ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ) > 三重県 > 鈴鹿市で遺産相続に強い弁護士一覧
key_visual

三重県「相続」に強い

弁護士が見つかる検索サイト

【土日祝も対応】鈴鹿市で遺産相続に強い弁護士一覧 全3件

三重県鈴鹿市の遺産相続に強い弁護士が3件見つかりました。ベンナビ相続(旧:相続弁護士ナビ)では、三重県鈴鹿市の遺産相続に強い弁護士を探せます。遺産相続でお悩みの方は近くの弁護士にまずは相談してみましょう。
駅名で弁護士・法律事務所を絞り込む
分野で弁護士・法律事務所を絞り込む
1~3件を表示
利用規約個人情報保護方針に同意の上、各法律事務所にご連絡ください。
更新日:

【グループ連携でワンストップ対応!】弁護士法人心 四日市法律事務所

※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
  • 相続税の相談対応
  • オンライン面談可能
費用
初回面談相談料
0
相談料0円!近鉄四日市駅 西出口より徒歩1分の好立地!】相続・不動産問題に注力する「相続チーム」の弁護士が、豊富な経験と実績を武器にご依頼者さまをしっかりとサポートさせていただきます。
相談の流れを見る
お問合せはこちら
弁護士への相談の流れ
住所 三重県四日市市
三重県四日市市安島1-2-29MIZUTANIビル3階
最寄駅 近鉄四日市駅 西出口より徒歩1分
対応地域 三重県 愛知県 岐阜県

シンジ総合法律事務所

※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
経験年数
弁護士登録から
10
費用
初回面談相談料
0円(45分)
◆近鉄四日市駅直通│近鉄百貨店7階初回面談相談無料◆遺産分割/遺留分/相続放棄など相続問題に幅広く対応可能◎◆四日市を中心に周辺地域からのご相談多数。複雑な手続きの代行も可能ですので、まずはご相談ください
相談の流れを見る
お問合せはこちら
弁護士への相談の流れ
住所 三重県四日市市
三重県四日市市諏訪栄町7-34四日市近鉄ビル7階
最寄駅 ●近鉄四日市駅 直結 ●お車でお越しの場合 「近鉄パーキング」や「くすの木パーキング」をご利用ください。
対応地域 三重県内

【グループ連携でワンストップ対応!】弁護士法人心 津法律事務所

※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
  • 初回相談無料
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
  • 相続税の相談対応
  • オンライン面談可能
費用
初回面談相談料
0
相談料0円!津駅より徒歩0.5分の好立地!】相続・不動産問題に注力する「相続チーム」の弁護士が、豊富な経験と実績を武器にご依頼者さまをしっかりとサポートさせていただきます。
相談の流れを見る
お問合せはこちら
弁護士への相談の流れ
住所 三重県津市
三重県津市羽所町345津駅前第一ビル5F
最寄駅 津駅 東口 徒歩0.5分
対応地域 愛知県  岐阜県  三重県 
3件の検索結果 (1~3件を表示)
三重県鈴鹿市の相続弁護士が回答した解決事例
遺産の種類
不動産、現金、預貯金、有価証券、自動車、家財
回収金額・経済的利益
2,000万円
依頼者の立場
被相続人の息子
被相続人
依頼者の父母
紛争相手
依頼者の兄弟
三重県鈴鹿市の相続弁護士が回答した法律相談QA
遺留分侵害額請求について
相談者(ID:05831)さんからの投稿
昨年の年末に父が他界し、相続財産があるため遺産分割協議中です。遺留分侵害額請求をしようと思っているのですが、これは弁護士さんに頼んだほうが良いのか自分で出来るならしようと思っています。亡くなって一年以内にしなくてはいけないこと、郵便局で内容証明で出すということは知っているのですが、詳しいやり方を教えてください。もし、弁護士さんにお願いしたらいくらぐらいかかりますか?
ご質問いただいた件について、回答いたします(若干基礎的部分の説明を補足いたしますので、既にご理解されている内容であれば失礼いたします)。

