たちばな総合法律事務所の事務所情報

相続弁護士検索

 > 
 > 
 > 
たちばな総合法律事務所
Office_info_1631
Office_info_1631 Office_info_1632 Office_info_1633
弁護士事務所詳細
たちばな総合法律事務所
大阪府
弁護士 橘高 和芳

大阪府 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

地図を見る
最寄 地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」(東改札)から徒歩5分、近鉄大阪線「大阪上本町」駅から徒歩1分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-9682-91909 【通話料無料】

09時57分現在、営業時間内です。


Btn-inquiry
【法務と税務のワンストップサービス】 相続問題・生前対策に必要な対策を一気通貫でサポートいたします。相続は家族間の問題なので、税務だけ、民法だけで割り切ることができない複雑さがあり、法務・税務のプロが依頼者さまと共に相続問題の解決に努めます。また、生前対策では財産を遺す方の「志」を中心に長期計画を作成します。税理士として税務申告も行いますので、遺産相続のご相談に万全の対応が可能です。
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-91909
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名たちばな総合法律事務所
弁護士 橘高 和芳
所属団体大阪弁護士会 近畿税理士会
住所 大阪府 大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階
最寄駅地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」(東改札)から徒歩5分、近鉄大阪線「大阪上本町」駅から徒歩1分
電話番号0066-9682-91909 【通話料無料】
対応地域 滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜19:00

営業時間備考事前にご連絡いただければ土日・夜間も対応可能です。
弁護士経歴 【経歴】
平成06年 京都大学法学部入学
平成09年 司法試験合格
平成10年 京都大学法学部卒業、52期司法修習生
平成12年 弁護士登録
平成14年 みお綜合法律事務所のパートナー(共同経営者)となる
平成24年 国税不服審判所 国税審判官(平成27年まで)
平成27年 たちばな総合法律事務所を設立
平成27年 羽賀・たちばな会計事務所に加入
その他取扱業務 ・生前対策業務(遺言書作成の他に、民事信託、相続税プランニング、不動産の相続対策、会社の相続対策、後継者不在の相続対策など)
・相続業務(分割協議・遺留分などの他に、相続税申告業務)
・病院・介護施設の法務・税務(従業員管理、就業規則作成、医療事故・介護事故への対応と予防策策定、診療債権回収、税務申告など)
・不動産賃貸法務(不動産管理会社の設立、タックスプランニング、賃料債権回収など)
初回相談料金体系 相続・遺産に関するご相談のみ、初回相談料30分 0円(以後30分ごとに5,000円(税別))
既に法律顧問・税務顧問契約を結ばれている方については、相談料を割引きしています。
事務所からのお知らせ 【初回相談の流れ】
1)お電話にて、「ご相談内容の確認」と「相談日の日程調整」をさせていただきます。
※お電話でのご相談・回答は、5分程度で終わると弊職が判断するものは可能です。
2)相談当日、弊職がお客様のご相談にお乗りいたします。
著書および論文名 【講演実績】
平成23年7月21日・30日 遺言書にまつわるトラブル
平成23年4月13日 「家主が行うべき消費者保護法制下のトラブル対策」
平成23年1月10日 高齢者問題に関する無料個別相談会&無料セミナー
平成22年7月3日 高齢者問題に関する無料個別相談会&無料セミナー
平成21年9月19日 高齢化社会の身近な「法律問題」~成年後見制度や遺言の活用法を解説~
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-91909
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large

Qa-list-header
回答件数 212
相談日 2017.4.22 カテゴリ 相続放棄
宜しくお願い致します。
40年前に家を出、音信不通の父が亡くなりました。
母も既に他界、同居人との間に子が二人ありますが、認知はしておらず、戸籍上の子は私と弟のみです。
同居人の話では、負債はなく、財産は私達が住んでいた実家のみとの事。
現在実家は無人です。
同居人の言葉を信じるのも怖く、放棄を考えておりますが、姉弟が放棄申述書を提出するのみで良いのでしょうか。
放棄により新たに相続人になる叔父、従兄弟へのコンタクトが必用なのでしょうか。
教えて頂けましたらありがたいです。

