ホーム > 相続マガジン > 相続前の葬儀手続き > 葬儀では避ける忌み言葉と縁起の悪い8種類のNGワード
公開日:2018.5.9  更新日:2021.9.7

葬儀では避ける忌み言葉と縁起の悪い8種類のNGワード

Pixta 18943088 s
弁護士費用保険メルシー

忌み言葉(いみことば)とは、不幸が続くことを連想させるため、信仰上の理由や葬式・葬儀・告別式・結婚式などの特定の場面での使用を控える不吉な意味の語を連想させる言葉です。

忌み言葉に気をつける場面は葬式よりも結婚式などのケースが多いですが、「お悔やみの言葉・弔辞・弔電」を述べるときも同様に、「忌み言葉」を避けるようにすることが最低限のマナーであり、常識とされています。

そこで今回は忌み言葉となるNGワードを8つの種類に分けてご紹介いたします。

注目】生前贈与に関するアンケート

現在相続弁護士ナビでは、生前贈与に関するアンケートを行っております。

所要時間は約1分、回答後にはほかの方の回答結果も見られますので、ぜひご協力お願い致します。

※お名前、電話番号、メールアドレスなど個人情報の入力は一切ありません

 

アンケートに回答する

避けるべき忌み言葉8選

まずは宗教的な要素が関わる葬儀における忌み言葉からをご紹介します。

仏式葬儀における忌み言葉

  • 浮かばれない
  • 浮かばれぬ
  • 迷う

 

神式・キリスト教式葬儀での忌み言葉

  • 成仏してください
  • 供養
  • 冥福
  • 往生

 

夫婦の離別を想起させる忌み言葉

去る、飽きる、捨てる、冷える、冷める、別れる、切る、切れる、離れる、離婚、離縁、帰る、帰す、終わる、終える、降りる、枯れる、嫌う、嫌い、薄い、疎遠、疎んじる、浅い、憂い、おしまい、返す、ほどける、裂ける、放す、破れる、破る、割る、割れる、忙しい、壊れる、壊す、消える、消す

【悪い例】◯◯が嫌いでした。

【良い例】◯◯があまり好きではありませんでした。

 

不幸や死を連想させる忌み言葉

焦る、敗れる、憂い、散る、悲しむ、無し、無くす、おしまい、醤油、塩、シクラメン、シネマ、別れる、切る、切れる、離れる、離婚、離縁、終わる、終える、破れる、破る、割る、割れる、去る、痛い、痛み、飽きる、捨てる、負ける、病む、病気、冷える、枯れる、死ぬ、亡くなる、四、4、九、9、ほどける、とんだこと、とんでもない、冷める、倒れる、倒産、忙しい、流れる、流す、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、滅ぶ、滅びる、ご生存中、生きている頃、しめやかに、仏、葬式、褪せる、衰える、更に、さらに、僧、すり鉢、短い、逝く、涙、梨、猿、すり箱、スルメ、忌み、悪い、相次いで、相次ぎ

【悪い例】本日はお忙しいところありがとうございました

【良い例】本日はご多用のところありがとうございました

 

繰り返す重ね言葉

わざわざ、再三再四、たまたま、重ね重ね、いよいよ、度々、くれぐれも、皆々様、かえすがえす、重々、いろいろ、またまた、なおまた、しばしば、次々、再々、益々、どんどん、だんだん、みるみる、いよいよ、日々、ときどき、

【悪い例】いろいろな思い出をありがとう

【良い例】おおくの思い出をありがとう

 

再婚を想起させる忌み言葉

戻る、戻す、繰り返す、繰り返し、再び、再度、再婚、再三、二度、二回

【悪い例】繰り返しとなりますが

【良い例】先ほど申し上げましたが

 

つい言ってしまいがちな忌み言葉

最後に、終わりに、やばい、ぶっちゃけ、キモい、ウザい、チクる、頼りない、頑固、他には下ネタ関連は絶対にNGです。

【悪い例】普段は頼りないように見えますが

【良い例】普段はおとなしく見えますが

 

句読点の使用も避けるのが無難

文章中に『、』や『。』を使用するのは、文章を読みやすくするために使用したくなると思いますが、特に祝い事では、「切れる」「終わる」という意味合いをもつため、縁起が良くないとされています。

ただ、句読点が無いと文章が読みづらくなるため、代わりに『 』(スペース)などを使用するのがよいでしょう。

【悪い例】本日は、お越しいただき・・・

【良い例】本日は お越しいただき・・・

 

