遺産を姉に使われてしまっていた…

遺産・財産の使い込み
60代
男性
遺産の種類
預貯金
依頼者の立場
被相続人の息子
被相続人
依頼者の母
紛争相手
依頼者の姉妹

依頼前の状況

数千万円単位の財産を保有していた依頼者様のお母様がお亡くなりになり、相続人は依頼者様と依頼者様のお姉さまのみでした。

しかし、お母様がお亡くなりになられた時点では、半分程度しか遺産が残されていませんでした。

依頼者様のお姉さまはお母様の判断能力が衰えたころから、頻繁に預金を引き出していました。

依頼者様が証拠を固めるにつれて、お姉さまは、「母からもらった」と言い出すようになりました。

依頼内容

「母から贈与された。」という一転張りで話が一向に進まないため、とりあえず遺留分減殺請求だけは念のために行いましたが、この先どうすれば良いかわからず当事務所に相談にこられました。

対応と結果

依頼者様の主張や収集された証拠から見れば、相手方は、被相続人の財産を無断で費消した人物ということになります。

これは、生前の被相続人との関係でみれば不法行為となります。
そこで不法行為に基づく損害賠償請求権を相続したという形式で、損害賠償請求訴訟を提起しました。

この訴訟でも、相手方は不合理な主張を繰り返し続けましたが、逐一依頼者様と協議を重ね、丁寧に相手方の主張を潰すという作業を行いました。

そして、主張がある程度尽くされた時期に、裁判所が和解案を示しました。

和解案は当方の主張を酌むものでしたが、裁判所の判断に納得がいかない、さらには支払能力がないとの理由で和解に応じませんでした。

ところが、その後の訴訟では膨大な証拠や、丁寧に打ち合わせを行って作成した準備書面を何通も提出しました。
}
尋問においても、明らかに相手方の主張の不合理性は浮き出しにできたはずでした。
しかし、最終的に第一審の判決の内容は相手方に有利な内容でした。

第一審判決がこうした結果に至ることは、第一審終盤にある程度予測できるものでした。

そこで、当方は、判決後、速やかに控訴し、詳細な控訴理由書を訂正しました。
その内容は、第1審における交代前の裁判官と同様、当方の主張が認められた内容の和解案でした。

相手方は和解案を素直に受け入れず、支払能力がないこと等を理由に大幅な減額を求めてきました。

しかし、高等裁判所は、「大幅な減額は不合理である。」として相手方を説得しました。

その上で、裁判所は当方にも一定の減額を受け入れる形での和解を検討するよう要請しました。

そして、最終的に依頼者様は、

① 裁判所の和解案が十分に当方の主張を前提としたものであったこと
② 控訴を決めた時点で想定していた受け入れ可能な解決ラインを上回っていたこと
③ 訴訟を続けるうえで家族にも様々な負担をかけておりこれ以上そうした負担を夫婦で抱え込みたくないと考えたこと
④ 相手方の身体的衰えも顕著であり訴訟の長期化は新たな問題を生む可能性があったこと

などを考慮し、納得の上で最終的に裁判所の要請を受け入れ、和解という形で解決に至りました。

この事例を解決した事務所

【遺言書対応に自信あり/代理相談も受付中】いろどり法律事務所

充実の3時間無料相談で、あなたの疑問や不安に徹底的に向き合います。
※現在、営業時間外です
メール問合せをご利用ください
  • 初回相談無料
  • 来所不要
  • 電話相談可能
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
  • オンライン面談可能
経験年数
弁護士登録から
15
規模
在籍弁護士数
1
費用
初回面談相談料
0
【初回面談3時間まで無料】「今後に備えて遺言書を作りたい」「遺産相続で揉めている」「遺言書に納得がいかない」「不動産の分け方で困っている」など、まずはお気軽にご相談ください。弁護士松島達弥が対応いたします。
相談の流れを見る
お問合せはこちら
弁護士への相談の流れ
住所 京都府京都市
京都府京都市中京区七観音町637インターワンプレイス烏丸6階
最寄駅 阪急烏丸駅 京都市営地下鉄四条駅・烏丸御池駅 いずれも徒歩3分
対応地域 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 滋賀県 岐阜県
遺産・財産の使い込みのそのほかの解決事例
遺産・財産の使い込み

着服の疑惑を晴らした案件

60代
男性
会社員
遺産の種類
預貯金
回収金額・経済的利益
680万円
依頼者の立場
被相続人の甥
被相続人
依頼者の叔母
紛争相手
被相続人の養子
遺産の種類
不動産、預貯金
回収金額・経済的利益
500万円
依頼者の立場
被相続人の息子
被相続人
依頼者の父
紛争相手
依頼者の兄弟
遺産の種類
預貯金、有価証券
回収金額・経済的利益
2,000万円
依頼者の立場
被相続人の息子
被相続人
依頼者の父
紛争相手
依頼者の兄弟
遺産の種類
不動産、預貯金
回収金額・経済的利益
400万円
依頼者の立場
被相続人の息子
被相続人
依頼者の父
紛争相手
依頼者の兄弟
遺産の種類
預貯金
回収金額・経済的利益
1,500万円
依頼者の立場
被相続人の娘
被相続人
依頼者の父
紛争相手
依頼者の兄弟
解決事例を検索
東京
神奈川
埼玉
千葉
愛知
大阪
兵庫
京都
福岡
その他
Office info 202207071130 69521 w220 【新宿本店】弁護士法人東京新宿法律事務所

◆お電話・ビデオ通話によるお打合せ対応◆24hメール相談受付中◆【遺産分割・遺留分請求でトラブルの方】無料相談をご活用ください。身近にご相談いただける法律事務所を目指しています。

事務所詳細を見る
Office info 202102172123 25561 w220 【新宿本店】弁護士法人東京新宿法律事務所

【遺産分割・遺留分請求でトラブルの方】無料面談をご活用ください。身近にご相談いただける法律事務所を目指しています。

事務所詳細を見る
Office info 202403211046 96521 w220 万里一条法律事務所

弁護士事務所代表税理士法人代表生前対策で大事な家族が揉めないように法律×税金の専門知識で相続のお悩みをワンストップで解決初回相談0】【平日夜間休日オンライン面談対応

事務所詳細を見る
Office info 202106251811 39081 w220 弁護士 新井 均(常葉法律事務所)

◆弁護士歴25年◆取り分争い/不動産の絡む相続/高額な遺産分割◆話合いに限界を感じている方、ご相談を。親族同士の感情が先立つ問題だからこそ、目的・着地点を明確し、最善の結果となるよう尽力致します。

事務所詳細を見る
Office info 202210051057 11541 w220 三田通り法律事務所

初回相談30分無料】遺産分割/相続放棄/遺言書/生前対策など幅広い相続問題に対応可能◆遺産に不動産を含む方◎不動産鑑定士の資格も持つ弁護士が遺産分割から不動産の売却までトータルサポートいたします

事務所詳細を見る
東京都の弁護士一覧はこちら
弁護士の方はこちら