相続放棄について
 相続放棄は、相続開始を知ってから3か月以内に相続放棄申述書を提出されるのであれば問題はないと思われます。
 次順位の相続人(叔父、従兄弟)に連絡する法的義務はありませんが、連絡したほうが丁寧と思われます(第三順位の相続人の場合、戸籍謄本の収集に時間がかかるため)。
相談日 2017.4.22 カテゴリ 遺産分割
私は7人兄弟の7番目です。7人の内すでに3人他界しています。先日兄が他界しました。兄が他界する前に兄の妻と子供は他界しています。相続するのは私を含め兄弟3人と他界している兄弟の甥と姪の合計10名になります。法定相続はどうわけられるのか教えてください。

回答いたします|たちばな総合法律事務所
 他界されたご兄弟3人ともに子供が各1人ずついるとすると、6分の1ずつになると思われます。亡くなられたご兄弟に何人お子様(甥姪)がいるかで、甥姪の相続分は変わってくると思われます。
相談日 2017.4.23 カテゴリ 遺産分割
私の叔母89歳の相続についてお願いします。
私の母(亡)叔母89歳 叔母85歳の3人姉妹で
89歳の叔母は独身です
もし、叔母が亡くなった場合の相続に対しての
控除の計算方法を教えてください。
相続額は8千万と考えて
母(亡)の子ども(姪)3人います。

もし、叔母が養子をもらった場合
私たち(姪)には相続権は発生しないのでしょうか?
教えていただけますでしょうか。

基礎控除について
 「控除の計算法」が相続税の基礎控除の計算という意味を前提にすると、89歳の叔母さまが亡くなられた場合の法定相続人は、85歳の叔母さまと亡くられたお母様を代襲する姪3人となりますので、相続税の基礎控除額は、5400万円(=3000万円+600万円×4人)となります。
 また、89歳の叔母さまが養子をとられた場合は、養子が叔母さまの財産をすべて相続することになります(その場合の相続税の基礎控除は3600万円となります)。
相談日 2017.4.12 カテゴリ 相続放棄
友人の父親が死亡しました。古い軽四で駐車場を借りていた為、何とか処分できいないかと相談されたので書面は交わさず口約束のみで引き受けました。車屋の友人名義に変えて販売する事になりましたが車はまだ保管中です。費用も善意でガソリン代のみ請求してます。
その後借金があると判明したので相続放棄をする事になったそうです。債務者から軽四の事を言われたらしく困り果てた友人から、勝手に処分したから相続放棄できなくなった、借金の肩代わりしろと言われて困っています。
どうなりますか?

相続放棄について
 相続放棄するしない、放棄前に被相続人の財産のどうするか(保管するか、処分するか)は、相続人の自由です。ご質問者様は、質問内容を拝見する限り、その相続人から頼まれて名義変更しただけということですので、借金の肩代わりは不要とと思われます。
相談日 2017.4.12 カテゴリ 遺産分割
母が亡くなり遺産分割することになりました。相続人は長男、長女(私)の二人です。母の財産は長男と同居していた家と預貯金です。家は長男が家を新築した際に母が頭金の支払いをしたため、母と長男の共同名義です。
相続について長男が 預貯金を長男2/3、私に1/3と提案してきました。(家の分については遺産としていないようです)私としては母に介護の必要がなく長男の負担も多くないこと、生前長男との家の頭金を負担したことで1/2を主張しました。
その途端、やくざのごとく大声で怒鳴り散らし、半分取るなら、親戚の付き合い部分の香典などの交際費を半分負担するよう言ってきました。法律以前の話だと思いますが、この要求に正当性はあるのでしょうか?
また、20年ほど前に祖父が亡くなった際、祖父名義の土地、預貯金は長男が相続しました。祖父の子である私たちの父はすでに亡くなっており、この相続では母に相続権がなくすべて長男が相続するということ(本人の申し出)で終わっています。なのに固定資産税が多額なので、母の遺産がないとやっていけないと言い出しました。こちらも認められることでしょうか?
私としては母が生前長男を援助した分(家の頭金など)に何も言うつもりはありませんし、母の居住スペースの片付け等、ある程度の額は長男の相続分にしたいと考えています。なので完全な1/2にはなりません。
それでも、家を継いだ者が多く取るような考えのもと最初の提案に応じる必要があるのでしょうか?

