> 
 > 
 > 
相続税の税率は何%?簡単な計算方法と節税に有効な非課税措置まとめ
2016年02月16日

相続税の税率は何%?簡単な計算方法と節税に有効な非課税措置まとめ

Souzoku-tax

 

相続税の税率を計算する際に気をつけておくべきことは、各相続人が実際に取得した財産に直接税率を乗じるのではなく、正味の遺産額から、基礎控除額を差し引いた残りの額に税率を乗じる点です。
 
実際に相続税の計算をする際、法定相続分に応じて取得した遺産金額を相続税率表に当てはめて計算し、算出した金額が相続税の税額となります。
 

相続税の申告は相続税専門の税理士へ

相続税の申告手続きでは、財産土地の評価や特例の適応などの
専門知識がないと、本来よりも高い相続税を払ってしまうことが多々あります。

「税額を抑えたい」「追徴課税・税務調査を避けたい」「期限内に終わらせたい」
こんなご要望に沿えるよう、『相続税を専門』とする税理士法人チェスターでは
相続税の申告経験が豊富な税理士が、正確・迅速な申告手続きを行います。

申告実績4,000件以上・税務調査率1%、『相続税専門』税理士法人チェスター
  • ※初回面談相談は無料、土曜・平日夜間の相談可
  • ※全ての相続手続きにワンストップ対応
  • ※業界最低水準の相続税申告報酬・費用

相続税がかかる遺産総額の計算方法

相続税を計算する際は、まず、正味の遺産(プラスの財産)がいくら分あるのかを算出し、マイナスとなる借入金や未払金といった債務を引いたものが課税の対象となる遺産額になります。手順としては以下のようになります。
 

  1. 1:相続税の対象となる遺産と課税価格を求める

  2. 2:課税遺産の総額を求める

  3. 3:法定相続分で分けて各人の課税価格を算出

  4. 4:個人の相続税の総額を計算する

  5. 5:相続税の総額も各相続人では配分する

 
詳しい計算式などや手順は、「相続税を簡単に計算する方法と控除を利用した節税方法まとめ」で事例を踏まえて解説していますので、こちらをご参照いただければと思います。

 

相続税の税率

【平成26年12月31日までの場合】相続税の速算表

法定相続分に応ずる取得金額

税率

控除額

1,000万円以下

10%

3,000万円以下

15%

50万円

5,000万円以下

20%

200万円

1億円以下

30%

700万円

3億円以下

40%

1,700万円

3億円超

50%

4,700万円

【平成27年1月1日以後の場合】相続税の速算表

法定相続分に応ずる取得金額

税率

控除額

1,000万円以下

10%

3,000万円以下

15%

50万円

5,000万円以下

20%

200万円

1億円以下

30%

700万円

2億円以下

40%

1,700万円

3億円以下

45%

2,700万円

6億円以下

50%

4,200万円

6億円超

55%

7,200万円

 
 

相続税の計算例

相続人が3人で正味の遺産額が1億600万円の場合
配偶者:1人、子供:A、子供:B
 
正味の遺産額:1億600万円
基礎控除額:3,000万円+600万円×3(法定相続人の数)=4,800万円
=1億600万円-4,800万円=5,800万円
 
法定相続分の課税価格
配偶者:5,800万円 × 1/2 = 2,900万円
子供A:5,800万円 × 1/4 = 1,450万円
子供B:5,800万円 × 1/4 = 1,450万円
 
各法定相続人の課税額
配偶者:2,900万円 × 15% − 50万円 = 385万円
子供A:1,450万円 × 15% − 50万円 = 167.5万円
子供B:1,450万円 × 15% − 50万円 = 167.5万円
 
法定相続分で分けた場合
配偶者:720万円 × 1/2 = 360万円
子供A:720万円 × 1/4 = 180万円
子供B:720万円 × 1/4 = 180万円
 
