> 
 > 
 > 
 > 
弁護士法人デイライト法律事務所

弁護士法人デイライト法律事務所

  • 初回の面談相談無料
  • 休日の相談可能
  • 相続発生前の相談可
規模
在籍弁護士数 14
費用
初回面談相談料 0
住所 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1番1号福岡朝日ビル7階
最寄駅 JR博多駅 徒歩1分
対応地域 山口県  福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県 
お問い合わせはコチラから ただいまの時間は営業中です
電話番号を表示
ただいまの時間は営業中です

弁護士法人デイライト法律事務所からのメッセージ

初回面談無料|まずは相続問題を得意とする弁護士にお気軽にご相談ください

・『遺産を故人の想いどおりに受け継ぎたい』
・『親族間でもめずに円満に遺産を承継したい』
・『遺産を少しでも多く分けてもらいたい』
・『相続にかかる税金を少しでも少なくしたい』

など、それぞれの立場によって、希望が異なってきます。

また、相続においては、経済的な問題だけではなく、愛情、嫌悪感、期待、嫉妬などの感情的な問題が交錯しています。

このような問題から、相続は複雑化し、大きな精神的負担となることがあります。
相続が「争族」となることを回避するために、まずは相続問題に精通した弁護士の相談を受けて見られることをおすすめします。
 

当事務所の解決実績

たったの二週間で遺留分4200万円を獲得できたXさんの事例

相談内容

Xさんは、Nさんが死亡し、そのことをYさんから知らされましたが、Nさんは遺言を遺しており、その遺言では預貯金をYさんがすべて相続することになっていました。

そのため、Xさんが取得する分はなく、何も得られない状態でした。

経過

弁護士は、Xさんには遺留分という最低限もらえる分があることを説明し、その請求をすることを促しました。

 

しかし、Xさんは、Yさんから嫌がらせを受けることなどを心配して、その請求を躊躇しましたが、弁護士が入ることで、そのようなことは回避できること、遺留分はXの権利であり、その主張をしっかりしていくことが必要であることを伝え、Xさんは納得して遺留分減殺請求をすることにしました。

結果

弁護士は、Xの遺留分を計算して、その根拠を示したうえで、Yにその支払いを求める通知を出しました。

そうしたところ、Yはその額に納得をして、通知後たった10日4200万円強を振り込んでもらうことができ、Xが弁護士に依頼してから2週間も経たないうちに解決をすることができました。

 

遺留分以上(1000万近く)の遺産を獲得できた事例

相談内容

Yさんは、母親が死亡し、他の相続人と遺産分割をしようとしたところ、他の相続人であるTさんから母親の遺言の提示を受け、母親がTさんにすべての財産を相続させるという遺言を書いていたことを知らされました。

経過

Yさんから相談を受けた弁護士は、遺留分を前提に遺産分割協議をすることをすすめました。

遺留分減殺請求では、柔軟に解決することは困難ですし、遺留分以上の取得をすることが難しくなります。

そのため、少しでもYさんの有利になるように、遺産分割協議をTさんに提示することにしました。

弁護士からTさんに受任を知らせたところ、Tさんにも弁護士が就きました。

結果

その後は、弁護士同士での話し合いとなり、財産も開示してもらえることになり、すべての財産の開示を受けることができました。

 

また、不動産の取得を目標にしていたため、不動産の価値は固定資産評価額に依拠することで交渉していき、Tさんの代理人もそれで納得していました。

最終的にYさんが得ることができた不動産の時価額からすれば、遺留分よりも1000万円近く多く取得することができた事案になります。

 

協議を頑なに拒む相続人を説得して協議を成立させた事例

相談内容

Nさんは、父親であるTが死亡し、他の相続人であるAさん、Bさん、Yさんと話し合いをして、Tの事業を継ぐXが全ての遺産を引き継ぐことにし、遺産分割協議書の作成をしようとしていましたが、Yさんが協議書に押印する直前で翻意し、印鑑を押さないと言い出しました。

