糸島法律事務所の事務所情報

相続弁護士検索

 > 
 > 
 > 
糸島法律事務所
Office_info_2391
Office_info_2391 Office_info_2392 Office_info_2393
弁護士事務所詳細
糸島法律事務所
大阪府
弁護士 糸島 達三

大阪府 大阪市北区西天満6-8-2 ヤノシゲビル3階

地図を見る
最寄 地下鉄南森町駅 徒歩7分 地下鉄淀屋橋駅 徒歩7分

まずは、お気軽にお問い合わせください

0066-9682-91021 【通話料無料】

09時58分現在、営業時間内です。


Btn-inquiry
糸島法律事務所
09時58分現在、営業時間内です。
電話で問合せする
0066-9682-91021
メールで問合せする
事務所所在地
大阪府大阪市北区西天満6-8-2ヤノシゲビル3階

今年で弁護士歴30年を迎えます。これまで本当に多くの相続に関するご相談を頂きました。
誰であれ、争い事は嫌なものです。特に、親族間での争いなど、したくてされる方はいないと思います。 弊所にいらっしゃる依頼者の皆様は、おそらく悩みつつも、どうしても許せないような不公平があり、このままでは亡くなられた方へも申し訳が立たないという思いから、おそるおそるいらっしゃるのだと思います。私はそのような皆様の不安を受け止め、全力で応援し、サポートしていくつもりです。


≪強み≫
・弁護士登録から30年にわたり、生前対策や相続問題に携わってきました。
・タックスプランニングを踏まえて生前対策をどうするか、税務調査でどのように受け答えするかなどについてもアドバイスできます。
・提携している税理士や司法書士がおり、相続税や相続登記のことなどお気軽に相談して頂けます。
・当日・土日・夜間も、お忙しい相談者様のために対応させて頂きます。

≪特に下記案件に注力しており、実績があります≫
・遺産分割協議、遺産分割調停・審判申立て
・遺留分減殺請求
・損害賠償請求、不当利得返還請求
・生前対策
・事業承継
・遺言書作成

≪よくあるご相談内容一例≫
・相続税がいくらかかるかわからない。
・兄弟が亡くなった父の財産を隠しているようである。
・姉が協議書、相続分がないことの証明書などに押印するようしつこい。
・相続人のそれぞれが、寄与分や特別受益を主張して話がまとまらない。
・相続税の申告期限に間に合いそうにない。
・めぼしい資産が親の住んでいた土地・建物しかない。
・遺産を独り占めする遺言が出てきて、なんとかしたい。
・親の遺産である収益マンションの家賃を渡してくれない。

相続問題は、長年の家族関係が凝縮しているため、税務だけで割り切ることも、民法だけで割り切ることもできない複雑さがあり、弁護士経験を活かして依頼者様とともに事件の解決に当たるように努めています。

≪安心の料金設定≫
・遺言・相続問題は、初回30分は無料としています。
・遺言・相続問題に係る事件解決の弁護費用は、事件の種類ごとに事務所所報酬規程で定めており、弊所のHPに記載しているほか、相談時に費用のご説明をさせていただいています。
 
誰であれ、争い事は嫌なものです。特に、親族間での争いなど、したくてされる方はいないと思います。 弊所にいらっしゃる依頼者の皆様は、おそらく悩みつつも、どうしても許せないような不公平があり、このままでは亡くなられた方へも申し訳が立たないという思いから、おそるおそるいらっしゃるのだと思います。私はそのような皆様の不安を受け止め、全力で応援し、サポートしていくつもりです。

お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-91021
メールで問合せする
弁護士事務所情報
事務所名糸島法律事務所
弁護士 糸島 達三
所属団体大阪弁護士会
住所 大阪府 大阪市北区西天満6-8-2 ヤノシゲビル3階
最寄駅地下鉄南森町駅 徒歩7分 地下鉄淀屋橋駅 徒歩7分
電話番号0066-9682-91021 【通話料無料】
対応地域 滋賀県  京都府  大阪府  兵庫県  奈良県  和歌山県 
定休日 土曜  日曜  祝日 
営業時間

平日 :9:00〜18:00

営業時間備考事前にご連絡頂ければ、平日夜間、土日祝日のご相談も可能です。
その他取扱業務 離婚・男女問題、交通事故、相続、借金・債務整理、労働、債権回収、医療、消費者被害、不動産賃貸、不動産取引、不動産・建築、倒産、知的財産、企業法務、逮捕・刑事弁護、少年事件、犯罪・刑事事件
初回相談料金体系 初回相談料無料
お気軽にお電話ください。
親身にご回答します。
通話料
無料
0066-9682-91021
メールで問合せする
アクセスマップ
Btn-map-large

Qa-list-header
回答件数 2
相談日 2016.11.2 カテゴリ 遺産分割
嫁いだ娘の亭主を養子縁組して遺産を相続させたいが現在の苗字を変えずに縁組が可能かどうかを教えてください。

現姓を変えずに養子縁組が可能か?
結論的には無理です。
養子縁組したら養子は養親の戸籍に入るので、養親の姓にならざるをえません。
但し、戸籍とは別に社会生活上、現在の姓を通称として用いることはよくあることです。
相談日 2016.11.2 カテゴリ 遺産分割
あるAが土地を持っており、亡くなり相続する必要がでてきました。Aは平成26年に死亡。Aの妻は平成28年1月に死亡しました。その2人の間には子供が1人いましたが、昭和50年に死亡。Aの妻は前の夫との間に子供が1人いましたが、昭和60年に死亡。この場合、兄弟に相続権がいくと思うのですが、夫の兄弟の方のみでしょうか?妻の方の兄弟にはいかないのでしょうか?(母・父は亡くなっています。)それとも妻の兄弟の方のみにいくのでしょうか?

相続権の範囲
子供の子供(孫)がいないことを前提として回答します。
Aの死亡時にAの妻に4分の3、A(夫)の兄弟に4分の1が相続発生しています。ですから、A(夫)の兄弟には4分の1が、Aの妻の兄弟には4分の3が相続されることになります。