忌み言葉は言い換えて使うのがよい

忌み言葉を絶対に言わないことが可能であれば問題はないのですが、それも難しいと思いますので、下記のように言い換えて使っていただくのが良いかと思います。

葬儀の席で避けたい忌み言葉の言い換え

忌み言葉

言い換え

「次に」

「その後」「新たに」「別の機会に」

「追って」「続いて」

「後ほど」「同様に」

「引き続き」「また」

「これからも」「さらに」

「四苦八苦」「七転八倒」「浮かばれない」

「使わない」

「死ぬ」

「亡くなる」

「死亡」

「ご逝去」「他界」

「生きていたころ」「生存中」

「ご生前」「お元気でいらしたころ」

 

重ね言葉の言い換え

忌み言葉

言い換え

「重ねて」「重ね重ね」 

「加えて」「深く」

「また」      

「さらに」「改めて」

「再三」「何度も」   

「大変多く」「頻繁に」

「度々」「しばしば」 

「よく」「しげく」

「再び」        

「いま一度」

「次々に」     

「たくさん」

「くれぐれも「重々」  

「十分に」「よく」「どうぞ」

「返すがえす」

「後から振り返りますと」

「いろいろ」      

「多くの」「多彩な」

「いよいよ」「ますます」

「さらに」「もっと」

「ぜひぜひ」     

「ぜひ」「ぜひとも」

 

不幸を連想させる忌み言葉の言い換え

忌み言葉

言い換え

「薄い」

「厚くない」

「浅い」

「深くない」

「終わる」

「ゴールを迎える」

「切れる」

「怪我をする」「新たな道を進む」

「壊れる」「崩れる」

「形が変わる」「変わる」

「別れる」「離れる」

「独立する」

「戻る」 

「赴く」

「〜になってしまった」

「〜になり」

 

忌み言葉を連想させる言葉や話題も避けよう

「○○さん おめでとう。今度こそは幸せな家庭を・・・」

「○○さんにもやっと春の訪れがきましたね・・・」

「今度こそ」や、「やっと春の訪れ」も余計なお世話と受け取られる可能性が高くなりますので、口が裂けても言わない方がよいでしょう。また、失敗談や暴露談、内輪ネタ、政治や宗教の話も避けるようにしましょう。

まとめ

「忌み言葉」や「重ね言葉」が出てきても、最近は気にせず厳しい事を言う人も減ってきている傾向にはありますが、年配者の中には「忌み言葉」や「重ね言葉」を嫌う方もいるはずです。

当たり前に使っている言葉の中にも「忌み言葉」や「重ね言葉」はありますので、できるだけ使わないようにするという意味でも、今回の内容は覚えおいて損はないでしょう。

相続問題に詳しい弁護士を探す

初回の面談相談無料・休日/夜間対応可能の事務所も多数掲載

北海道・東北

北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島

関東

東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 群馬 | 栃木

北陸・甲信越

山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井

東海

愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重

関西

大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山

中国・四国

鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 |高知

九州・沖縄

福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

【迷っている方へ】弁護士に相談するとどんな風に相続問題が解決する?
弁護士費用をカバーする保険「弁護士費用保険メルシー」
弁護士費用を補償

親族・親戚間の遺産争い・兄弟間での遺留分の争い・相続放棄による争い・遺言書に起因する争いなど、遺産相続トラブルが発生した際に、専門家に相談したくても費用がネックになり、自分で解決しようとして余計に問題がこじれてしまうというケースが多くあります。

いざという時のための保険が弁護士費用保険です。
遺産相続トラブルに限らず、労働問題や離婚トラブル、交通事故など様々な法律トラブルでも利用可能です

弁護士費用保険について詳しく見る ≫

KL2021・OD・157

遺産相続のトラブルはどう解決すれば良い?とお悩みの方へ

故人を悲しむ暇もなく、必ずやってくるのが遺産相続です。そもそも遺産額はどうやって把握するのか?相続人は誰で、どのくらいの割合で分ければ良いのか?とりあえず相続人を集めてみたものの、各々が自分の取り分を主張して、満足のいく相続ができなかった事例は多くあります。

 


・何から始めて良いのか分からない
・納得のいく遺産相続にしたい
・相続人同士でもめている

 


などでお困りの方は、弁護士への無料相談から検討してみてはいかがでしょうか。遺産分割の円滑な交渉やトラブルの回避、相続税の問題解決まで、様々なメリットがあります。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon column white カテゴリからマガジンを探す
Sidebar writer recruit