経過

まずは相続財産を確定させたうえで、YさんがTさんから生前に受けた贈与がないかを確認しました。

そうすると、Yさんは相続分を超える生前贈与を受け取っており、特別受益に該当するものであることから、Yさんの相続分は0であることがわかりました。

もっとも、早期解決のためには、Yさんを説得する必要があるため、Yさんの相続分は0であるものの、数十万円の解決金を支払うということを提示しました。

しかし、その提示にも関わらずYさんは一切弁護士に連絡をすることはなく、弁護士からの電話も無視するという状態でした。

結果

そのような状態であったため、弁護士は早期に調停に移行することとし、調停を申し立てたところ、裁判所には行けないという連絡がYさんからあり、特別受益のことについても最終的に当初の提示の条件で合意をすることができました。

裁判所の判断がでるまでには、相当な時間がかかるため、早期に解決をすることができた事案になります。

 

当事務所が選ばれる3つの理由

選ばれる理由①相続・事業継承専属チームが徹底サポート

当事務所では、依頼者様に最適なサービスを提供するため、弁護士の注力分野を2~3程度にしぼり、日々各分野の専門性を高められるよう努めております。

このような取り組みにより、それぞれの弁護士の得意分野について豊富な解決実績や依頼者様からの感謝のお言葉を日々いただいております。

ご依頼者さまに寄り添い、最適な解決策をご提示させていただくため日々尽力しておりますので安心してご相談ください。

 

選ばれる理由②遺産調査、評価を得意とする&徹底した節税対策

相続トラブルでは遺産分割問題や相続放棄の問題が主に生じますが、その際、重要になってくるのが遺産の調査です。

遺産の調査や評価が的確でないと、相続手続上、様々な問題が生じます。

遺産の調査をご自身でされる場合などは手続きや処理が大変煩雑になってしまいますし、適切にできているか不安になる場合も多いでしょう。

当事務所では相続問題に注力した弁護士が対応しますので遺産を正確に把握し、正しく評価することで遺族間での遺産分割協議や相続放棄も的確に行うことができます。

また、相続税の基礎控除の改正の関係で相続税を考慮しなければならない方がかなり増えているかと思います。せっかく、故人の想いから遺産を取得しても、高額な税金を支払うこととなってしまっては、意味がありません。

当事務所には、税理士資格を持つ弁護士が在籍し、生命保険を使った方法、養子縁組制度を利用した方法、財産の評価を下げる方法等あらゆる手法を用いて節税に関するサポートを行っておりますのでワンストップでのご相談が可能です。
 

選ばれる理由③初回相談無料
博多駅徒歩1分の好アクセス|事務所1階に貸し駐車場ありで車での来社も可能

当事務所では、ご依頼者さまの目線に立って、より相談しやすい環境を整えることに注力しております。

「いきなり弁護士に相談するのは気が引ける」と感じてしまう方のためにも初回面談は無料とさせていただいております。

相続・事業承継という局面において、経済的な問題だけではなく、感情的な問題が交錯してしまうので、問題が複雑化し大きな精神的負担となってしまうケースが多々あります。

福岡にお住いの皆様の相続が「争族」となることを回避するために、弊社の相続専門の弁護士が全力でサポートさせていただきます。

また、博多駅からも徒歩1分でお越しいただけるのでアクセスも良好です。

立地や料金体系だけではなく、法律事務所内の環境にも気を配り、リラックス効果のあるBGMを流すなど気軽にご来所していただけるように、明るい雰囲気にしております。

キッズルームもご用意しておりますのでお子様連れでも安心してお越しいただけます。まずはお気軽に面談予約をお取りください。

弁護士事務所情報

事務所名 弁護士法人デイライト法律事務所
事務所へのアクセス方法 大きな地図を見る
  • 住所
  • 福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目1番1号福岡朝日ビル7階
  • 最寄駅
  • JR博多駅 徒歩1分
弁護士名 宮崎 晃
所属団体 福岡県弁護士会、九州北部税理士会
電話番号
電話番号を表示
対応地域 山口県  福岡県  佐賀県  長崎県  熊本県  大分県  宮崎県  鹿児島県 
定休日 無休
営業時間