ご質問の遺留分侵害額請求は、相続が開始したこと及び遺留分を侵害する遺贈や贈与などがあったことを遺留分権利者が知ってから1年の間に行使する必要があります。

例えば、遺言書などがあって、他の相続人にすべて相続させる、、ご相談者様には相続させない、、という形で、相談者様の相続できる権利が侵害されていることがわかった場合、それでも「最低限、遺留分として認められる範囲では守りますよ」という権利です。

ご質問からは判断できないのですが、そういった遺言書があって、このままだと、自分の相続の権利が侵害されてしまう(全く相続できない等)という問題に直面されているということでしょうか。

その場合、ご理解されているように、内容証明郵便で支払いを求めるのも一つの方法です。

この場合、特に決まった書式はありませんので、自分の遺留分が侵害されているから、遺留分相当の金〇〇万円の支払いを、〇〇日までに、求める、、支払先は、、、ということがわかる文面であればよいです。

この請求自体は弁護士でなければならないというわけではありません。これに対して支払ってきてくれたら解決です。

問題は、この請求を出しても無視されたりした場合です。 そのような場合、結局、強制的に遺留分を守るための手続きを裁判所に行う必要があります。

それが、「遺留分侵害額の請求調停」であり、ここでもまとまらない場合は、「遺留分侵害額請求訴訟」 になります(この段階までくると、弁護士に依頼しないと難しいと思います)。

今のご質問者様の状況が不明ですので(争いの程度等)、ご質問に対して一刀両断的に応えることはできないのですが、

弁護士に依頼する必要がある状況なのか、それともご自身でも対応できる状況なのか、含めて、「法律相談」だけでもまず受けられることをお勧めします(弁護士によっては、その相談内で、内容証明の内容まで説明してくれると思います)。そのうえで、依頼するかどうか見極めればよろしいかと思います。

費用に関しましては、法律相談であれば、各事務所が定めている費用のとおりになります。

なお、内容証明を弁護士名で出すことのご依頼に関しては、一般的に20万前後、弁護士名を出さずに、あくまで書面だけを作成する依頼であれば、5万~10万前後ではないでしょうか(各事務所によりますので、ご了承ください。)。

ただ、経験上、すでにある程度お互いに意見の相違があるのであれば、弁護士名で内容証明を出しても、あまり効果がなく、前述の調停や裁判に流れ込むケースが多いのも事実ではあります。






 弁護士 古市太一(すずか市民綜合法律事務所)からの回答  
- 回答日:2023年07月04日
ご回答有難うございました。
とても分かりやすくご回答くださり有難うございます。
お恥ずかしい話ですが、お聞きします。
内容証明郵便の郵送先はどこになるのですか?
相談者(ID:05831)からの返信
- 返信日:2023年07月05日
追加のご質問について、回答致します。

内容証明郵便の郵送先

→ご相談者様の遺留分をまさに侵害している相手方になります。

例えば、遺言書で、一人の相続人にすべて相続させる内容だったのであれば、その相続人に。また、例えば、故人が亡くなる数年前に、遺留分を侵害するような多額の贈与を一人の相続人にしていたのであればその相続人に、、となります。

今回のご相談者様のケースが上記のようなシンプルな侵害態様であれば問題ないのですが、侵害している相手が複数いるような場合で、誰に対していくらおこなっていけばわからないようなケースもあります。もしそのようなケースであれば、こういったメールでの相談では回答が難しいことから、お近くの法律事務所にて対面の法律相談を受けることをお勧めいたします。
弁護士 古市太一(すずか市民綜合法律事務所)からの返信
- 返信日:2023年07月07日
ご回答有難うございました。
ご丁寧なご説明で大変よくわかりました。
有難うございました。
相談者(ID:05831)からの返信
- 返信日:2023年07月08日
弁護士の方はこちら