財産を委託したとしても、将来的にはトラブルに発展することもありえますよね。

 

そんな時、公正証書があれば有効な証拠となります。当事者同士が作成した書類では、あとから偽造される可能性は完全には否定できません。

 

しかし公証人が作成した公正証書であれば、役所を通しているので偽造される可能性は皆無です。

また、公証役場という公的機関を通じて契約書を作成したということが、当事者の自責を促して、トラブル予防に働くことも期待できます。

 

デメリット

公正証書にはデメリットも存在します。

 

費用がかかる

それは公正証書は公証人に作成を依頼する必要があるので、その分費用がかかってくるということです。

 

また、一般的な役場ではない公証役場(公証人の勤める役場)に当事者双方が出向いて手続きを行う必要があるので、手間や時間、さらには費用がかかってくるということが、デメリットとして挙げられますね。

 

公正証書を公証人に依頼する際の費用に関しては、このあと詳しく書いていきたいと思います。

 

公正証書を作成するための手順

それでは公正証書を作成するための必要な手続きについて、解説していきます。

 

用意するもの

当事者本人が公証役場に出向く場合は、

  • 運転免許証と認印 
  • パスボートと認印 
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)と認印
  • 印鑑証明書と実印

 

のうちどれ1つを用意しましょう。その他、個別の案件によって、財産を特定できる書類(登記簿謄本・車検証・通帳・株券等)のコピーなども合わせて用意します。

 

また、当事者本人が出向くことができない場合には、代理人による出頭も可能です。

その場合、上記のうちどれか1つに加え、本人の実印と印鑑証明書を添付した委任状が必要になります。

 

これに加え、「どういった事例で、どういった意図で公正証書を作成しようと思ったのか」といった理由や内容を公証人に説明できるよう、明確に用意しておきましょう。

 

出向く場所

公正証書は自分で自由に作ることはできないため、公証人の勤める公証役場に出向く必要があります。公証役場は一般の役場とは違い、全国の市町村にあるわけではありません。東京23区内にはたくさんありますが、地方にはまばらしか存在しないというのが現状です。

 

ですので、公正証書に自ら出向く場合はあらかじめインターネットで確認し、近い場所に出向くようにしましょう。全国の公証役場の所在地については、こちらのページを参考にしてみてください。

参考ページ:日本公証人連合会

 

公正証書にかかる費用

公正証書を作成するには、その信託財産の評価額によって、以下の作成費用が必要です。

 

信託財産の評価額 証書の作成費用
100万円以下 5,000円
100万~200万円以下 7,000円
200万~500万円以下 1.1万円
500万~1,000万円以下 1.7万円
1,000万~3,000万円以下 2.3万円
3,000万~5,000万円以下 2.9万円
1億~3億円以下 4.3万円+(5,000万円まで毎に1.3万円加算)
3億~10億円以下 9.5万円+(5,000万円まで毎に1.1万円加算)
10億円以上 24.9万円+(5,000万円まで毎に8,000円加算)

参考:家族信託の仕組みと利用するメリット・デメリットの全知識

 

また別途、弁護士への依頼費用がかかりますが、まだまだ家族信託自体が一般的に浸透していないため、明確な費用の相場がないのも事実です。

よくいわれている公正証書作成の弁護士費用としては、5万円~10万円といったところが現在の相場のようです。

 

公正証書遺言について

日本公証人連合会によると、平成18年の遺言公正証書の作成件数は7万件を超え、25年前の昭和56年の約2倍となっているそうです。

参考記事:公証人連合会

 

相続権の争いで家族がバラバラになるケースもあり、「遺言を残しておけば…」といったように、遺言の必要性が年々高まってきました。

 

遺言には厳格な作成方式があり、それに従わない遺言は全て無効になってしまいます。公証人を通じて遺言を作成する公正証書遺言では、このようなリスクは完全に払拭できます。

 

「しっかりと遺言を残しておけば」と、家族や親族がバラバラになってしまわないよう、遺言公正証書を作成するケースが年々高まっているのです。

 

まとめ

今回は、家族信託と公正証書の関係性を中心に解説をしてきました。家族信託はとても使い勝手が良く、費用もかからないことから、現在とても注目を集める制度となっています。

 

ですが、公証人を用いて公正証書を作成することにより、将来起こり得るかもしれないトラブルに備えての有効な対策となることは間違いありません。

 

その分費用はかかってきますが、家族や親族の関係性が崩れてしまわないためにも、公正証書を使うことはデメリットよりもメリットの方が多いことだと私は思います。

 

 

この記事の監修者
弁護士法人プラム綜合法律事務所
梅澤康二 弁護士 (第二東京弁護士会)
アンダーソン・毛利・友常法律事務所を経て2014年8月にプラム綜合法律事務所を設立。企業法務から一般民事、刑事事件まで総合的なリーガルサービスを提供している。

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。当サイトでは、相続トラブルを1人で解決できるか悩んでいる方へ無料電話・無料相談(一部)を行い、不安解消できるように努めています。

問題解決はもちろん、あなたの状況にあったアドバイスを提供することをお約束します。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Sidebar_writer_recruit