この時、配偶者は法定相続分に対する税額控除が適応でき、配偶者の取得した遺産額が1億6,000万円に満たない場合には1億6,000万円までの相続税が免除されます。つまり・・・
 
配偶者:  0円
子供A:180万円
子供B:180万円
相続税の計算方法については「相続税を簡単に計算する方法と控除を利用した節税方法まとめ」をご覧ください。


 

相続税を抑える控除一覧

相続税には税額控除という税金の減額するための制度が多くあり、うまく使うことで相続税を大幅に減らすこともできますので、その控除一覧をご紹介していきます。
 

  • 贈与税額控除

  • 配偶者控除

  • 未成年者控除

  • 障がい者控除

  • 相次相続控除

  • 外国税額控除

  • 相続時精算課税制度における贈与税額の控除

 
このほかにも、養子縁組を行うといった方法や、不動産で相続を行うなどの方法がありますが、詳しくは「相続税をできるだけ抑える為の税額控除一覧」をご覧ください。
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
 
相続税の税率に関する話は以上ですが、自分の相続するであろう財産を正確に把握する必要がありますので、漏れがないようにしていきたいところですね。

相続税の申告は相続税専門の税理士へ

相続税の申告手続きでは、財産土地の評価や特例の適応などの
専門知識がないと、本来よりも高い相続税を払ってしまうことが多々あります。

「税額を抑えたい」「追徴課税・税務調査を避けたい」「期限内に終わらせたい」
こんなご要望に沿えるよう、『相続税を専門』とする税理士法人チェスターでは
相続税の申告経験が豊富な税理士が、正確・迅速な申告手続きを行います。

申告実績4,000件以上・税務調査率1%、『相続税専門』税理士法人チェスター
  • ※初回面談相談は無料、土曜・平日夜間の相談可
  • ※全ての相続手続きにワンストップ対応
  • ※業界最低水準の相続税申告報酬・費用

相続トラブルに巻き込まれてしまった方へ

何かと相続トラブルに発展するのは遺産の割合に不満がある・納得いかないケースです。

例えば、下記などが該当します。

・思ったより相続される遺産が少なかった
・揉めたくないので、泣く泣く遺産の配分に納得した
・遺言書に他の兄弟姉妹に遺産を多く渡す旨が書かれていた

遺産相続では法定相続分といって、民法で定められている割合の通りに遺産を公平に分割しましょうという一応の定めがありますが、生前に被相続人(亡くなった人)の介護をしていた、被相続人の事業を手伝っていれば寄与分という制度で多くの財産をもらう権利があります。

また、他の相続人が生前に財産を多く受け取っていたのであれば、遺産分割協議の際に相続財産を減らすこともできます。ただ、こういったルールは相続人全員が知っているわけではありませんから、あなたが主張しても聞く耳をもたれない可能性もあります。

その場合、弁護士に相談することで法的な観点から主張をしてくれますし、トラブルになっている場合はその仲裁に一役買ってくれるでしょう。当サイトでは、相続トラブルを1人で解決できるか悩んでいる方へ無料電話・無料相談(一部)を行い、不安解消できるように努めています。

問題解決はもちろん、あなたの状況にあったアドバイスを提供することをお約束します。

SNSで記事をシェアする

相護士ナビ編集部

本記事は相続弁護士ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。 ※相続弁護士ナビに掲載される記事は弁護士が執筆したものではありません。 ※本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
Icon_column_white カテゴリからコラムを探す
Icon_search_white 相談内容から弁護士を探す
Category_souzokutrouble_normal Category_tsukaikomi_normal Category_isanbunkatsu_normal
Category_iryubun_normal Category_souzokuhouki_normal Category_yuigon_normal
Category_daisyusouzoku_normal Category_seinenkouken_normal Category_fudosan_normal
Category_souzokunin_normal Category_souzokuzaisan_normal Category_souzokutouki_normal
Sidebar_writer_recruit