遺産分割協議について
 家を継ぐ(祭祀を承継する)ことと相続財産の分割は、別個の法律問題ですので、ご質問者様が法定相続分を主張することは問題ありません。
 また、遺産分割協議は、被相続人ごとに考えて進めるべきでしょう。
 遺産分割協議が前に進まないようであれば、家裁に調停・審判の申立てを検討されたほうが良いでしょう。また、申立てに当たっては、弁護士を選任したほうが良い事案と思われます(調停委員が長男の言うことに引きずられないようにするため)。
相談日 2017.4.11 カテゴリ 相続放棄
初めまして12月にある弁護士の方から相続について手紙がきました。他界した父に腹違いの兄弟がいたらしく、私たちにもその方の相続の権利があると。全くその事実を知らなかったので、驚きました。一方的に手数料は払ってもらうなどの手紙が来ましたので、権利については一切放棄しますと手紙で意思表示を今月しましたけれど先方からはそれ以上の手紙がまだ来ておりません。
弁護士先生のお力が必要と思われます。何かアドバイスがあれば教えていただきたくメールさせていただきました。宜しくお願い致します

手続について
 相手方の弁護士に放棄する旨の手紙を送っただけのようですので、改めて放棄に係る書面を作成を要する可能性があります(例えば、被相続人名義の銀行口座の解約をする場合、相続しない旨の書面に実印で押印して印鑑証明書を提出する必要があります)。この点は、相手方の弁護士に対して、手続きの進捗を確認したほうがよいでしょう。
相談日 2017.4.6 カテゴリ 相続放棄
当サイトで、「相続財産管理人の選任を請求する際に予納金が発生した場合、その負担割合を相続放棄する者は決めておくと良い」とありますが、相続を放棄した者が相続財産管理人選任の申立人になれるのか?

相続放棄した方の申立て
 相続放棄した方は、放棄によって新たに相続人となる者が相続財産を管理することができるようになるまで、財産を管理する必要があるので(民法940条)、利害関係人として相続財産管理人の選任申立てができます。
相談日 2017.4.6 カテゴリ 遺産分割
母が亡くなって私と弟で遺産を分割しなくてはなりません。弟とは絶縁状態にあるため直接話をしたくありません。直接顔を合わせず協議をすることは可能でしょうか。
それと、弟はかなり高額のお金を母から借りており、借用書などはありませんが、母が手帳につけていたものがあります。これは生前の贈与として今回の遺産の分割に考慮されるものでしょうか。

貸金の存否
 貸金が相続開始時点でも残っていた場合には、相続財産となります。
 問題は、貸金の存在や額の立証ですが、手帳の記載内容や体裁を見たうえでの判断となりますので、弁護士に相談したほうが良いでしょう。
相談日 2017.4.6 カテゴリ 遺産分割
父が亡くなり、母と3姉妹です。私は次女です。相続は全て母となりましたが、決めたのは両親と同居していた長女です。私と妹には一切相談がありませんでした。母は軽い認知症で長女の言いなりです。私は母が相続したことではなく、相談がなく姉が決めたことが不服なのですが、姉一人で決めることは法的には問題がないのでしょうか?

回答いたします|たちばな総合法律事務所
 ご質問者様が遺産分割協議書に署名押印した場合には、残念ながらどうしようもありません(お母様の認知症が重度であれば無効となる余地もありますが)。
 署名押印をしていない場合には、納得いくまで交渉するべきでしょう。もしお母様が全遺産を取得する内容狭義の場合、残念ながらお母様名義の財産がどんどん流出していく可能性があります。
相談日 2017.4.5 カテゴリ 遺産分割
夫が亡くなりましたが、子供はいません。夫の母と弟(妻である私にとっては義母と義弟)がおりますが、義弟は行方不明で全く連絡が取れません。子どもがいないので、義弟にも相続の権利があると言われましたが、連絡が取れない場合はどうなりますか?

相続人について
 ご主人のお母様がご存命であれば相続人は、ご質問者様とお母様(第二順位相続人)となりますので、義弟は関係ないように思われます。
 もし、ご主人のお母様が亡くなられている場合には、義弟と協議する必要があります。まずは弁護士に相談して、必要な戸籍を取得して、戸籍附票などから住所を確認し、それでもわからない場合には不在者財産管理人や失踪宣告などについて検討することになります(弁護士にご相談ください)。