平日 :0:00〜24:00

土曜 :0:00〜24:00

日曜 :0:00〜24:00

祝祭日:0:00〜24:00

営業時間備考 お電話での受付は24時間365日対応しております。
ご相談の対応は原則として平日9時~21時までとなります。
弁護士経歴 【経 歴】
●航空自衛隊(第86期一般幹部候補生)
●最高裁判所 司法研修所修了
●東法律事務所入所
●弁護士法人デイライト法律事務所開設
●福岡地方裁判所鑑定委員
【所 属】
●福岡県弁護士会
●労働法制委員会
●国際委員会
●九州北部税理士会博多支部
【メディア実績】
2016年 3月放送 TV番組「KBC アサデス」
2016年 2月放送 TV番組「毎日放送 ちちんぷいぷい」
2015年 2月掲載 「KBC マイベストプロ」
2015年 7月放送 TV番組「RKB放送 今日感テレビ」
2015年 2月放送 TV番組「NHKニュース」
【受 賞 歴】
2016年11月 2016年度「The Leading Firm 企業法務部門」を授賞(事務所)
2016年11月 2016年度「The Leading Firm 交通事故部門」を授賞(事務所)
2016年11月 2016年度「The Leading Firm 家事事件部門」を授賞(事務所)
2016年 7月 「一帯一路」法律研究グループ 外交法法律顧問認定(中国上海法務局長)
2015年11月 2015年度「The Leading Firm 家事事件部門」を授賞(事務所)
2015年11月 2015年度「The Leading Firm 企業法務部門」を授賞(事務所)
2015年11月 2015年度「The Leading Firm 交通事故部門」を授賞(事務所)
2014年11月 2014年度「The Leading Firm 家事事件部門」を授賞(事務所)
2013年11月 2013年度「The Leading Firm 家事事件部門」を授賞(事務所)
著書および論文名 【講演会・セミナー】
2017年 1月 日本産業衛生学会九州産業医部会の研修「裁判例に学ぶメンタルヘルス問題の最前線」
2016年12月 福岡県医師会主催「ストレスチェックの運用とメンタルヘルス問題への対応」
2016年12月 女性・高齢社員の活躍法セミナー「女性が働きやすい、活躍できる労務管理」
2016年11月 産業保健総合支援センター主催「産業医の実務を踏まえた紛争予防の最前線」
2016年 8月 福岡県医師会主催「弁護士の立場から見たストレスチェック制度の課題」
2016年 7月 株式会社オフィスナチュラルズ九州人財人事交流会「社員の個人情報の取り扱いについて」
2016年 6月 産業保健総合支援センター主催「メンタルヘルス不調者に対する解雇、休職等の法的対応の実務」
2016年 6月 福岡県社労士会主催「最新裁判例に学ぶ、労働紛争予防の最前線」
2016年 4月 産業保健総合支援センター「裁判例に学ぶ、メンタルヘルス問題予防の最前線」
2016年 3月 株式会社オフィスナチュラルズ九州人財人事交流会「メンタルヘルスの対処法」
2016年 3月 社労士のための合同労組対策セミナー「ユニオンへの具体的な対応Q&A」
2016年 2月 企業のためのマイナンバー・個人情報保護対策セミナー「マイナンバー制度の仕組みと実務」
お問い合わせはコチラから ただいまの時間は営業中です
電話番号を表示
お問い合わせはコチラ
電話で問合せする
まずはお気軽に
お問い合わせください。
電話番号を表示
ただいまの時間は営業中です
24時間受付 Webお問合せ